就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生のビジネスマナー】周りと差をつける!選考後送る“取り急ぎ”のお礼メール 
選考対策

【就活生のビジネスマナー】周りと差をつける!選考後送る“取り急ぎ”のお礼メール 

LINE Facebook Twitter

【就活生のビジネスマナー】就活でさりげなく周りと差をつける!選考後送る“取り急ぎ”のお礼メール

 

就職活動の面接当日、ようやく面接が終わりホッとしたい気持ちが増しますが、面接が終了すれば、その日1日が終わったわけではありません。

実は、面接後に担当者へお礼メールを送ることで、さりげなく就活生のライバルと差をつけることができるのです。面接後に送りたいお礼メールの作り方やルールなどをご紹介します。

 

面接後の対応で差が付く!そのメールの内容とは?

面接が終わり、あとは内定結果を待つだけという状況では、「もう運に任せるしかない!」と何も出来ず、何も動けずにいる人もいるかもしれません。しかし、面接終了後でも、ライバルとこっそり差をつける“お礼メール”という手があることをご存知でしょうか?

面接官へ面接時間を設けて頂いたお礼、面接中の感想と入社に対する熱い想いなどをメールで送ることで、相手により強く印象を残すことができます。

もはや、取り急ぎのお礼メールは、面接が終わったあとのマナーとして広まりつつあります。

面接が終わり帰宅後すぐに、取り急ぎのお礼の文章を送ることで、あなたの誠実な人柄や、企業に対する本気度をアピールすることができますね。

ライバルに差をつけるためにおさえておきたいお礼メールのポイントは、2つあります。

 

1. 面接中に伝えられなかったことがあるとき

面接で伝えるべきことを伝えられなくて、少しでも後悔している場合には、面接後にお礼メールをさっそく送りましょう。その内容に、思ったほど伝えられなかったあなたの熱い気持ちを素直に送ると、採用担当者にはきっと伝わるはずです。採用の合否を決めかねているときには有効に働く可能性も高いでしょう。

 

2. 手応えのあった面接をもうひと押しする

好感触だった面接では、そのあとのお礼メールの際にもうひと押しすることで、採用担当者にあなたの印象をより強く残すことができます。強い入社意思を示すメールを送ることで、企業側からの期待度がより高まるでしょう。

 

その面接で手応えがあったのか、そうでなかったのかは、なんとなくでも自分の感覚のなかでわかる人が多いのではないでしょうか。

面接後の手応えの有無によって、送るメールの文言を適切なものにすると、面接だけの印象よりも、さらに良い印象を与えることができるはずです。

 

お礼メールで気をつけたいこと

せっかく面接後にお礼メールを送るのなら、送る相手に失礼のないように徹底したいものです。お礼メールを送る際に注意しておきたい4つの点を紹介します。

 

件名をわかりやすく

採用担当者は日々多くのメールを受信しているため、メールを開く前の一覧の時点で誰からどんな内容のメールが来たのかがわかるようにしておくことが大前提です。件名が空白だったり、よくわからなかったりするものでは迷惑メールフォルダに入る可能性もあるうえ、相手のことを考えない不親切な人だというマイナスの印象を与えてしまう場合も考えられます。

件名は、「本日の面接のお礼 氏名」という具合に、シンプルにそして明確に記載しましょう。

 

名前や企業名を略さない

メールの冒頭は送る相手の企業名や担当部署、名前などを記載することから始まります。その際、「株式会社」を「(株)」としたり、名前を名字だけにしたりすることは良くありません。

企業名や部署、担当者名は略さず、正式な名称を記載するようにしましょう。もちろん、名前のあとに「様」をつけることも忘れないようにしましょう。

 

文章の伝わりやすさを考える

メールでは、面接時間を取って頂いたお礼の気持ちとともに、あなたの入社への希望を熱く伝えたいものです。しかし、だからといって、だらだらと長く同じような内容を書くことは相手には不快感を与えてしまうかもしれません。やはり、忙しい担当者に、あなたの気持ちを知ってもらうためには、短く、わかりやすい内容がベスト。

最近ではお礼の文面のテンプレートも出回っているようですが、それをまるまる使うのではなく自分自身の言葉に変えて送ることで、あなたの気持ちも相手にしっかり伝わるでしょう。

 

自分の大学名や名前の記載を忘れない

件名や相手先の正式名称、文章を考えて、さあ送信ボタンをクリック!となる前に、メールの最後に自分の名前や大学名を記載しているか確認をしましょう。

文章の最初の挨拶で、述べていることが多いでしょうが、念のために、最後にも入れておくことがマナーです。

大学名、学部名、氏名(フルネーム)、連絡先を記載しておくと、わかりやすいでしょう。

 

また、送る前には、メール全体を見直し、誤字脱字がないかを確認してから送信しましょう。

 

社会人になると当然の心遣いを、今のうちから!

就職活動の際の面接後に送る、取り急ぎのお礼メールは、内容を充実させることでライバルと差をつけることができる最終の武器となりそうです。

送る場合には、ビジネスルールやメールのマナーを知ったうえで送ることで、企業側も「しっかりとしている人物だ」、「なかなか気遣いができる子だな」とプラスの印象を受けるでしょう。

また、そうしたルールやマナーは、社会人になると当然のように必要となるため、こうした機会をきっかけに今のうちから、経験したり身につけたりしておくと、いざというときにも、すんなりと対応することができます。

全く初めての場合には、面接からの帰宅後、早く送らなくてはいけないという焦りもあり、これで良いのかと不安になってしまうこともあるでしょうが、言葉遣いや誤字脱字に気をつけ、丁寧な文面であればマイナスに映ることはありません。

また、テンプレートを参考にしながらだと、不安な気持ちも少しは和らぐのではないでしょうか。

あなたの印象が良くなる、取り急ぎのお礼メールを上手く活用して、最後まで内定を諦めずに、勝ち取りにいきましょう!

LINE Facebook Twitter

TOPICS