就活パレット 就活パレット

業界研究

管理職を目指せる!生産技術の仕事内容となるためには? 
業界研究

管理職を目指せる!生産技術の仕事内容となるためには? 

LINE Facebook Twitter

管理職を目指せる!生産技術の仕事内容とは?

企業の生産体制を構築する上で、欠かせないポジションが「生産技術」です。小売店に行けば、いつでも商品が並んでいる、通信販売で注文して数日で商品が届くのは、なぜでしょうか?実は、見えない場所で生産技術が活躍しているからです。

消費者が高品質な商品を、安定した供給で購入するのに貢献する職、生産技術を紹介します。

生産技術の仕事とは

生産技術は、企業の生産体制を計画、管理する仕事です。

基本的に、「効率の良い」生産体制の実現を目指します。「効率の良い」とは、スピーディーに、コストを抑え、高品質なものを生産していく仕組み作りです。スピードを速めれば、ミスが増え、品質が落ちる。品質を高めれば、コストや時間がかかる。一方を立てれば、他方が立たない場合があるため、うまくバランスを取りながら、工場設備の生産改善を行います。

仕事内容は、多岐に渡ります。既存の生産ライン・システムの最適化、工場の新設や造設による新規生産体制の立ち上げ、設備の見積もり・発注、研究開発・設計・製造部門のパイプ役と人員配置、生産設備のメンテナンスなどです。企業全体での生産効率化を図るため、幅広く携わる業務あるのが、生産技術職の特徴です。

生産技術は、部署内外、社内外の様々な人と関わります。生産設備に関する知識や、最適化のための手法を理解しているのは当然ですが、それ以上に人とのコミュニケーション能力や交渉能力が必要となります。これらに自信のない学生は、今から意識して磨いていくことをお勧めします。さらに、仕事の中でも技術力や調整力、マネジメント力が身に付いていくのが生産技術職の特徴です。

生産技術はどんな人にオススメか?

生産技術を仕事に選ぶ上で、自分に適性があるかも、重要な判断軸です。生産技術は、次のような人にオススメです。

・工場の生産工程を楽しんで構築できる人
・時間やコスト、品質など、多角的な視点から、生産の効率化を考えるのが好きな人
・既存の枠にとらわれない、柔軟な発想ができる人
・創意工夫が得意、好きな人
・人と関わるのが好きな人
・自分の直観や経験を活かして働きたい人

生産体制を常に改善するため、マニュアルに頼らず、柔軟な発想を持てる人に向いている仕事です。また、アイデアを形にする実行力も同時に求められます。あくまで適正ですので、一つの判断軸として参考にしてください。

生産技術のキャリアパス

入社後の生産技術職は、ほとんどの場合、各工場への配属になります。実力に合った規模の生産ラインを任され、昇進すれば、工場長や生産拠点の責任者として活躍します。生産技術は社内外の様々な人脈ができ、成長して行けば、自ずとマネジメント力が身に付きます。実は、メーカーの社長は研究開発職よりも、生産技術出身である割合が高いです。「生産技術」として、腕を磨いて邁進すれば、管理職や社長になれるかもしれません。

生産技術になるには

各メーカーの新卒採用に応募しましょう。生産技術に関わる資格を取得して、知識を深めておくのが良いかもしれません。生産技術で将来的に役立つ資格の一つに、「CAD利用技術者試験」があります。CADは、図面を書く上で必須のソフトウェアであり、工場や設備、製品の設計を行う上で役立ちます。CADに関する資格は、「CADトレース技能審査」「CAD実務キャリア認定制度」など複数ありますが、その中で最も一般的なのが「CAD利用技術者試験」です。1級と2級があり、1級の方が上位資格です。2級の合格率は約50~60%。生産技術のベースの知識として役立ち、比較的取得の容易な資格となるため、学生時代に取って損はないでしょう。
また、工場の生産システムの本体は、在庫管理や加工技術のサポートを行う、パソコン上のプログラミングです。システム構築のために必要となるのは、プログラミング言語。なので、Javaなどのプログラミングの知識も押さえておくと良いかもしれません。
就職後の配属は、海外の可能性も視野に入れておきましょう。企業によって、コストダウンのために海外へ生産拠点を構えています。タイ、マレーシア、中国、インドネシアなど、東南アジアへ生産工場のある企業は増えています。海外配属の際には、語学力(主には英語)が求められることもあります。

生産技術の年収

生産技術者の年収は、平均で485.2万円と言われています。(2015年度DODA調べ)最低では300万円未満ですが、最高では1,000万円以上の年収を得ている人がいます。分布としては、300~500万円が47%、500~700万円が26%、700~1000万円未満が13%、1,000万円以上は3%です。生産ラインの管理に始まり、一工場、生産拠点と、より広範囲のマネジメントに関わると共に年収は上昇していきます。前述の通り、社長を目指すことも不可能ではなく、より高額の年収を得られます。

企業の生産工場で、生産技術職の方が生産効率改善のために、日夜努力しているからこそ、消費者が小売店、通販などを介して、商品を低価格、高品質で購入できるのです。「MADE IN JAPAN」の価値が海外で評価されているのも頷けますね。管理職をも目指せる生産技術に興味のある方は、対策や選考を始めてみてください。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS