就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の選考対策】もしも就活の面接で「一発芸を見せて下さい」と言われたら…? 
選考対策

【就活生の選考対策】もしも就活の面接で「一発芸を見せて下さい」と言われたら…? 

LINE Facebook Twitter

【就活生の選考対策】まさかの場面の選考対策!もしも就活の面接で「一発芸を見せて下さい」と言われたら…?

 

就活の選考では、予想外の出来事が発生することもあります。恐らくあまり経験することはないでしょうが、企業によっては、面接時に「一発芸を見せて下さい」と言われる場合も。

不意に聞かれると、おどおどしてしまったり、焦った姿を見せてしまったりと、少し恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。もしも、一発芸を披露しなければいけない場合、それはどんな意図があるのか、またどのような芸を見せるのが良いのかなどをお教えします。

 

面接の一発芸では、何を見て判断の基準としている?

まさか就職の面接で一発芸を見せる場合があるなど、あまり考えたことがないという人が多いかもしれません。

しかし、実際に稀に、面接で「一発芸を見せて下さい」という質問をする企業もあるようです。それは、比較的社風がラフな会社に限ったことではありません。有名メーカーやベンチャー企業など、どの業種でも考えられる質問内容なのです。

さて、その「一発芸を見せて下さい」という質問をすることで、面接官はあなたのどのような部分を見て、どういった判断基準にしているのでしょうか?

 

1. 臨機応変な対応ができる人物か

一発芸を見せて欲しいという内容の質問は、面接中いつ投げかけられるか見当がつかないものです。部屋に通されて、最初に「では、順番に何か特技を披露して下さい」と言われる場合や、面接が終盤を迎えほっとひと安心と思っていたのも束の間、「最後は、あなたの一発芸で笑わせて下さい」と言われる場合もあるかもしれません。

事前に志望動機や自己PRなどの面接対策を徹底していたり、面接の部屋に通される寸前まで頭の中で面接のシミュレーションをしたりと準備万端で臨んだつもりが、想定外の一発芸を見せるとなると、かなりの判断力を要されます。

その場や面接官の雰囲気、その会社の社風などを踏まえた一発芸は臨機応変に対応できる力が試されるでしょう。おどおどして沈黙してしまうのか、戸惑いながらも少しは気の利いたギャグを飛ばしたり、場を和ませたりするような芸ができるのかという部分を見ているのではないでしょうか。

 

2. ユーモアのある一面を見たい

面接中は緊張して、どうしても表情が硬くなったり、声のトーンがいつもと違ったりと、普段のあなたとは少し違うはずです。面接官はカッチリとした場のあなたしか見られないよりも、力がフッと抜けたあなたの別の一面も、選考の判断材料にしている場合があります。

業務とプライベートのメリハリをつけられる人物か、ユーモアがあり一緒に働きたいと思う人物かといったことを見ているようです。

 

3. どのような人物なのか

例えば、一発芸で学生時代に所属していたクラブ活動を絡め、サークルで取り組んだ事例を絡めながらアピールをすると、あなたの特技や好きなことが伝わります。

そのほかにも、一生懸命何かに取り組んだ経験があるということを重視している場合もあるため、入社後あなたが仕事に対してどのように向き合う人物なのかを判断していることもあるようです。

 

どのような一発芸がウケがよい?

では、実際に一発芸を披露する際、具体的にはどのようなことをするのが良いのでしょうか?

特に答えという答えがないのが、こうした質問の特徴ですが、面接官に受けが良く、すべる確率が少ないものをご紹介しましょう。

まず大きなポイントとして、もしも、あなたが周りには同じような人はきっといないと思えるほどの特技や記録を持っているのなら、それは強い武器です。ぜひ披露すると良いでしょう。

その他に、一発芸をする際に気にかけておきたいことを2点お教えします。

 

時事ネタを絡ませる

一発芸と聞いて、すぐに出来るものとして「モノマネ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? ほかにも、テレビコマーシャルでよく耳にするフレーズや歌なども一発芸に取り入れやすいですね。

真似をする、ただ歌うだけではなく、そこに時事ネタを絡ませると、グッと良い印象を与えることができるでしょう。

モノマネなら、最近人気急上昇している歌手や、良い意味で世間を賑わせている芸能人のモノマネをしてみる、政治問題や、話題になっているキーワードなど含ませたり、会社のCMソングを取り入れてみたりと、少しの工夫をプラスするだけで、機転が利くと思われたり、ユーモアのなかに知性があると思われたりと良い印象を与えることが多いでしょう。

ただし、何かを極端に批判したり、差別につながったりするような危険な時事ネタは避けましょう。

 

プレゼンテーションやトーク力に賭ける

モノマネや芸をすることがとにかく苦手だという人は、これまで取り組んできたスポーツや趣味について上手くプレゼンテーションするような発表もひとつの手です。

旅行が趣味なら、今まで訪れたことのある国や地域について、少し面白い統計をとったものを発表したり、グルメ紀行をうまくトークにしたりと、あなたが話す内容で面接官を夢中にさせたり、あっと驚く視点でのリサーチを披露することも良いでしょう。

 

一発芸は自信を持って見せつける勢いで挑もう!

面接で一発芸を見せる時間は、あなたに与えられたアピールタイムです。不安な表情のままあやふやに終わってしまうよりは、どうということのない内容でも堂々とした姿勢で見せることが大切です。

面接官はあなたの自己PRや志望動機のほかにも、あなたのユーモアある一面や、普段の姿を知りたいという思いから一発芸を面接で求める場合が多いようです。

過去にも一発芸での対応で、一目を置かれ、採用につながったという経験をした先輩が案外多くいるようです。

臆病にならず、個性をアピールできる貴重な時間として前向きに受け取りましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS