就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活に役立つ資格】英検1級が与える影響力とアピール時の注意点 
選考対策

【就活に役立つ資格】英検1級が与える影響力とアピール時の注意点 

LINE Facebook Twitter

【就活に役立つ資格】英検1級があれば、就活は余裕?英検1級が与える影響力とアピール時の注意点

 

国際関係の仕事に就きたい学生にとって、英検1級は憧れの資格です。就職活動では、英検1級はどれほど評価されるのでしょうか?

また、これから英検1級を取得しようと思ったら、どれだけの時間がかかるのでしょうか?

資格をアピールすることは、面接においてかなり効果的です。英検1級が就活に与える影響力について、考えていきましょう。

 

英検は何級から有利?

英検は、就職活動中に英語力をアピールする代表的な資格です。特に、英検1級は大学上級レベルであり、社会性のある分野にも精通していなければ取得できません。英検1級があるだけで、「ビジネス英会話ができる」と判断する企業も多いです。

また、英検は総合的な能力が試されます。TOEICでは、リスニングとリーディングで英語力を判定します。英検では、2級から「スピーキング」も加わるので、英語を聞いて話せる能力が要求されます。

英検とTOEICは、どちらも就職に役立つ英語の試験です。英検1級はTOEIC900点と同等、あるいはそれ以上の評価をされます。英検2級では、TOEIC600点に相当します。

履歴書に英語の資格を書く場合は、英検2級以上か、TOEIC600点以上を取得したときです。英会話ができるレベルと判断されるので、就職活動でも有利になることが多いです。

英検1級を取得しているのであれば、外資系やIT関係の就職も相当有利になります。英検1級の合格率は10%以下であり、難関の資格です。これを突破した方は、英語のスキルがとても高く、入社してもビジネスで活躍できる人材と評価されるでしょう。

特別な英語力がある人だけが取得できるというわけではなく、大学卒業までに独学で取得する学生もいます。帰国子女ではなくても、努力次第で合格できる可能性がある、魅力的な資格です。

 

英検1級の勉強時間

独学でも取得可能であるのが、英検1級の良いところ。英検1級に合格するためには、どれほど努力すればいいのでしょうか?

 

◆勉強時間

「過去の留学体験」や「現在の英語力」にもよりますが、1,500時間勉強すれば、合格する可能性が出てきます。毎日2時間かけて英検の勉強をすると、2カ月半後には1,500時間です。また、7,000単語を覚えるのが、英検1級合格の目安ともいわれています。

 

◆聞く力と話す力

英語の問題が解けても、聞く能力と話す能力には個人差があります。1日2時間参考書を解いていても、自然に話せるようにはなりません。日常生活で、いかに英語を取り入れるかが、英検1級合格のポイントになります。

英検1級のリスニングは、ネイティブな発音で会話のスピードがとても速いです。テレビの2カ国語放送を利用する、ラジオで英会話を聞くなど、積極的に英語に関わる必要があります。

 

◆効率的な勉強法

最近では、カフェで待ち合わせをして、外国人講師と英会話をすることができます。1時間1,000円で、日常英会話に付き合ってくれる先生もいます。「英検1級を取得したい」と伝えれば、別途料金で個別にカリキュラムを組んでくれることもあります。

また、SNSで外国人と知り合える時代になりました。スカイプなどビデオ通話で自宅にいながら英会話にチャレンジしてみてもいいでしょう。

 

◆やりやすい方法を見つける

そのほか、英字新聞を購読したり、英検1級取得者から合格する方法を聞いたりするなど、合格へのプロセスはたくさんあります。

最後まであきらめなければ、10人に1人しか受からない資格でも合格できます。就職試験とは異なり、資格試験は何回でも受験できるので、積極的に挑戦しましょう。

 

英検を利用したいときの注意点

総合的な英語能力をアピールできる英検ですが、論理的に説明できないと高い評価が得られません。希望している企業にとって、英検取得がどのような場面で役立つのか、明確にしておきましょう。

 

◆英語が必要な企業

外国人とビジネスのやり取りがある企業ならば、英会話スキルがとても役立ちます。「英語の論文が読める人材」を求める企業もあります。

 

◆英語が不要な企業

日本では、まだまだ英語を生かせる環境がない企業も多いです。「この英語力を、御社で役立てていけるような働き方をしたいです」といった曖昧なアピールでは、採用に結びつきません。英検1級を取得しても、それを生かす方法を会社頼りにせず、明確なビジョンを伝えるようにしましょう。

 

◆忍耐力と集中力は評価される

英検1級取得は、どんどんアピールしたほうがいいです。難関の資格を取得したということは、忍耐力と集中力に優れていると判断できます。希望している企業が「英語を生かすこと」を重視していなくても、内面的な評価をしてくれます。

 

◆謙虚な姿勢が大切

注意しなければならないのが、慢心してしまうことです。面接で「自慢する言い方」に聞こえてしまうと、逆効果です。本人にその気はなくても、聞き手側には「嫌味に聞こえる」ときがあります。自信満々で面接に臨むことは大切ですが、他の就活生よりも優れていると考えていれば、採用担当者もすぐに察します。

就職活動をする上で、資格はとても重要です。難関であればあるほど、その評価も高くなってきます。しかし、その資格があることで、企業にどのような利益をもたらすのかを説明できるようにしましょう。

英検1級があるだけで、かなりの注目を浴びるでしょう。しかし、面接では「資格取得後の考え方や態度」がチェックされます。無事に英検1級を取得できたら、謙虚な姿勢で面接に臨みましょう。

企業面接では、英検2級でも十分評価してくれます。入社までにビジネス英語が話せる可能性を秘めているので、積極的にアピールしていきましょう。チャレンジ精神を評価されて、内定につながるかもしれません。

LINE Facebook Twitter

TOPICS