就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活女子のお悩み】就活女子が考える結婚年齢と現実の結婚年齢のギャップ
就活の悩み

【就活女子のお悩み】就活女子が考える結婚年齢と現実の結婚年齢のギャップ

LINE Facebook Twitter

理想の結婚年齢は?就活女子が考える結婚年齢と現実のギャップ

 

女性の社会進出が進んでいる現代、結婚年齢も徐々に高くなってきました。しかし結婚に関しては、したいと思う理想の年齢と現実にできる年齢が同じとは限りません。事実、半数近くの人が就活時に思い描いていた理想の年齢よりも結婚が遅くなったと答えています。

男性も女性も仕事で1人前になってから結婚したいと考えている人が多くなり、理想の結婚年齢は昔より高くなりつつあります。初めて結婚を意識する年齢は20歳頃といわれていますが、現代の女性が考える結婚の理想年齢と、実際に結婚を決めた年齢は何歳なのでしょうか。ここでは、女性が考える理想の結婚年齢と現実とのギャップ、そしてその理由を解説します。

 

結婚したい理想年齢は28歳まで!社会人5年目を区切りと考えている人が多い

就活生の段階で女性が考える理想の結婚時期は入社後3~5年で、28歳までにと考えている人が多いようです。社会人3年目は社会人として一通り仕事のやり方を覚えてくる頃で、5年目になると会社によってはリーダー職に就く人も出てきます。社会人としての基礎知識が身についてきた頃に、「そろそろ結婚して寿退社を」と計画する人が増えてきています。

以前は結婚したら仕事を辞めて専業主婦になる人が大半でしたが、今は結婚よりも自分のキャリアを優先したいと考える女性が増えてきました。社会進出により経済的に安定した女性が多くなったため、結婚して経済的に男性に頼るという意識も薄くなっています。キャリアを十分に積んでいれば、結婚や出産のために休職や辞職をしても社会復帰しやすくなるというプランを抱いている人もいるでしょう。

昔は女性の仕事は結婚までの足掛けという位置づけだったため、理想年齢も25歳までと答える人が多かったようです。しかし、女性が結婚してもキャリアを諦めなくても良い時代背景となり、女性が自分でライフプランを選べるようになりました。

結婚を意識し始める頃は、ちょうど就活中で自分の未熟さが分かり始めた時です。そんな状態のなか入社すぐに結婚に意識が向かない人が多く、全体的に女性が理想とする結婚年齢も上昇していると考えられます。

 

現実の結婚年齢は29歳が最多。子供を意識して結婚する人も

ところが、実際に結婚したいと思っていた理想年齢で結婚を決めた人はごくわずかです。実際の結婚年齢が遅くなった人が全体の半数に上り、平均29歳という結果になっています。結婚して子供を持ちたいと考えると、男女共に30歳までに結婚した方がいいという意識が働くようです。昔の平均結婚年齢が25歳だったことと比べると、4歳も晩婚化していることになります。

女性の結婚が理想よりも遅れる理由のひとつとして、現代の不安定な雇用による若者の経済状況が考えられます。今は1流と呼ばれる大学を卒業しても、正社員として働けるかどうか分かりません。就職浪人してフリーターになった場合、安定した仕事を見つけるまで結婚できないと考えるのは当然のことでしょう。

また、正社員になっても自分の給与は自分で使いたいという理由で、実家に居続けるパラサイトシングルも結婚年齢を下げる一因です。女性も安定した収入を得ることができ、海外旅行や買い物、趣味にお金を費やすことができるようになりました。結婚すると今まで自分のために使っていたお金も2人の生活費に充てなければならないため、結婚することが考えられなくなってきています。

さらに自然に理想の相手に巡り会いたいと思っているため、チャンスに恵まれずに婚期が遅れてしまう場合もあります。若い頃は自然な出会いを待ち続け、婚活にも積極的に参加することはありません。結婚を意識して婚活をスタートしても、男性は自分よりも年下の女性を好む傾向があるためマッチングが難しくなるという現実です。

 

結婚年齢の理想と現実。仕事のやりがいと周囲の影響で結婚が遅れがちに

先ほどの理由は結婚したくても出来ない、結婚そのものをしたくないと考える若者の立場の意見です。しかし、結婚したいと思っている女性でも晩婚化してしまう理由は他にもあります。

女性の場合、自分の周囲の影響が最も身近な晩婚の理由です。親しい友人や会社の同僚など、自分と同じ年代の人達が結婚を急いでいなければ、自分もまだ結婚しなくてもいいと感じるのです。特に日本人は周りと同じであることを望む傾向があるため、周りで結婚する人が出始めるまで結婚を意識しなくなります。

 

また、仕事にやりがいを感じて熱中するあまり、結婚が遅れている場合もあります。女性も責任ある仕事やポストを与えてもらえる時代になり、第一線で活躍する人も増えてきました。理想と思っていた25~28歳はちょうど仕事を覚えて、まだまだ続けてみたいと思っている時期です。

結婚すると子供を持ち、今までのように仕事を続けることができません。出産後に復職したとしても育児中心で残業も難しくなるため、結婚したいと思う時期が遅くなるようです。

 

どの理由も社会に出て多様な価値観に触れ、結婚以外の選択肢が自分にあると気付いた結果です。仕事を続けながら結婚したいと思っているなら、キャリアパスと結婚時期のタイミングをしっかり考えておきましょう。自分でキャリアアップの道筋を立て、そこから結婚相手とタイミングを調整したり婚活で理想の相手を探し始めたりして、実現するための努力が必要です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS