就活パレット 就活パレット

就活の悩み

就活の悩み

【就活生の服装】どこが違う?リクルートスーツとビジネススーツ

LINE Facebook Twitter

どこが違うの?リクルートスーツとビジネススーツ

リクルートスーツは就活生の必需品です。就活を経験した者なら誰しもが一度は袖を通したことのあるスーツです。しかし、リクルートスーツと普通のビジネススーツの違いを理解しているという人は、意外と少ないのではないでしょうか。リクルートスーツとビジネススーツって何が違うのか、たとえ疑問に思っても今さら聞きづらいですよね。今回はそんなリクルートスーツとビジネススーツの違いについてお答えします。

具体的に何が違うの?

リクルートスーツもビジネススーツも、スーツという意味では同じ代物です。

そのため、たとえ就活中にビジネススーツを着用していたとしても、基本的に問題があるわけではありません。ただ、スーツというものにもそれぞれ用途の違いや生地の違いがあります。もともとスーツというのは、企業戦士にとっての戦闘服のようなものですが、ビジネススーツがまさにビジネスマンの戦闘服であるのに対して、リクルートスーツは就活生にとっての戦闘服です。要するに、この二つは用途が異なるというわけです。

たとえどんな種類のスーツを着ていたとしても、それを就活生が着用していればリクルートスーツになりますし、ビジネスマンが身につけていればビジネススーツということになります。このようにリクルートスーツとビジネススーツとの間に根本的な違いはないのです。

しかしその一方で、スーツというのはその場その場でふさわしいものを着るべきだという考えがあることも事実です。そのため、たとえばリクルートスーツは控えめで地味な色使いが好まれるのに対し、ビジネススーツはデザイン性が豊かで色の幅が広いといったような違いが生まれます。普通の洋服もTPOに合わせてコーディネートするように、スーツもその場に応じて色使いやデザインなどが決まってきます。就活生が身につける衣服は清潔感があって誠実そうに見えるものが好まれるため、一般にブラックやネイビーなどの地味な色使いのスーツがリクルートスーツと呼ばれるようになったのです。

無地の黒が無難なリクルートスーツ

就活生が身につけるべきリクルートスーツは、あまり主張しないで真面目そうに見えるものが主流です。ビジネススーツの場合、デザイン性も色味などもバリエーションが豊富ですが、それは就活生とはスーツを着用する目的が異なるからです。就活生の場合、何よりも面接官などの相手方に不快な印象を与えないことを考えなければなりません。

ビジネススーツは同じブラックの色味であっても、少し明るめのものやストライプが入っているタイプのものであるなど、営業職などで先方と商談を持つような立場でもない限り、相手に与える印象についてそこまで深く考える必要がありません。むしろお洒落に決めたビジネススーツを着こなしているビジネスマンの方が、良い印象を持ってもらいやすくなるともいえます。

一方で、就活生の場合は、お洒落仕様のスーツを着用していると、面接官に対して悪い印象を与えてしまうこともあります。相手がどんな考えを持っているかわからない中で、身につけるもので冒険をするよりも、落ち着いた色の黒などで無難に決めた方が安全だということです。周りと同じになってしまうことが嫌だと思う人もいるかもしれませんが、スーツでお洒落をするのは入社をしてからでも遅くありませんよね。そのためリクルートスーツは、地味だと思っていてもやはり無地の黒のスーツであった方が集中して就活に臨むことができます。

業界別にリクルートスーツを着こなす

リクルートスーツは無難に決めた方が安全かもしれませんが、自分が就職しようと思っている業界によっては、少し冒険した方が良いケースもあります。たとえば、デザイン系の会社に就職するという場合、やはりみんなと同じ無難なリクルートスーツを着用していたのでは、面接官などにも好印象を与えられない場合があるのです。確かに、銀行などの金融系や国家公務員などの役所関係は、お堅い黒のリクルートスーツで臨んだ方が良いですが、その着こなしの堅さがどんな業界にも通じるかといえば、そうとはいいきれないところがあることも事実です。つまり自分が就職を考えている業界がどんな業界なのかということをしっかりと把握した上で、どのようなリクルートスーツを着ていくか決めることも大切だということです。

それほどお堅いわけではない業界への就活なら、必ずしも無地の黒スーツで決めるのではなく、濃紺や濃い目のグレーなどにしてみても良いでしょう。メディア関係などの華やかな業界や、IT系のベンチャー企業などであれば、もっと冒険してストライプの入っているものや素材感のあるものでも問題ない場合もあります。リクルートスーツは必ずしもお洒落のために身につけるものではありませんが、就活をしようと考えている業界によっては、デザインや色使いなど柔軟に考えた方がかえって印象を良くできることがある点にも留意しておきましょう。

リクルートスーツとビジネススーツには根本的な違いはありませんが、用途や目的によって色使いやデザインなどの違いが生じます。基本的には無地の黒が無難ですが、業界の特性をつかむことも大切です。

LINE Facebook Twitter

TOPICS