就活パレット 就活パレット

選考対策

【先を見据えた自己分析】面接で企業が知りたいポイントをおさえておこう 
選考対策

【先を見据えた自己分析】面接で企業が知りたいポイントをおさえておこう 

LINE Facebook Twitter

【就活の選考対策】面接で企業に聞かれる可能性の高いあなたのキャリアプラン!具体的に描けている?

 

就活生のなかには、インターンや本選考の面接でキャリアプランについての質問を受けたけれど、上手く答えられなかったという人もいるのではないでしょうか?

また、今はまだキャリアプランについて見出せず、悩んでいるという人はどうすれば具体的に描けることができるのでしょうか?

企業が知りたいポイントをおさえておくと、自ずと熱意を感じるキャリアプランを描けるかもしれません。

 

企業はあなたのココが知りたい

新卒採用の場合は、仕事に対する即戦力や応用力はとくに求めていないというのが企業側の本音です。では、どうして実際に入社する前の学生にキャリアプランを聞くのでしょうか?

企業はキャリアプランを聞くことであなたの仕事に対する価値観や、熱意を見ようとしています。

将来が具体的に描けている人に対しては、「目標を持って長く働いてくれそうだな」と感じたり、浅いキャリアプランしか話せずにいる人に対しては、「うちの会社でなくてもいいのでは?」と思われたりといった、あなたに対する期待度を図る目安になるのがキャリアプランです。

そもそもキャリアプランとは、仕事を中心とした人生設計です。入社後は、どんな部署でどのような経験を積み、大体何年後にはどうなっていたいか。そして、そのためにはどんなアクションを起こすべきなのかといったことを答えます。

企業側の経営方針や今後の新たな戦略の展開についてきてくれそうか、また5年、10年先には中心的な人物として活躍してくれる人物となりそうかなどを見極める重要な質問です。

企業が知りたいのは、あなたが入社後どれだけ貢献してくれそうなのか、そして、あなたの仕事に対する姿勢と企業の方向性が合致しているかどうか、ということでしょう。

 

まずは5年、10年先を具体的に考えてみることから

企業はキャリアプランをしっかりと立てている就活生を採用したいと考えるでしょう。キャリアプランをエントリーシートや面接で上手く表現するために、また、これからキャリアプランを考えるという人は何から始めればよいのでしょうか。

 

  1. 1.  企業の事業計画や今後の展望を知る

例えば、面接の際に「あなたのこの先10年のキャリアプランについて教えて下さい」という質問を受けたとき、あなたの答えが、面接を受けている会社とは無関係の計画や目標を語っていては、採用側もあなたへの期待度が下がってしまうことも考えられます。

やはり、企業側が「この人と一緒に働きたいな、期待したいな」と思われたいのなら、受ける企業の事業計画や今後、目指している業種や新たな展望を知ることから始まるのではないでしょうか?

受ける企業をより詳しく知ることで、今まで以上に親近感が湧き、あなたも入社への希望がさらに高まるかもしれません。そんななかで、自ずと将来のキャリアプランが描けるかもしれません。

また、企業の計画や将来の目標を理解し、あなたのキャリアプランもそれに沿うような内容であれば、会社のことを分かってくれているなと、好印象を与えるはずです。

 

  1. 2.  実際にそこで働くことを想像してみる

会社の事業計画や今後の展望を知り、それにマッチするキャリアプランをより具体的に、そしてよりオリジナルのものにするためには、実際に会社に入って働いているところを想像してみることです。

その中で、あなたの長所や得意なこと、その能力を事業とともにどう伸ばしていきたいのかなどを絡めて説明することができると、よりあなたが会社にとって必要な人材だとアピールすることができるでしょう。具体的なシーンが想像できることで、企業側にもプラスのイメージを与えます。

 

  1. 3.  仕事での夢や目標を設定する

上記2つのステップのあとは、その会社で働いた場合のあなたの将来の夢や目標に行き着くために、どうやって努力をするのか、どのような道をたどろうと考えているのかを示す必要があります。

「御社で10年後にはこうなっていたい、そのためには入社後数年間でどういった力を伸ばし、どんな経験を経て、どのような努力をしていきたい」ということを考えてみましょう。

また、そういったものはいくつかのパターンが考えられると尚更良いでしょう。なぜなら、ひとつのパターンを綿密に計画しているだけでは、「応用が利かないのでは……」、「その通りに進まなければ会社を辞めるのか」といった疑問を抱きかねないからです。

ときには「こんなことやあんなことにも挑戦できれば」などといった臨機応変でチャレンジ精神がある一面も覗かせると、さらに期待値が上がりそうです。

仕事に対しての目標と意欲が伺える内容であると、企業側にもあなたの本気度が伝わるはずです。

 

キャリアプランを語るときに気をつけたいこと

就職活動のエントリーシートや面接の際に聞かれることが多い、5年、10年先を考えたキャリアプランは、語る際には最終的な目標だけでなく、そこに行き着くまでの計画や伸ばしたい能力はどのようなものかといった過程を忘れずに答えることが大切です。

また、より具体的なキャリアプランを描くためにも企業についての研究はじっくりと行うことが基本です。

会社の事業計画や企業全体としての目標を踏まえながら、また、時代の流れに沿う魅力的な人物だと思われるように、キャリアプランは具体的かつ、あなたらしさを感じられるものを意識すると良いでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS