就活パレット 就活パレット

業界研究

メーカーで働くときの文系と理系 ものづくり企業は文系の力で支えられている 
業界研究

メーカーで働くときの文系と理系 ものづくり企業は文系の力で支えられている 

LINE Facebook Twitter

理系は文系のやるようなオフィスワークをすることもできるけど、文系は理系のやるような技術系の仕事はできない。では、メーカーが文系出身者を採用する意味ってなんだろうと、疑問を感じる就活生はいませんか。


『就職四季報』(2016年版)の「男女・文理別採用実績」によれば、日本最大の自動車メーカー、トヨタ自動車の2014年度の大卒男子採用数126名のうち、81名が文系で45名が理系です。一方、大卒女子の採用数66名のうち文系57名、理系9名です。男女共、文系の採用数のほうが多いのです。

また、電機メーカーとして人気の三菱電機は2014年度に大卒男子文系を145名、大卒女子文系を55名も採用しています。たしかに、大学院レベルだと理系のほうが有利ですが、大卒ではメーカーでも文系の方が多いのです。
それは、大学院レベルの採用者の場合、多くはエンジニアとして配属されるからです。一方で、大卒で採用された文系の多くは、営業職や管理部門などに配属されます。ものづくりメーカーといっても、事業を支える管理部門は必須で、そうした分野を支えるのは文系の力なのです。

理系と文系、就活の過程がなぜ違うの?

文系と理系の社員は、社内で求められているスキルも違います。そのため、就活からして多少やり方が異なってくるのは当然と言えます。
文系職種の場合、まずは会社説明会があり、エントリーシートを提出します。その後、筆記試験がある企業もあり、一般教養や語学力などをチェックします。その後、グループディスカッションや集団での面接があります。そしていよいよ個人面接。ここまでくるのに数週間以上かかるのは当たり前です。面接も一回では終わりません。複数回の面接を経て、ようやく役員面接、最終面接にこぎつけます。こうして長い長いハードルの果てにつかみとるのが内定です。


一方で、理系学生の場合、モノを言うのは大学・大学院での専攻や研究分野です。学歴も重視されます。
まず、大学の研究室に求人票が届き、指導教授の推薦のもとで応募します。文系学生が「自分の強み・弱み」や自己分析をしている一方で、理系学生には「技術面接」があります。3分~10分程度で大学での研究内容を発表したり、技術的な知識を問われたりします。技術面接の面接官は技術系社員で、たいてい1対1で行われることが多いようです。


理系学生は卒業研究で忙しいので、文系学生のように多くの企業には応募しません。また、リクルートする企業の方としても、学歴や所属している研究室、さらに指導教授の推薦があれば、ある程度の能力がふるいにかけられていると考えられるので、文系のように何度も何度も面接を繰り返す必要がないのです。


文系は「熱意」や「やりたいこと」が入社してからの強みとなりますが、理系は入社する前にやっていたことの成果が問われます。メーカーでの文系の仕事は、事務処理能力やコミュニケーション能力が問われる場面が多いので、就活でもグループディスカッションやエントリーシートでそういった能力を見ます。一方で、理系は大学時代にやっていた研究が仕事に直結するので、その点のスキルを重点的にチェックします。
理系と文系、就活の過程は違っていても、厳しさ、しんどさには違いがないといえるでしょう。

年数を重ねるにつれ、文系・理系の仕事はリンクする

こうして、理系として採用されたとしても、大学で学んだ技術のレベルと実際の現場では大きく差があります。とくに、先端技術を要求されるような開発だと、「理系だから」といってもまったく畑違いの技術については理解できないといったことも多く、自信を失うかもしれません。しかし、年数を経てだんだん出世していくと、「畑違いだから」といって避けては通れなくなっていきます。こうして、さまざまなフィールドの知識を身につけて、マネジメントへの階段を上っていくのです。

マネジメント側に立つと、組織の運営や一緒に働くメンバーの労務管理、プロジェクトの予算管理、他部署や上級マネジメントとの打ち合わせや会議、取引先との折衝、書類の作成や承認といった、いわゆる「文系」的な事務仕事が増えてきます。これは、どんなに優秀なエンジニアであっても、マネジメントになるためには避けて通れません。日本の企業の中では、エンジニアがエンジニアとして出世していくには限界があり、本人の意向に関わらず、マネジメント路線に移行しなくてはいけないというケースも多々あります。最終的には、文系であっても理系であってもやっている仕事は同じ、といえるかもしれません。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS