就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の服装】就活で知っておきたいビジネス・カジュアルに関する3つのポイント! 
就活の悩み

【就活生の服装】就活で知っておきたいビジネス・カジュアルに関する3つのポイント! 

LINE Facebook Twitter

就活で知っておきたいビジネス・カジュアルに関する3つのポイント!

就活の際、面接や説明会などで『服装自由』と言われることがあります。特にベンチャー企業やIT企業など、活気の溢れる企業では服装自由の指定が行われているところは多いようです。このとき、自由とはいえ、『自分だけ浮いてしまったらどうしよう』とか、『自由って本当になんでもいいの?』という疑問に思う人も少なくないでしょう。確かに、周りとあまりにも雰囲気が違ってしまうと、採用などにも影響してしまいそうで心配ですよね。ここでは、就活の現場で言われる『服装自由・私服OK』への適切な対処方法を考えていきます。

『服装自由・私服OK』にはビジネス・カジュアルを

就活の面接や説明会で、『服装自由・私服OK』と言われた場合には、一般的にビジネス・カジュアルで行くのが良いとされています。ビジネス・カジュアルについては、その企業ごとにさまざまな基準を設けている場合が多いので、一概にこのようなファッションとは言うことはできません。

ただし、『上下セットアップではないこと』という点は全てのビジネス・カジュアルにおいて共通しています。スーツは基本的にジャケットとズボンの色や生地が同一のもので作られており、それによってフォーマルな印象を与えることができます。一方、ビジネス・カジュアルでは、ジャケットとズボンの色や素材の組み合わせを変えることで、ラフではないけどカッチリもしすぎていない、ビジネスとしてちょうど良い印象を持たせることができるのです。

実際に、服装自由と言われて本当に私服で行く人は珍しく、多くの人はスーツかビジネス・カジュアルを選択しています。このビジネス・カジュアルは、入社後なども多くの会社が取り入れており、働きやすい格好としても受け入れられていますので、今のうちに基本的なファッションを押さえておくと良いでしょう。

男性のビジネス・カジュアルとして押さえておきたいポイント

男性のビジネス・カジュアルで必ずおさえておきたいのが、ジャケットを着用するということです。ジャケットを着ないビジネス・カジュアルファッションは基本的に存在しませんので、これは基本中の基本です。

ジャケットの色はあまり明るすぎないものを選びましょう。企業の雰囲気によって色の選択を変えるという手もありますが、どのような企業でも、黒や紺、茶などの色は無難に対応できます。ズボンに関しては、ワークパンツやデニムを除けば基本的に自由で構いません。一般的にはチノパンなどが多く選ばれています。また、インナーとして着るシャツに関してですが、これは襟付きのものを選びましょう。スーツではないのでホワイト系に限定する必要はありませんが、原色系のカラーは避けるのがマナーです。襟もボタンダウンはカジュアル色が強く、浮く可能性があるため、避けるのが無難でしょう。

女性のビジネス・カジュアルとして押さえておきたいポイント

女性のビジネス・カジュアルの基本は、清潔感と仕事ができる印象を持たせることです。また、女性らしい品を出すことも服を選ぶうえでは重要になってきます。具体的には、トップスはタックが入ったホワイト系のシャツがオススメです。余裕のあるシルエットで、襟がないものは、女性らしいやわらかい印象を持たせてくれます。このようなシャツは、夏場には一枚で着ることができますし、秋冬には上にジャケットを羽織ることで着回しも柔軟にできます。ジャケットに関しては男性と同じく、黒や紺を基本として、ベージュやグレーなどの色も人気です。ボトムスに関しては、パンツの場合には細身のダボついていないシルエットのものを選びましょう。一方、スカートの場合には、装飾や柄は少ない膝丈くらいのものが適しています。

『服装自由・私服OK』と言われても避けるべきファッション

私服OKの指定があったとしても、ビジネスの場では避けるべきなのが、ジーンズなどのラフすぎる格好です。ジーンズも、基本的な青系の色ではなく、黒などの暗めの色であればOKとする意見も中にはありますが、それでも許容の範囲内という程度で、決して推奨されるものではありませんので避けるのが無難です。また、靴もブーツや高いヒールは避けるようにしましょう。これらも、軽い印象を与えてしまうという理由で好まれていません。女性の場合には、胸元が開きすぎているシャツや、短すぎるスカートなども場の雰囲気に合いませんので注意が必要です。ビジネス・カジュアルは、個性を強調するものではなく、あくまでもシンプルに決めることが重要になります。入社後も着まわせますし、仕事以外の場でも着ていておかしくないものですから、就活中にある程度こだわってビジネス・カジュアルを揃えておきたいですね。

「服装自由」と言われると迷ってしまいますが、そんな時はビジネス・カジュアルがおすすめです。男性の場合にはジャケットを基本として、女性の場合には品の良さをアピールする服装を選びましょう。ビジネス・カジュアルではシンプルさが重要なポイントです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS