就活パレット 就活パレット

インターンシップ

【就活生のインターン】憧れの職業の現場を体験!インターンシップの目的を知ろう!インターンシップの種類と内容  
インターンシップ

【就活生のインターン】憧れの職業の現場を体験!インターンシップの目的を知ろう!インターンシップの種類と内容  

LINE Facebook Twitter

【就活生のインターン】憧れの職業の現場を体験!インターンシップの目的を知ろう!

インターンシップとは、企業が行う研修生制度のことです。一定の期間、学生や業界に興味がある人材に研修生として就業体験してもらい、その仕事のノウハウを学んでもらいます。企業からすれば現場での能力次第で人材をスカウトする場になりますし、研修生からすれば職業の実態を現場で知ることができます。そんなインターンシップについて詳しく述べていきます。

インターンシップの種類と内容ってどんなことをするの?

インターンシップにはさまざまな種類があり、企業や仲介先によってそのシステムは異なります。例えば、大学が推奨するインターンシップでは、3年生を対象の中心として、春や夏の長期休暇に企業へと学生を派遣することが普通です。これは、就職活動が本格化する前の学生に、社会や企業を肌で感じてもらうための措置です。

これ以外にも、就職浪人生やフリーターを対象としたインターンシップ、一週間程度の短期間で実施されるインターンシップもあります。企業からすると、インターンでやって来た人材の働き振りが優れているようならば、就職試験の際に優遇するなどの対処が行えるため、社会貢献のみならず人材発掘の場としてインターンシップを重要視しています。インターンシップの期間中は、給与面を除けばインターンも社員と変わらない扱いを受け、社会の空気を実感することができます。

インターンシップで学びたいことをはっきりとさせる

インターンシップへの参加を考えている人は、はっきりとした目的を持って挑むことが必須です。というのも、インターンシップは単に収入を得るための手段ではなく、社会人体験を先取りする場だからです。当然、企業側からも期間中は社員の一人として扱われますし、それ相応の覚悟と責任感がないとインターンシップは実りのないものに終わってしまいます。

どうして、インターン先の企業を選んだのか、その動機が曖昧ならば学べることは少なくなってしまうでしょう。憧れの業界の雰囲気を見たかったのか、社会人として成功するために足りないものを見極めたかったのか、志望先の企業に顔を売りたかったのか、人によってインターンシップの目的はさまざまでしょう。自分なりの意志を持ってインターンに参加しましょう。

長期インターンのメリットとデメリットとは

インターンシップは大まかに分けると、数ヶ月にも及ぶ長期のものと、一週間程度で終わる短期のものに分けられます。長期インターンシップに参加するメリットとしては、第一に自分自身を志望企業にPRできることです。長い時間の中で仕事を覚え、人脈を築くことができれば就職活動を始めたときにかなり有利な立場から選考を受けることができます。上手くいけば、インターン時代から内定をほぼ確実なものにすることも可能なのです。

また、仕事の流れをみっちりと教えてもらえるので、いざ就職したときにも、戦力になるまでの時間が短縮できます。社会人の空気を吸うことで、責任感が芽生えるのも早くなるでしょう。デメリットとしては、一つの企業に時間を割いてしまうと、他の企業のインターンを受けることが難しくなる点です。いろいろな企業のインターンを体験して将来に役立てたいと考える人は、長期インターンシップには向いていないといえます。

短期インターンのメリットとデメリットとは

一方、多くの企業のインターンを受けたいのなら、短期インターンシップを複数受けることをおすすめします。志望する業界があったとしても、企業のあり方はさまざま。社風が自分に合っているか、同僚になる人たちと上手くやっていけそうか、仕事に内容にやりがいはあるか、ネットだけではそれらの条件を見極めるのは困難です。インターンシップを利用して、多くの企業を回ることで自分に合った社風が自ずと見えてくることでしょう。

また、どうしても会社になじめなかった場合でも、すぐに終了できるのも短期インターンシップのメリットのひとつといえます。逆にデメリットとしては、時間が短すぎて期間中に重要な仕事を任せてもらえない可能性が高いことです。

自分の社会人になったときの能力や適性を見極めるには、時間が足りないために消化不良を起こしてしまうこともあります。また、企業側からしてもインターンへの印象が薄く、就職活動のアドバンテージを得にくいこともデメリットになるでしょう。

せっかくなら意味のあるインターンシップを選ぼう

アルバイトよりも責任が伴い、就職活動だけでは見えてこない企業の実態に触れられるインターンシップは、有効活用できれば自身の就職において非常にプラスに作用するシステムです。目的意識をしっかりと持ち、自身に合ったインターンシップのシステムと企業を選びましょう。そして、インターンシップ期間中は積極的に企業から知識を吸収するつもりで参加しましょう。そうすれば、人間としても大きな成長を遂げられる場になるはずです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS