就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活生のSNS】そのアカウント、その投稿を企業側に見られても大丈夫?良識と品性を保ちSNSを楽しみましょう。
就活の悩み

【就活生のSNS】そのアカウント、その投稿を企業側に見られても大丈夫?良識と品性を保ちSNSを楽しみましょう。

LINE Facebook Twitter

SNSは友人などの身近な人々と情報を共有できる、楽しく便利なツールです。SNSの交流の輪が広がっていくことも少なくありません。
そんな魅力にひかれて最近では誰もがtwitterをはじめとするSNSのアカウントを取得しています。就活生のみなさんの中にも、何気ない日常の出来事をtwitterでつぶやいている人は多いはずです。
しかし、就活を行っていくうえでSNSは思わぬ事態のトリガーとなってしまうことがあるのです。
今回は就活生がtwitterなどSNSを利用する上での注意点ついて考えてみましょう。

 

人事はあなたの投稿を見ている

就活生のみなさんはtwitterに何を書き綴っているでしょうか。
おそらく、美味しかった料理、面白かった映画など身の回りの人と共有したい事柄が中心でしょう。もし、誰かに対する誹謗中傷や品性のない投稿をしているなら注意が必要です。
書類を送った時点で志願者の名前は企業側に知られています。企業側がインターネットを駆使して就活生のバックグラウンドを調べることは十分に考えられます。

書類や面接でわかるのは、言ってしまえば就活用に作り上げたよそ行きの人柄です。
企業側としてはうわべだけではわからないような、就活生の人となりが気になっているのです。
仕事、とはいっても結局、人と人。その人と一緒に働きたいかどうかが、採用のカギになります。人の本質が現れる就活生SNSを企業が気にするのは至極当然のことと言えます。

そのため、SNSでの発言には気を付けなければなりません。
誹謗中傷や危険な行動をしたことを記録するなどもってのほかです。問題人物として認識され、問答無用で不採用となりかねません。
常識的な投稿を心がけているつもりでも、結局企業側がどう感じるかはわかりません。
夜遅くに投稿が集中し、遊んでいる投稿ばかりが目立っていたら、企業はどういう印象を抱くでしょうか?SNSでの投稿には、注意してしすぎるということはないのです。

 

SNSでの不採用事由例

実際にSNSが原因で不採用となった例をご紹介しましょう。
まず多かったのは、薬物使用や未成年飲酒をした事実を投稿したことによる不採用です。こちらに関しては当然犯罪ですから、SNS以前の問題です。
続いては誹謗中傷や公序良俗に反する画像の投稿です。法律を犯すような投稿は問答無用でNGです。
法律には抵触しない場合も、投稿者が危険人物とみなされるのは想像に難しくありません。

「投稿からわかるコミュニケーション能力不足」も採用に悪影響を与えるようです。
SNSの多くは他者とのやりとりを公開できますが、驚くべきことに企業はこのやり取りにも注目しているようです。
返信がぶっきらぼうだったり、そもそも返信がなかったりしたら企業側にコミュニケーション能力不足という印象を与えてしまうのでしょう。

面接の直後に企業への悪口を書いてしまうといったこともたびたび問題になっています。せっかく面接で好印象を与えても、これでは元も子もありません。
書類に記載した資格を詐称していることが、過去の投稿からわかったという例もあります。

 

これらは少し極端な例に思われるかもしれませんが、企業側がしっかりと就活生のことを調べているという証拠でもあります。
学生の立場であれば許されるような投稿も企業側にはどう映るかわかりません。
また、過去の投稿にさかのぼって調べることもあるので、今は良識を持って投稿しているけど、昔は…という人も気を付けなければなりません。

 

SNSとの上手い付き合い方

企業側に見られているかと思うと、怖くて何も投稿できなくなってしまうかもしれません。
しかし、会社によっては社員にFacebookの利用を奨励しており、企業側もSNSを完全否定しているというわけではありません。
常識を保って投稿しさえすれば、本来は問題ないはずなのです。

SNSを安全に利用するためには、誰でも閲覧できるタイムラインに投稿した時点で全世界中に情報がシェアされる可能性を認識しましょう。
あまりにパーソナルな情報や人によっては不快感を与えるかもしれない記事は、気心が知れている範囲に公開を限定しましょう。
どのSNSにもそのような機能は搭載されているはずです。

そもそもtwitterといったSNSに依存しすぎている場合は考えものです。就活生がまず重きを置かなければいけないのは、なんといっても就職活動のはず。
「就活忙しい…」なんてtwitterに投稿している就活生もいますが、これは矛盾しています。忙しければつぶやいている暇などないはずです。

SNSは出会いのきっかけにもなるツールですが、それは何もプライベートに限ったことではありません。
SNSから広がるビジネスチャンスもあります。そう考えると、SNSをやめることは、SNSによるビジネスチャンスを放棄することと同義です。
良識と品性を保ち、読んだ人の気持ちを考え、そもそもなんでもかんでもシェアしないように気を付ければ、SNSは人生を豊かにしてくれる最高のツールなのです。

 

まとめ

SNSの使い方は、特に個人情報を扱う企業であれば、企業コンプライアンスの一環として入社時にかならず説明を受けるはずです。
昨今のSNSが招いた不祥事の乱発を鑑みると、企業としては常識的なモラルから社員教育を行わなくてはいけないのが現状です。
当然、危険な匂いのする就活生は事前に調べて不採用にするのです。SNSの使い方は企業に入社すればいずれにしても意識することになります。
就活生のうちから投稿には注意しておいたほうがいいでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS