就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生の服装】第一印象で決まる!?リクルートスーツの選び方!3つのポイント
就活の悩み

【就活生の服装】第一印象で決まる!?リクルートスーツの選び方!3つのポイント

LINE Facebook Twitter

【就活生の服装】就活で勝てるリクルートスーツの選び方!3つのポイント

 

面接は企業の内定を取るための重要なステップですよね。面接を有利に行うためには第一に見た目で好印象を与える必要があります。中身で勝負するステージに上がるためにもまず、第一印象を良くすることが大切ですね。その際の強い味方となりうるのがリクルートスーツです。でも、リクルートスーツはどんなものを選んだら良いイメージになるのかわからない、という人もいることでしょう。そこで今回は、就活で勝てるスーツ選び方のサポートとして、見た目、機能性、避けるべき服装の3つのポイントに絞って解説をしたいと思います。

第一印象ってそんなに大事なの?

そもそも就活において服装と身だしなみがこれほど重要視されるのはどうしてなのでしょうか。それは、日本の採用システムと大きく関係があります。日本の多くの企業は候補者ひとりひとりにかける面接の時間が海外の企業と比べてとても短いことが特徴です。面接官による15分ほどの面接が4回行われただけですぐに内定が決まってしまうというケースもあるほどです。このように直接コミュニケーションをとる面接の時間が短いということは、その分だけ中身を知ってもらえる時間が少ないということです。つまりは見た目の第一印象が選考結果に与える割合が大きくなるというわけですね。ですから、見た目でプラスイメージを与えることができれば就活を有利に進めることができるんです。こうした点を考えると中身だけで勝負するのではなく、第一印象を上げるための努力をするのが賢い就活だということがわかりますね。

見た目でこだわるべきポイント

スーツ選びで大切なポイントのひとつはサイズ感です。サイズがあまりにぴったりしすぎていると、オシャレ感は得られるものの若者っぽいチャラチャラした印象に見られてしまうことがあります。逆に、ダブダブすぎて体に合っていないとだらしないイメージになりフレッシュ感ややる気が感じられないというデメリットもあります。ですから自分の体にフィットしたスーツを選びましょう。スーツは肩幅で着るといわれていますので、まずフィッティングの際にはそこを合わせましょう。続いて注目したいのが袖丈です。座って手を腿の上に置いたときにシャツの袖が1センチほど見える長さが理想です。また、パンツは座った状態で面接用の靴の高さにマッチする長さになるよう調整してもらい合わせましょう。続いての重要なポイントはスーツの色選びです。就活の際にはおしゃれで冒険するのではなく、面接官に堅実で無難なイメージを与えるものをチョイスするのが正解です。具体的には黒か、黒に近いダークグレーやネイビーカラーがふさわしいとされています。華やかなライトグレーやバリバリの明るいネイビーなどは実際に就職したあとの楽しみにとっておきましょう。

毎日着る就活スーツだからこそ機能性にこだわって!

リクルートスーツは、高級なブランドものかどうかではなく機能性にこそこだわって選ぶべきです。忙しくなってくると就活は毎日行う場合もありますから、できるだけストレスフリーのものをチョイスしましょう。動きやすさを重視してストレッチが入ったタイプを選ぶのがおすすめです。ただし綿素材にストレッチが入ったものは綿の配合率に注意します。面の割合が少なすぎるとペラペラで安っぽく見えてしまいますよ。また、雨の日対策も非常に大切なポイントです。傘をさしていてもスーツの下の方は濡れてしまうものですよね。でも、濡れた状態で面接会場に入るのは就活マナーとしてはもってのほか。ですから、撥水加工が施されているリクルートスーツを選んでおくのがベストです。また、毎日のように着る就活スーツはシワやニオイが気になってくるものですね。常にキレイな状態で面接に臨むためにもクリーニングは欠かせません。自宅のシャワーで簡単に洗えるウォッシャブルタイプを選んでおくのも忙しい就活生には良いですね。

これだけは避けたい!スーツのNGポイントとは?

中には、「いくらリクルートスーツだといっても個性を出したい!」「おしゃれで差をつけたい」と考える人もいることでしょう。アパレル関係や芸能関係のような華やかな職種ならそれも良いのですが、一般の企業ではマイナスイメージにつながってしまいます。例えば、NGなのがストライプやチェックなどの柄物のスーツです。おしゃれではありますが、面接官からすると常識を分かっていない、ルールを守れない、生意気だなど悪い印象を持たれてしまう可能性があります。同様にブレザーを着用するのも悪目立ちしてしまう危険がありますから避けたほうが無難でしょう。面接官に誠実でルールを順守できる人というイメージを与えるような服装選びが大切です。

このページでは就活で好印象を与えるスーツ選びのポイントを取り上げています。体へのフィット感、落ち着いた色合い、ストレッチ素材で撥水加工がしてあるものがおすすめです。また、柄物やブレザーなどを避け堅実なものをチョイスしましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS