就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の企業選び】「初任給」と「基本給」の違いと注意点
就活の悩み

【就活生の企業選び】「初任給」と「基本給」の違いと注意点

LINE Facebook Twitter

【就活生の企業選び】初任給が高い企業でも油断大敵?本当に「成功した」と思える就職先とは

 

求人票を見るときに、「初任給」だけを確認していませんか?

入社したばかりの給料が高ければ、やる気も出て頑張れるかもしれません。しかし、その企業の初任給が高い理由を知らないと、入社してから苦労します。社会人になってから後悔しないためには、求人票の見方を見直す必要があります。

目先の給料だけが、本当の「成功」といえるのでしょうか?

就職するときには、どのような基準で選ぶのがいいのか、考えていきましょう。

 

まずはここ!「初任給」と「基本給」の違い

「初任給」と「基本給」の違いを知らないと、将来的に後悔するので覚えておきましょう。初任給は、「基本給」と「各種手当」を合わせた金額です。

各種手当とは、住宅手当や資格手当など、環境やスキルに応じて加算される金額のことです。基本給が低くても、各種手当で給料が高くなる企業があります。

「基本給」の金額は「賞与(ボーナス)」に大きく関わるため、必ず確認しましょう。「賞与(ボーナス)」は、基本給の○カ月分という計算方法で支給されます。基本給が低いと、「賞与(ボーナス)」も低くなります。毎月の給料が高くても、年収で考えると低くなるケースも存在します。

 

大卒の初任給は、20万円前後といわれています。この金額以上の企業に内定が決まった場合、「昇給の有無」をきちんと確認しましょう。昇給がない企業では、どんなに長く働いても同じ給料です。初任給が高い企業に就職しても、数年後には「初任給が低いけれど、昇給のある企業」のほうが稼げることもあり得ます。

就職活動中は、「内定を頂いた企業で、長い間働くことになる」という意識を持つことがとても大切です。少しでも多くの給料をもらいたい気持ちも重要ですが、「初任給」と「基本給」の違いで稼ぎも変わってきます。複数の内定を頂いたときに、「初任給が高い」だけの理由で、企業を選ばないように注意しましょう。

 

モチベーション低下!?残業代で初任給が高くなる

初任給が高い理由は、「すでに残業代が支払われているから」かもしれません。残業代の有無を確認することも、求人票を見るときに大切です。

 

◆どんなに働いても、給料が一定のまま

毎月一定の残業時間が予想される場合、企業は「あらかじめ初任給を高くすること」が可能です。残業代が初任給に入ってしまうと、忙しくて多めに残業した月でも給料は変わりません。

月ごとに残業代が出ないと、どんなに長時間労働を強いられても「安月給」で働くことになります。飲食系や小売業界、IT関係の企業で初任給が高いのは、残業代の仕組みが違うからです。近年、問題になっている「ブラック企業」になりやすい仕組みなので、注意しましょう。

 

◆年俸制も残業代を含んでいる

業界によっては、「年俸制」で給与を支払う企業もあります。年間の給与がまとめて支払われるので、金額も高めに設定されています。「年俸制」も一定の残業時間が予想されるため、初任給に残業代が含まれているケースが多いです。

労働基準法では、「年俸制」では残業代を別に支払うように義務付けられています。しかし、現状では残業代込みで求人票が出回っており、そこに応募する就活生も増えています。特別な事情の場合、法が適用されないこともあります。最近では厳しく罰せられるように法整備が進んでいますが、まだまだ「年俸制」の給料に残業代を含んでいる企業が多いです。

「基本給」という記載がない企業は、残業代が既に含まれている可能性が高いです。「年俸制」の給与体系を考えている学生は、その内訳を企業ごとに確認しましょう。

 

◆身も心もボロボロにならないように

初任給が高い代わりに、激務で多忙な日々を送ることになる可能性も否定できません。納期が厳しくて、精神的負担が大きい職種の場合、残業代の有無は大切です。

気合いと根性で乗り切るにしても、長い期間働くことになるので「心の病」にかかることもあります。就職先を決める上で、残業代の支払いについての理解を深める必要があります。

 

有給休暇は、きちんと消化できるのか?

「不景気だし、新卒だから有給消化はなかなかできないだろう」と考える就活生もいます。しかし、それは企業の環境によって大きく変わります。「有給休暇を消化することは、とても重要だ」と捉える企業も存在します。

大手企業の有給消化率のデータは、毎年公開されています。ランキング形式で載っているので、有給消化をしやすい企業が簡単に分かります。

有給消化ができない企業だと、「有給休暇がなかなか取れない」雰囲気が漂ってきます。冠婚葬祭ならば申請しやすいですが、長期休暇のために有給消化をするのが億劫になってしまいます。

そのうち、繁忙期で休日出勤が多くなり、有給休暇が残っていてもなかなか申請できない事態に陥ってしまいます。このような負のスパイラルが起きて、「こんなはずではなかった」と嘆くようになるかもしれません。初任給が高くても、給料に見合わない仕事量でつらい思いをしてしまいます。

 

最近では、就活生の人気を得るために、初任給をかなり高く設定している企業も存在します。入社時の給料がとても魅力的な求人票は、人手不足で人気のない企業かもしれません。全ての企業にいえることではありませんが、初任給だけで決めるのは危険です。

仕事が大好きな方もいれば、プライベートを重視したい方もいます。自分のライフスタイルと見合っているのか、きちんとすり合わせる必要があります。

ただただ同級生よりも初任給が高い求人票を探すようなやり方は、後悔することになるかもしれません。プライドで選ばずに、数年後を見据えて決めることが大切です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS