就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【立ち止まり、見つめなおす】~就活にくじけてしまう前に~ 
就活の悩み

【立ち止まり、見つめなおす】~就活にくじけてしまう前に~ 

LINE Facebook Twitter

理想通りに就活が進む就活生はほんの一握りです。頑張っても報われない就活に「もうやだ!」と感じている就活生も多いのではないでしょうか。
確かに、高い理想を掲げて取り組んだ就活で思い通りの結果が出なければ、気落ちしてしまうのも無理はない話です。
しかし、ネガティブなマインドのまま就活をしていても負のループにますますはまってしまうだけです。
そんなときこそ考え方を変えて前向きな気持ちを取り戻す必要があります。今回は、就活で心がめげそうになっているときに、考え方を変える方法を検証してみましょう。

 

困ったときこそ自己分析

「就活もうやだ…」、そんな気持ちに陥ってしまうのは、理想どおりの仕事につける見通しが立たないからでしょう。
就活では多くの就活生と限られたポストを競い合います。自分の夢を叶えられる就活生は一部です。残りの就活生は妥協しながら就活を続けていくことになり、どんどん就活が嫌になっていきます。
最悪の場合、就活の舞台からドロップアウトしてしまう就活生もいるかもしれません。

そんなときこそ、一度、自己分析をしてみましょう。
「もうやってるよ!」と考える就活生もいるかもしれません。確かに、同じプロセスを二度も行うのは非生産的に感じるのも無理からぬことです。
しかし、壁にぶち当たる前と後では自己分析の結果も結構変わってくるもの。必要なタイミングで改めて自己分析をすることは、思わしくない状況を打開する方法として有効です。
後ろ向きなマインドではいずれにせよ挫けてしまうのは目に見えています。騙されたと思って、今一度自己分析をしてみてください。

 バック・トゥ・ベーシック

就活に取り掛かるにあたり、どの就活生も理想の仕事や業種について考えたはずです。そうして、思いついた理想の仕事をもとに就活を始めたと思います。
就活が思い通り進まず、心をすり減らしているときこそ、自己分析では「自分はなぜその仕事をしたかったのか?」という基本に立ち返ってみましょう。

自分の過去、好きな物、苦手なことといった深い自己分析をしているうちに、仕事をしたいと思った経緯、自分が持つ本来の性質といったものが浮き彫りになっていきます。壁にぶち当たった後だからこそ、自分の中の矛盾点に気づくのかもしれません。
「あぁ、そうだったのか」と自分でもわかっていなかったようなことがたくさん見つかるでしょう。

こうした自分の中の発見や変化は、怖がることなく受け入れましょう。当初とは志望する仕事も変わってくるかもしれません。
「軸がブレる」と変化を嫌う就活生もいますが、最初に打ち立てた就活の軸は絶対ではありません。就活生は就活の中で成長しており、成長は変化を伴うものなのです。
自分の中の変化に寛容にならなければ、後悔の残る就活になってしまいかねません。

 視界がクリアになれば必要なことが見えてくる

一度、就活に挫折して、再度自己分析から這い上がってきた就活生であれば、自分のゴールが就職ではないことに気づくかもしれません。
前は霞がかかったようにぼやけていた事柄だったものが見えてくるはずです。
以前よりも、働き始めてからの自分を明確にイメージできているのではないでしょうか。
就職とは単なる通過点。
企業に入ってからビジネスパーソンとしてどのように成長していくかが重要なのです。
自分が本当にやりたい仕事、その仕事をやりたい本当の理由、一ビジネスパーソンとしてのビジョンが見定められれば、その目標に向けて必要なこともはっきりしてくるでしょう。
あとは行動あるのみです。

「就活(は)もうやだ!」という感情を抱えたまま就活を続けていても、いつかは内定を獲得できるかもしれません。
しかし、将来のビジョンが明確でないまま企業に入っても、自分がなんとなく思い浮かべていたイメージとの言葉にならないギャップに苛まれてしまうだけでしょう。
そんな結果は、就活のハッピーエンドとはいえません。自己分析の末にたどり着いた、将来本当になりたい自分のビジョンをもとに理想の企業を見つけ出し、内定を獲得することこそがベストな就活です。
そしてそれは、ゴール無きビジネスパーソンとしての道のりの出発点でもあるのです。

まとめ

挫けそうになっているとき、就活の手を休めるのは甘えではありません。遠回りが近道に転ずることもあります。
そんなときこそ、自己分析をして自分の中の変化に気づきましょう。
そして、その変化を受け入れ、考え方を変えたより強靭な就活の軸を打ち立てるのです。必要な努力や、将来の自分がはっきりすれば、きっと優良な結果が待っているはずです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS