就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の面接対策】面接で「好きな言葉」を聞かれたときのポイント
選考対策

【就活生の面接対策】面接で「好きな言葉」を聞かれたときのポイント

LINE Facebook Twitter

面接で「好きな言葉」を聞かれるのはなぜ?理由に個性を持たせる工夫を

 

「あなたの好きな言葉は何ですか?」という質問は、就活の面接でよく聞かれる定番の質問です。面接官の意図が分からず、困って咄嗟に思いついた言葉を言ってしまう人も多いですが、それでは良い回答とは言えません。

なぜ好きな言葉を聞かれているのか、面接官の意図をしっかりと感じ取って相手が求めている内容を答えるようにしましょう。

大切なのは選んだ言葉よりも、なぜその言葉を選んだのかという具体的な理由です。ここでは、「好きな言葉は?」と質問してくる面接官の意図と、それに対する的確な答え方をご紹介します。

 

面接官は「好きな言葉」を人柄や価値観の判断材料にしている

リクルートの調査によると、企業が採用時に最も重視するポイントは「人柄」だと言われています。エントリーしてくる学生の人柄が自社の雰囲気に合っているかどうか、エントリーシートや面接を通じて知ろうとしています。

「好きな言葉」という質問の答えには、その人の価値観や人柄がよく表れています。そのため「お金」「友情」など単なる好き嫌いの単語を答えてはいけません。「好きな言葉」を聞かれたら、「自分が心がけている言葉」や「自分を戒める時に使う言葉」を答えるようにしましょう。

信条として常に心に留めている言葉を聞かれているため、ここで迷って答えられなかったら信条がない人間とみなされます。努力や継続性などアピールポイントによっていくつか考えておき、自分の言葉で伝えられる準備しておくことが大切です。

 

「好きな言葉」は珍しい言葉でなくていい

面接で「好きな言葉」を答える時は、何も珍しい言葉を選ぶ必要はありません。珍しい言葉は一瞬、面接官の興味を引くことはできますが、言葉の説明に時間を取られてしまいます。面接官が最も聞きたい内容は「なぜその言葉が好きなのか」であり、「その言葉に従って、実際に行動したこと」です。

たとえば「継続は力なり」という誰もが知っている言葉でも、自分がなぜその言葉を信じているのか具体的に理由を説明することができれば、珍しい言葉を使うよりもプラス評価につながります。大切なのは、その言葉を選んだ理由に個性を持たせることです。

 

四字熟語やことわざ、偉人の名言など好きな言葉は人それぞれです。最近はインターネットで調べると一般的な回答例がたくさんありますが、それでは面接官が求めている人柄や価値観を相手に伝えることができません。短期間で数多くの学生と話す面接官は模範解答をすぐに見破ってしまうため、逆に評価を下げてしまいます。そのため「好きな言葉」のチョイス以上に、選んだ理由を真摯に考えて頭の中で整理しておくことが大切です。

言葉を選ぶ時の注意点として、「好きかどうか」という点にこだわりすぎないことが挙げられます。本当に好きな言葉であったとしても、自分の中でその言葉が行動の軸になっていないようなら別の言葉を選んだ方がいいでしょう。「好きかどうかは分からないけど、その言葉が示す意味を重視してきた」という言葉があるなら、その言葉を答えた方が簡単に説明することができます。話す内容も簡潔にまとめることができるため相手に伝わりやすく、好印象を抱いてもらうことができるでしょう。

 

具体的な理由と、行動がともなったエピソードを答えるとベスト

好きな言葉を答える時に、なぜ好きかという理由を添えている人は多いです。好きな言葉と理由だけでも構いませんが、もっと内容を濃くしたければ実際に行動し、そこから何を学んだかというエピソードを加えます。

たとえば「努力に勝る天才なし」という言葉を挙げて考えてみましょう。理由だけなら「天才的な閃きがあっても、努力を積み重ねないと実現できません。自分もチャンスをつかめるように、日々の努力を続けようと思います。」といった内容になります。

しかし、これに具体的なエピソードを加えると、「受験の時いくら勉強しても不安でしたが、この言葉を聞いて安心することができました。後悔しないように精一杯努力しようと思えるようになり、受験も合格することができました。」となります。このように、実体験を加えるとより相手に伝わりやすい回答にすることができ、面接の場でも好印象を与えることができます。

 

これはただの一例ですが、この具体的なエピソードが他の就活生と差別化し、個性の発揮につながります。さらに、最後に「そんな経験から、苦しい場面では必ず思い起こす言葉となりました。」といった、その言葉に対する現在の気持ちを加えるといいでしょう。

注意点として、実体験を話す時はつい長く話してしまいがちです。なるべく簡潔にまとめて説明するように心がけましょう。

この質問のように、面接官が投げかけてくる質問は表面的な意味だけを受け取って答えてはいけません。質問を通じて面接官が知りたいことを的確に捉え、理解して簡潔に答えることが求められています。好きな言葉は自分の考え方の軸となっていることが多いため、考えをまとめておくと自己分析にもつながります。好きな言葉を通じて、相手に分かりやすく自分をアピールしましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS