就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のお悩み解決】雇用契約書にサインをする前に必ず確認すべきことまとめ 
就活の悩み

【就活生のお悩み解決】雇用契約書にサインをする前に必ず確認すべきことまとめ 

LINE Facebook Twitter

内定をもらったら、雇用契約書にサインをする前に必ず確認すべきこと

 

就活もひと段落、数々の難関な選考を突破し、晴れて内定をもらうことができました。そこでほぼ初めて目にするのが「雇用契約書」です。これは、会社と就活生との間で労働条件を確認し合い交わす書類です。

採用試験を受ける際に、求人の詳細や雇用条件は確認していることでしょう。そして、やっと勝ち取った内定でホッとしてしまい、きっと事前に確認した内容で間違いないだろうと中身をきちんと確認せずにサインをしてしまう人もいるかもしれません。ですが、内定はゴールではありません。

ここが社会人としてのスタートラインです。内容を確認せず、自分が思っていたのとは違う内容の契約書にサインをさせられたとしても、それはあなたが負う「社会人としての責任」なのです。ですから、後でがっかりしないためにも、雇用契約書へサインするときでも気を抜いてはいけません。

 

雇用契約書は一度交わしたら法的にも有効な書類

雇用契約書は一度サインしてしまったら、法的に問題がある場合でない限り有効な書類となってしまいます。一部に法律違反があったとしても、違反していない部分の契約は有効になってしまうこともありますので、注意が必要です。

また、会社によっては「労働条件通知書」という書類を渡される場合もあります。厳密にいうと、企業は雇用者に対して、事前に労働条件を通知することは義務付けられていますが、雇用契約書の発行は義務付けられていません。ですが、雇用契約書を交わすことで後にトラブルになることを事前に防ぐことができるため、契約書というかたちをとる会社は多くあります。

契約書は「お互いにその内容で間違いないことを確認し合った」ことで交わされる書類です。合意の上で交わされた書類は、内容に法律違反があったとしても、契約そのものを解除することはできません。ですから、内容は事前によく確認してそれからサインをするようにしてください。

 

雇用契約書で重点的にチェックするポイントとは?

内定後に目にすることになる雇用契約書ですが、どんなところを重点的にチェックすればいいのでしょうか。雇用契約書に書かれている内容は、主に「雇用形態」「職種」「就業期間」「就業場所」「時間外労働」「休日、休暇」「賃金形態」「社会保険」です。これから入社する会社と交わす雇用契約なので、すべての内容が重要ですが、その中でも特に注意をしてほしいポイントを紹介します。

 

1.雇用期間

正社員の場合、無期限雇用で、契約期間や更新などの条件はありません。そのため、「期限の定めあり」や「○年○月○日~△年△月△日」などのような書かれ方をしていないか確認してください。

ただし、最初の3か月間程度を試用期間とし、その後正社員採用とするといった条件は一般的ですので安心してください。

 

2.業務内容・勤務地

業務内容や勤務地に間違いはありませんか?

 

3.就業時間・休日

求人票に記載されていたものと相違ないか確認してください。また時間外労働時間についても確認しておいてください。

 

4.賃金の金額

また、時間外労働時間と合わせて、残業手当などもどのような考えになっているのか確認しておきましょう。ここをあいまいにしておくと、後で痛い目に遭うかもしれません。

 

5.賞与・退職金

賞与の支給月に関しては、その年の経営状況などに左右されますので、いつでも同じだけ支給されるわけではありません。

 

6.加入保険

健康保険、雇用保険、厚生年金、労災保険など、加入保険に相違ないかを確認してください。

 

雇用契約書と入社後の条件が違っていたら?

内定をいただいた後、内容をしっかり確認してサインをした雇用契約書と、実際に新卒として入社した後の労働条件が違っていた!いわゆる「ブラック企業」にありがちな問題です。そんな時、どのように対処すればいいのでしょうか。黙って泣き寝入りするほかないのでしょうか。

大丈夫。安心してください。このような場合、労働基準法第15条第2項に基づき、即時に労働契約を解除することができます。また、就職のために住所を変更していた場合、契約解除日から14日以内に帰郷するときは、その旅費も会社側が負担しなければいけないということになっています。

会社の定める雇用契約であっても、最低限守られるべきは労働基準法です。そのため、法律に違反する契約は、その部分は無効となります。無効となった部分は、労働基準法で定められた規定が採用されます。また、会社が定めた就業規則があり、そこに満たない部分も無効となって就業規則の基準が採用されます。

このように、労働者は法律や規則である程度守られますが、あくまでも「法律違反の部分」や「規則違反の部分」のみです。違反があったからといって、契約そのものが無効になるわけではありません。入社後にトラブルにならないためにも、内定をもらった時点で契約内容をきちんと確認しておくことをおすすめします。それが、後のトラブル回避につながるからです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS