就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の面接対策】面接で「何か質問ありますか?」と聞かれた時のポイント及び注意点 
就活の悩み

【就活生の面接対策】面接で「何か質問ありますか?」と聞かれた時のポイント及び注意点 

LINE Facebook Twitter

【就活生の面接対策】面接で「何か質問ありますか?」と聞かれた時に抑えておきたい3つのポイント

 

応募者の熱意を確認する目的が含まれた逆質問

面接では志望動機の他、経歴や得意なこと、そして将来の目標などが主に聞かれます。想定問答集などもあるため、それを元に練習をしている人も多いのではないでしょうか。面接で一通りの質問が終わると、雰囲気で終わりを予感しますが、最後に面接官から「何か質問はありますか?」という質問を受け、ドキッとした経験があるという人も少なくないと思います。

これは「逆質問」と呼ばれ、企業側が応募者の熱意を確認することを目的として、あえて聞く質問の一つとされています。この逆質問の意図を知らないと、「特にありません」と答えてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまうことも。このような状況にあらかじめ備え、質問した人は「熱意がある」とみられ、質問がない人は「熱意がない」と判断されてしまう可能性もあるのです。

逆質問をされたら、あなたの意欲をアピールするチャンスなので、質問されることを想定して、事前に準備しておくことが重要です。その際には、そのまま質問に入るのではなく、「はい。質問の機会を与えていただきありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えてから質問をすると印象が良くなる可能性もあります。ダイレクトに話すのではなく前置きも重要なポイントになってくるので、「どのように質問をしたら印象が良くなるのか」という点も踏まえて事前に立ち振舞や質問について考えてみましょう。

 

会社に対しての興味を探る目的が

逆質問は、「会社に対しての興味や熱意を探る」という、採用側の目的が隠されています。単に時間調整のためではなく、最後の決め手となる熱意を求めて質問してくるケースも少なくありません。この「何か質問はありますか」に対しての理想的な答えはないので、会社のことを調べ、自分の言葉で話さなくてはいけません。

そして、その質問の内容によって、あなたの会社に対しての意欲や熱意が伝わるので、面接の回答と同じように吟味して用意して置く必要があるのです。この人はどれくらい会社のことを調べ、どんなビジョンを持っているのか、そしてどんな質問をぶつけてくるのかが、非常に期待を持つ部分なのです。まさに、あなたの個性をアピールする絶好のチャンスと言えるのではないでしょうか。

しかし、この逆質問は、全ての面接の場で質問されるとは限りません。応募者に機会を与える企業もありますし、その前段階の面接で熱意を汲み取れれば、この逆質問に及ばないケースもあります。

逆質問があってもなくても、可能性があるものに対しては準備するのに越したことはありません。応募する企業のことを調べれば調べるほど、きっと何か直接聞いてみたいと思う何かが見えてくるはずです。

 

逆質問をする際のポイント及び注意点とは

「何か質問はありますか?」との問いは、与えられたチャンスの一つなので、その場面をうまく活用して熱意を示したいものです。しかし、やみくもに聞いてしまうと、逆にあなたの印象を悪くしてしまったり、生意気と映ってしまったりするケースもあるため注意が必要です。では、具体的にどのような点を注意して質問を考えたらよいのかについても確認していきましょう。

逆質問で好ましくない質問とは

まずは、ホームページやパンフレットに記載されているような、調べれば分かるような事柄は質問にはふさわしくありません。逆にきちんと会社のことを理解していないという印象を与えてしまうためです。また、賞与の金額や昇給額など待遇面の質問も目先のことにこだわり過ぎている人と思わせてしまうため避けましょう。

そしてマニアック過ぎる質問や、経営方針など答えにくい質問も敬遠されます。あなたが面接官だと考えた場合、応募者に聞かれたら嫌だなと思うことはやはり、面接側も同じなのです。

逆質問で好ましい質問とは

好ましくない質問があるのに対して、印象を良くする質問も存在します。特に仕事の内容を深く掘り下げた質問などは、あなたが入社してからのイメージを持っていると評価されるケースが高いので有効です。例えば、「求める人物像の具体的なイメージをお聞かせいただけますでしょうか」と言った質問は、あなたがその人物像に近づける努力を惜しまないという印象を与えます。

また、自分が持っている具体的な特技を示した上で、「その特技を業務で生かすことは可能でしょうか。」などと言った質問は、自分のキャリアを仕事に生かす前向きさを表現することにつながります。企業に応募する過程では、企業研究を行うと思うので、自分なりに調べたことを照らし合わせながら、質問するという方法もあります。

質問が思いつかない場合には

上記のポイントを踏まえて、自分なりに考え、自分の言葉で伝えることが重要になってきますが、質問が思いつかない場合は無理に質問をする必要はありません。事前に考えても思いつかない場合は、「特にございません」と正直に伝えるという方法もあります。

逆質問を絶好のチャンスと意気込み過ぎてしまい、自分を主張し過ぎる質問は面接官に対して失礼な態度に映ってしまうので気をつけなければいけません。

LINE Facebook Twitter

TOPICS