就活パレット 就活パレット

自己分析

【就活生の自己分析】インターンシップ就活生の自己分析の進め方
自己分析

【就活生の自己分析】インターンシップ就活生の自己分析の進め方

LINE Facebook Twitter

【就活生の自己分析】インターンシップ前・中の就活生にオススメな自己分析のススメ

就職活動をしている学生さんなら、必ずチェックしておきたいインターンシップ。実際に仕事に就く前の段階から働く現場を体験できるので、参加した学生さんの志望動機に説得力が生まれ、その後の就活にもかなりのメリットがあります。この経験を、さらに踏み入れた自己分析に取り入れて、生かさない手はありません。

このような状況下では、どのように自己分析を進めてゆけばいいのでしょうか。今回は、インターンシップに行き始めた時期の自己分析の進め方についてお伝えします。大学生の間しかできない貴重な体験を、就職活動にバッチリ生かしましょう。

 

インターンシップは刺激的で貴重な体験

決められた期間、大学生が企業で働かせてもらえるインターンシップは、通常の大学生活では味わえない、刺激的で貴重な体験となること間違いありません。企業という組織や、そこで働く社会人と交流できるだけでなく、あなたと一緒にインターンシップに参加する優秀な学生と交流できるのです。

社会勉強としてのナマの経験を得られるだけでなく、他の学生と刺激し合いながら、“働くこと”について考えていきましょう。そんなインターンシップの体験ですが、自己分析に取り入れたら、かなり頼りがいのある武器になります。期間中に実際の企業を見ることで、これまでの自分とは、仕事に対する価値観が大きく変化することも予想されます。

それだけでなく、実際に働かせてもらえるのは、与えられた課題に自分なりの“やりがい”を見出すチャンスです。これをきっかけに、企業への志望動機に説得力が生まれ、面接時も有利になってくるでしょう。もしもインターンシップに参加したら、この熱気が冷めぬうちに、新たな自分を見つけるための自己分析をしましょう。

 

自分の足りない部分にも気づけるチャンス

インターンシップに参加すると、企業のことだけではなく、自分自身についてもよくわかるようになります。たとえば、企業の人から与えられた課題が、想像していた以上に難しいこともあり得るわけです。

本人としては悔しいかもしれませんが、初めて仕事に取り組む学生さんが、インターンシップでつまずいてしまうのは、決して珍しくありません。そんな時は、自分の足りない部分に気づくチャンスだと捉えて、前向きになりましょう! 「自分はこれからどんな弱点を克服して成長していきたいのか」と考え直せば、自ずと志望動機にも繋がってきます。また、インターンシップは、社会人としてのビジネスマナーを学ぶチャンスでもあります。

普段から学生さんばかりの環境にいると、どうしても社会人としての振る舞いを目にする機会がありません。実際の企業で働く人たちを見て、自分とどう違うのか、自分にはどんなマナーが足りないのかをしっかり見定めてみてください。ここでスキルアップできたら、その後の面接などで人前へ出る時、他の学生さんと圧倒的な差をつけることができます。

 

企業で働くにあたっての自分の考えに気づこう!

インターンシップには、「企業で働くことについて自分はどう考えているか」の価値観に気づくチャンスが、たくさん転がっています。より多くの企業、より多くの社会人、より多くの優秀な就活生に出会って、自分の考えをブラッシュアップしていきましょう。もしかしたら、働いてみて初めて「想像していたものとは違う」とミスマッチを感じることもあるかもしれません。

しかし、それはそれで、「それなら、どんな仕事ならいいのだろう」と考えるきっかけになるわけです。インターンシップに参加すると、これまで出会わなかったような人と関わるうちに、自分の新たな側面に出会えます。「自分が将来、どのように働きたいのか」という志望動機には、どうしても、実際に働いてみなければ説得力がともなわない部分があります。こういった意味で、インターンシップに参加した人は、参加しなかった人に対して圧倒的なアドバンテージを持てるのです。

インターンシップでの実際の体験は、就職活動に勤しむあなたにとって、頼りになる武器になります。せっかくインターンシップに参加したのなら、毎日その日の活動を記録して、自分の考えを逐一チェックし、自己分析に生かしてください。そして、期間が終了した際に、企業で働くにあたっての自分の考えに気づけるといいですね。

まとめ

インターンシップは、通常の大学生活では経験できない、貴重な体験です。実際に企業で働いている社会人や、優秀な就活生と触れ合えるチャンスですから、ここで学んだことは逐一記録し、自己分析に取り入れましょう。

インターンシップに行き始めた時期の自己分析の進め方は、「企業で働くことについて自分はどう考えるのか」を軸にすえてください。その後の面接で切り札となるような、説得力のある志望動機を練るためにも、インターンシップに行き始めたら、同時に平行して自己分析を進めましょう。

自己分析攻略シートゲットはコチラ

LINE Facebook Twitter

TOPICS