就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み】就活生必見!履歴書の家族欄はどう書けばいい?
就活の悩み

【就活生のお悩み】就活生必見!履歴書の家族欄はどう書けばいい?

LINE Facebook Twitter

【就活生のお悩み】就活生必見!いまさら聞けない、履歴書の家族欄はどう書けばいい?

企業に提出する履歴書はこちらで市販の物を用意する場合と、企業独自のエントリーシートで提出する場合の2種類です。間違いがないように記入しようと思っても、家族欄など内容によっては書き方が分からず困ってしまうこともあります。

家族と暮らしているならともかく、一人暮らしや同棲中などの場合はどう記入すればいいのでしょうか。正直に記入すると選考に不利になるかもしれないなど、考え出すとキリがありません。ここでは、基本的な家族欄の書き方と、様々なケースに合わせた書き方をご紹介します。

 

世帯主は?続柄は?基本は住民票に従った書き方でOK

最近では応募者本人以外の個人情報を求めることは好ましくないという理由から家族欄が無い履歴書が増えつつあります。自分で履歴書を選べる場合は家族欄が無いものを選べば問題ありませんが、企業のエントリーシートに家族欄があるのに記入しないのはマナー違反です。企業としても家族構成を隠そうとしている応募者は採用しにくくなるため、求められている場合は必ず記入しましょう。

家族欄には同居別居に関わらず両親と兄弟姉妹までを記入します。記入する順序は自分を除いた世帯主からで、父、母、兄弟姉妹になります。もしも祖父母が家族と同居している場合はこの後に続けて記入しますが、別居している場合は書く必要はありません。

苗字は最初の1人だけで、後に続く人は名前だけ記入します。もしも兄弟姉妹が結婚して苗字が変わっている場合はその都度、苗字を書くといいでしょう。兄弟が結婚して配偶者や子供がいる場合でも、同居でなければ記入する必要はありません。

世帯主とは住民票に記載されている家族の中心となる人物を指し、家族と同居している場合は父が世帯主である場合が多いです。続柄は自分から見た関係を記入するため、父母、兄弟姉妹と書きます。もしも、親や家族に介護が必要な人がいる場合は、その旨を必ず記入しましょう。就活で不利になる可能性もありますが、入社後の業務に支障が出たり会社に迷惑をかけたりすることを考えると当然のマナーです。

大学入学をきっかけに1人暮らしをしている人でも、住民票が実家のままになっている場合は実家の家族構成を書く必要があります。実家から住民票を移し、自分が世帯主となっている場合は家族欄を書く必要がありませんが、帰省先や連絡先に実家の電話番号を書くなら家族構成も記入しておいた方がいいでしょう。

 

恋人や友人とルームシェアしている場合は?現住所は連絡が欲しい住所に

友達とルームシェアしたり恋人と同棲したりしている場合、履歴書の住所を実家かアパートかで迷う人が多いです。この場合は、現住所欄に企業から連絡して欲しい方の住所を記入するといいでしょう。

アパートの住所を現住所としても、恋人や友人を家族欄で記入する必要はありません。もしも応募者が女性の場合、恋人と同棲している事が分かれば「採用後すぐに結婚、出産で退職するリスクがある人」と見られる可能性があります。

また、恋人の名義で借りているアパートに同居している場合は、表札の苗字が違うため企業からの郵便物が届かなくなってしまいます。可能なら就活前に住民票を移しておいた方がいいですが、それが難しいなら履歴書の住所を実家にして郵便局に転居届を出しておくと安心です。

住民票に書かれた本籍地の住所と履歴書に書かれた現在の住所が異なり、兄弟や友人とルームシェアしているケースは企業からすると珍しい話ではありません。家庭不和などの理由で実家に連絡して欲しくない場合を除き、帰省先として実家の住所と電話番号を記入しましょう。

もしも採用された場合、長期休暇の時に帰省や旅行で携帯に連絡がとれなくなった学生に対しては、実家に電話や郵便物が届く場合があります。

 

履歴書の内容は「聞かれれば答える」でOK。ポイントは堂々と短く答えること

履歴書に個人の事情を書くと不利に扱われたり、面接で聞かれた時にどう答えていいか分からなかったりして不安を感じることもあります。しかし履歴書に記入していることでも、人権上の観点から家族構成や本籍について面接時に質問されることは珍しいです。企業にも厚生労働省からの指導が入っているため、住民票の提出や個人の事情を求められるのは最終面接以降だと思っておくといいでしょう。

家族に介護者がいる場合や配偶者と子供がいる場合など、事前に知らせておくべきことがない限り履歴書の内容は「聞かれれば答える」程度です。家族と離れ、兄弟や友達とルームシェアしている場合でもひとり暮らしをしている場合でも、わざわざ自分から履歴書に記入することではありません。

 

中には履歴書に書かれている現住所が県外であったり1人暮らしであったりすることで、職種や企業によっては選考が不利になることもあります。ただ、その場合も入社後に自分と合わない条件があったと考えることが大切です。給与水準が低く1人暮らしでは生活が厳しいと分かっている場合や、異動が多い部署のため企業が単身者を希望している場合には、事前に不採用としているケースもあります。

履歴書の内容を面接で聞かれた時には、嘘を言うと入社後に仕事がしづらくなることがあります。長々と事情を説明せず、堂々と短く答えるだけで十分です。しかし、家庭不和の事情や同棲中という情報は企業に不安を与えることになります。履歴書への記入は控えて面接時には無難な理由を話すなど、ケースバイケースで対応するといいでしょう。

 

LINE Facebook Twitter

TOPICS