就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の服装】ボタンダウンのシャツを着る時のポイント
就活の悩み

【就活生の服装】ボタンダウンのシャツを着る時のポイント

LINE Facebook Twitter

【就活生の服装】ボタンダウンのシャツを就活中に着るのってアリ?ナシ?

 

ボタンダウンのシャツの由来

就活中は、スーツを着用する機会が多いため、中に着るワイシャツについてもあれこれ気になります。特にオシャレにキマるボタンダウンシャツは、ファッションにも気を配りたい人にとって、就活中にも着回したいものかもしれません。しかし、シャツにもマナーが存在し、就活時に着てOKなものとNGなものとがあり、正しく押さえておかないと、「マナーがなっていない」と思われてしまいます。

では、ボタンダウンのシャツは、ビジネスマナー上はどういった扱いになっているのでしょうか?就活にボタンダウンシャツを着たいと思っている人は、その由来をまず覚えておきましょう。由来を知ることでシャツのイメージや目的が見えてきて、就活に着ていいものかどうかの判断がつけられるようになるはずです。

ボタンダウンのシャツは「ポロ」競技をヒントに生まれた

もともと、ボタンダウンのシャツは、「ポロ」という馬に乗って行う競技に出ている選手の工夫から誕生しました。アメリカの「ブルックス・ブラザーズ」というブランドの創業者ジョン・ブルックスが、あるときポロを見てみていて、出場選手が、ワイシャツの襟が邪魔にならないようにボタンで留めているのに気が付きました。

当時のシャツといえば、襟が大きく、動く度に風になびいてしまうため、競技中には邪魔な存在でした。それを解消するために、選手が行っていた工夫を見たジョン・ブルックスが襟をボタンで留めた「ポロ・カラー・シャツ」を売り出したのです。

これが、今でいうボタンダウンシャツの始まりです。典型的なアメリカンシャツとして人気が高まった「ポロ・カラー・シャツ」は由来がポロ競技であったこともあり、「スポーツ」や「カジュアル」といったスタイルのシャツとして広まりまっていきました。

 

どの場面でボタンダウンのシャツを着るのか?

昔は、「ボタンダウンシャツ=カジュアルなもの」、として知られていたため、ビジネスに使うことはありませんでした。しかし、今では、ビジネスシーンでも見かける存在となっています。その背景にあるのは、「オフィスカジュアル」「クールビズ」だといわれています。

もともとカジュアルなものであるボタンダウンがビジネス使用として見られるようになった、のではなく、「ビジネスの場でもカジュアルな服装が認められるようになってきた」というのが、ボタンダウンシャツがビジネスシーンで見られるようになった理由です。

ボタンダウンシャツは、ネクタイをしないことを前提として作られているシャツです。襟がボタンで留められているため、ネクタイ自体つけづらく、また、第一ボタンを開けていても襟がしっかり立つため、ボタンを開けて着るスタイルもあることから、ノーネクタイ時に着用するシャツとなっています。

つまり、ネクタイをしなくてもいい場面では、ボタンダウンシャツも認められるケースが多い、ということです。ジャケットにノーネクタイ、が許される場面や会社の規定でカジュアルな服装でも問題ないときなど、ボタンダウンシャツはビジネスでも活用されています。ボタンダウンシャツで仕事をしたいと思っているときには、カジュアルな服装が許容されている会社を選ぶというのも一つの手です。

 

就活中の面接時にボタンダウンのシャツを着て行っても良いのか?

もともとカジュアルな用途で作られたボタンダウンのシャツは、ノーネクタイ用のシャツのため、面接で着て行くのはルール違反です。おしゃれを考えて着たくなる人がいそうですが、生意気な印象を与えてしまうため、面接時の着用はやめておきましょう。

就活時にボタンダウンシャツが許されるとしたら、「ノーネクタイでカジュアルな服装で来ること」と指定があった場合などです。ファッション業界の面接などで、こうしたカジュアルな服装が指定されることがあり、ノーネクタイでビジネス仕様の服にしたいときにボタンダウンシャツが活躍してくれます。就活時は絶対にボタンダウンシャツはNG、とするのではなく、臨機応変に対応できるように考えていきましょう。

就活中に選ぶべきシャツとは?

カジュアルスタイルが指定されているケースはまだ少ないため、基本的に就活中はおしゃれ心にはフタをして、いわゆる「リクルートスタイル」に身を包んでおくと安心です。就活中に選ぶべきシャツは、「白」で「無地」のものです。「爽やかな青」もフォーマルスタイルのシャツではありますが、就活時には「白」と考えている面接官はまだまだいます。柄も、近くに寄ってよく見ないとわからない程度の織り込み柄は問題ありませんが、ストライプなどは悪い意味で目立ってしまう可能性も高いので避けたほうが無難です。

襟の形は、「レギュラー」「ワイド」「ショート」が問題ないとされる範囲です。もっともポピュラーな形であるレギュラーを選んでおけば間違いないでしょう。体型によって、「ワイドカラー」や「ショートポイントカラー」を選んでも、マナー違反には当たりません。大柄な人であればワイドカラーでスマートなイメージに、細身の人ならショートポイントカラーでよりスッキリと見せることも可能です。どちらも、体型に合わない襟を選んでいると、違和感を与えてしまうため、無理せず、自分に合ったものを選ぶのがコツです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS