就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のビジネスマナー】「どういたしまして」は失礼?目上の人へのお礼の返事 
就活の悩み

【就活生のビジネスマナー】「どういたしまして」は失礼?目上の人へのお礼の返事 

LINE Facebook Twitter

【就活生のビジネスマナー】「どういたしまして」は失礼?就活で気をつけたい、目上の人へのお礼の返事

 

小さい頃から、「ありがとう」と言われた時は「どういたしまして」と返すよう教えられた人は多いのではないでしょうか。この「どういたしまして」はお礼に対するお礼のため、あまり深く考えず使われている言葉です。就活中の身では企業の採用担当者に対しても感謝に対しては感謝で返事をしたいところですが、ここで返事に詰まってしまう人もいるではないでしょうか。

友人や同僚には伝えやすい「どういたしまして」ですが、企業の採用担当者に気持ち良く思いを受け止めてもらえるにはどんな言葉を返せばいいでしょうか。ここでは、目上の人に「どういたしまして」を伝えるときの違和感の理由と、失礼にならない返事の仕方についてご紹介します。

 

目上の人に「どういたしまして」は偉そうな印象を与えることも

「どういたしまして」という言葉の意味は「あなたが感謝するほどの事は何もしていませんよ」という気持ちで、「ありがとう」という言葉をやんわりと否定することです。相手への感謝の気持ちはマナーとして伝える、そして伝えられた方はそのままにせず、「大したことをしていませんよ」という配慮の気持ちを伝えることが社会人として一連のマナーです。

これだけを聞くと企業や上司に使っても良い言葉のように感じますが、実際は社会人になって上司に対して「どういたしまして」を使っている人はほとんどいません。

それは「どういたしまして」という言葉の否定が弱いため、目上の人に対して失礼になると捉えられているからです。たとえば、就活中に企業から「わざわざご足労頂きまして、ありがとうございました」と言われることがあります。そこで「どういたしまして」と答えると、否定が弱いぶん「少しはご足労でした」という皮肉っぽい印象を与えてしまいます。

さらに社会人になって自分の上司から「ありがとう」という言葉を頂き、その返事が「どういたしまして」の場合は「適当にやっただけですからお気になさらず」と言っているように捉えられます。部下という立場にも関わらず上司に対して上から物を言っている印象を与え、相手の機嫌を損ねてしまうかもしれません。

つまり「どういたしまして」という言葉は「ありがとう」に対する決まりの挨拶ではなく、相手に応じて変えなければならないという事です。普段から軽口を叩くような親しい上司や先輩には「どういたしまして」と言ったほうが好ましい場合もありますが、就活中の学生と企業の採用担当者との関係は親しいものではありません。

ここは「どういたしまして」よりも強い否定を表し、より丁寧な表現で返した方がいいでしょう。

 

失礼にならないお礼の返事は「とんでもございません」

社会人になって人から「ありがとう」と言われた時、基本的には謙遜し、丁寧な表現で返事をすることが求められます。そこで、目上の人に対する返事の仕方として最も使いやすい表現は「とんでもありません」です。

これは「どういたしまして」よりも、もっと強く相手の感謝を否定する返事になります。「ご足労ありがとうございます」に対して「とんでもありません」と答えると、「絶対にご足労ではありません」と謙遜しつつ丁寧な印象を与えることができます。

 

「とんでもありません」よりもさらに丁寧な表現として「とんでもございません」という言葉もあります。こちらは、社内では今まで口をきいたこともないような上司や取引先からのお礼に対して良く使われている表現です。就活中に企業の採用担当者に使用するなら「とんでもございません」の方がより適した返事と言えるでしょう。

また、その他に使いがちな言葉で「恐縮です」という否定語もありますが、こちらはお礼の返事として相応しい表現ではありません。「お褒めにあずかり恐縮です」という使い方なら文法の間違いはありませんが、今度は過剰に丁寧になりすぎる印象を与えてしまいます。

さらに、つい言ってしまいがちな「すいません」という言葉は、相手に対するお礼の表現になるため全く逆の意味です。

 

「お役に立てて嬉しいです」と自然に返せるように

「ありがとう」と言われた言葉に対する返事を伝えても、それが相手にとって失礼な印象を与えてしまっては元も子もありません。正しい敬語は誰から教えられるものではなく、社会人として身についている当然のマナーだと思われています。正しい敬語で話せるように、就活の時から失礼にならない返事を学ぶことは社会人になってからも役立ちます。

「とんでもございません」以外にも目上の人からの感謝に対して「また、いつでも仰ってください」や「他にもお手伝いできることがあれば仰ってください」という返事の仕方もあります。これなら相手からの感謝の気持ちを受け止めつつ、それに対してプラスな気持ちの印象を与えることができる言葉です。これらの表現もボキャブラリーに加えて、場面や内容に応じて自然と返せるように覚えておきましょう。

 

日本語の表現は相手や自分の立場によって選ぶ言葉も変えることが大切です。社会人になると上司の性格や距離感によって「とんでもございません」でも「他人行儀だ」と捉えられることもあります。

あれこれ難しく考える前に、自然と「お役に立てて嬉しいです」という気持ちを相手に伝えることができるように努めましょう。

 

「どういたしまして」は失礼?就活で気をつけたい、目上の人へのお礼の返事

 

小さい頃から、「ありがとう」と言われた時は「どういたしまして」と返すよう教えられた人は多いのではないでしょうか。この「どういたしまして」はお礼に対するお礼のため、あまり深く考えず使われている言葉です。就活中の身では企業の採用担当者に対しても感謝に対しては感謝で返事をしたいところですが、ここで返事に詰まってしまう人もいるではないでしょうか。

友人や同僚には伝えやすい「どういたしまして」ですが、企業の採用担当者に気持ち良く思いを受け止めてもらえるにはどんな言葉を返せばいいでしょうか。ここでは、目上の人に「どういたしまして」を伝えるときの違和感の理由と、失礼にならない返事の仕方についてご紹介します。

 

目上の人に「どういたしまして」は偉そうな印象を与えることも

「どういたしまして」という言葉の意味は「あなたが感謝するほどの事は何もしていませんよ」という気持ちで、「ありがとう」という言葉をやんわりと否定することです。相手への感謝の気持ちはマナーとして伝える、そして伝えられた方はそのままにせず、「大したことをしていませんよ」という配慮の気持ちを伝えることが社会人として一連のマナーです。

これだけを聞くと企業や上司に使っても良い言葉のように感じますが、実際は社会人になって上司に対して「どういたしまして」を使っている人はほとんどいません。

それは「どういたしまして」という言葉の否定が弱いため、目上の人に対して失礼になると捉えられているからです。たとえば、就活中に企業から「わざわざご足労頂きまして、ありがとうございました」と言われることがあります。そこで「どういたしまして」と答えると、否定が弱いぶん「少しはご足労でした」という皮肉っぽい印象を与えてしまいます。

さらに社会人になって自分の上司から「ありがとう」という言葉を頂き、その返事が「どういたしまして」の場合は「適当にやっただけですからお気になさらず」と言っているように捉えられます。部下という立場にも関わらず上司に対して上から物を言っている印象を与え、相手の機嫌を損ねてしまうかもしれません。

つまり「どういたしまして」という言葉は「ありがとう」に対する決まりの挨拶ではなく、相手に応じて変えなければならないという事です。普段から軽口を叩くような親しい上司や先輩には「どういたしまして」と言ったほうが好ましい場合もありますが、就活中の学生と企業の採用担当者との関係は親しいものではありません。

ここは「どういたしまして」よりも強い否定を表し、より丁寧な表現で返した方がいいでしょう。

 

失礼にならないお礼の返事は「とんでもございません」

社会人になって人から「ありがとう」と言われた時、基本的には謙遜し、丁寧な表現で返事をすることが求められます。そこで、目上の人に対する返事の仕方として最も使いやすい表現は「とんでもありません」です。

これは「どういたしまして」よりも、もっと強く相手の感謝を否定する返事になります。「ご足労ありがとうございます」に対して「とんでもありません」と答えると、「絶対にご足労ではありません」と謙遜しつつ丁寧な印象を与えることができます。

 

「とんでもありません」よりもさらに丁寧な表現として「とんでもございません」という言葉もあります。こちらは、社内では今まで口をきいたこともないような上司や取引先からのお礼に対して良く使われている表現です。就活中に企業の採用担当者に使用するなら「とんでもございません」の方がより適した返事と言えるでしょう。

また、その他に使いがちな言葉で「恐縮です」という否定語もありますが、こちらはお礼の返事として相応しい表現ではありません。「お褒めにあずかり恐縮です」という使い方なら文法の間違いはありませんが、今度は過剰に丁寧になりすぎる印象を与えてしまいます。

さらに、つい言ってしまいがちな「すいません」という言葉は、相手に対するお礼の表現になるため全く逆の意味です。

 

「お役に立てて嬉しいです」と自然に返せるように

「ありがとう」と言われた言葉に対する返事を伝えても、それが相手にとって失礼な印象を与えてしまっては元も子もありません。正しい敬語は誰から教えられるものではなく、社会人として身についている当然のマナーだと思われています。正しい敬語で話せるように、就活の時から失礼にならない返事を学ぶことは社会人になってからも役立ちます。

「とんでもございません」以外にも目上の人からの感謝に対して「また、いつでも仰ってください」や「他にもお手伝いできることがあれば仰ってください」という返事の仕方もあります。これなら相手からの感謝の気持ちを受け止めつつ、それに対してプラスな気持ちの印象を与えることができる言葉です。これらの表現もボキャブラリーに加えて、場面や内容に応じて自然と返せるように覚えておきましょう。

 

日本語の表現は相手や自分の立場によって選ぶ言葉も変えることが大切です。社会人になると上司の性格や距離感によって「とんでもございません」でも「他人行儀だ」と捉えられることもあります。

あれこれ難しく考える前に、自然と「お役に立てて嬉しいです」という気持ちを相手に伝えることができるように努めましょう。

 

LINE Facebook Twitter

TOPICS