就活パレット 就活パレット

選考対策

説明会の「服装自由」って本当に自由でいいの?就活生に教える企業の本音 
選考対策

説明会の「服装自由」って本当に自由でいいの?就活生に教える企業の本音 

LINE Facebook Twitter

面接や会社説明会での服装を自由とする企業が増えてきています。
気楽に就活に臨めるかと思われるこの「服装自由」、真に受けて友達と遊ぶときのようなカジュアルな服装を着ていると恥をかいてしまいかねません。

服装自由を謳う企業も、その裏には、ある思惑を持っているのです。就活生は服装の自由が許されているときこそ慎重に服装を選ぶ必要があります。
今回は「服装自由」の裏に隠された企業側の真意と、就活生が服装自由の面接や会社説明会に参加するときの服装の選び方について検証してみましょう。

「服装自由」に裏に潜む企業側の真意

「服装自由」の面接や会社説明会には本当に何を着て行ってもいいのでしょうか?答えはノーです。
企業が謳う「服装自由」には(常識の範囲で)という前置きが隠されていると認識しましょう。
企業は「服装自由」とすることで就活生の常識をテストしているのです。

例えば服装自由だからといってハーフパンツにTシャツで面接に行ってしまうと明らかに場違いです。
企業側からは「常識なし」のレッテルを貼られてしまうでしょう。

これはあまりに極端な例ですが、いずれにしても就活生がどの程度の常識を持っているかは、服装から判断することができます。

また、企業によっては「服装自由でも社会人としてスーツを着てくるのが常識」と考えているところもあります。
そのため就活生の中には「服装自由」というワードを見た時点で罠だと認識し、面接にはスーツを着て参加している人も多いようです。
もちろん本当に服装にこだわっていない企業もありますが、多くの企業はそれぞれの思惑を持ち、就活生の服装を自由としている点を忘れないようにしましょう。

社風から服装を選ぶ

上述したように企業は「服装自由」とすることで、服装から就活生の常識を推し量ります。
就活生によっては「何を信じていいのかわからない!いっそスーツを指定してくれ!」と考えるかもしれませんね。
そんな風に困ったときは「会社の社風」を調べてみましょう。
どんな服装を着て行けばいいのか、そもそもスーツを着るべきなのか否かのヒントは社風に隠されています。

面接や会社説明会に参加したいと思う企業ならば、当然その企業に関して企業研究を行っているはずです。
「お堅い会社」という印象があればスーツで面接に臨んだほうがいいですし、ベンチャー系などでフレッシュな雰囲気を感じたら私服でも問題ないでしょう。
社内の様子をホームページにてオープンにしている会社もありますが、もし業務中の写真があれば社員の方の服装にも注目してみましょう。
企業によっては個性的な社員を積極的に集めているところもあります。
社風にもマッチしていて個性を嫌味なく出せている服装なら、印象のアップにも繋がるかもしれません。

スーツは万能

すべての会社が社内の様子を写真で公開しているわけではありません。
社風を調べてもどうしても服装の判断がつかない場合もあるでしょう。
そんな時は通常通りスーツを着て行きましょう。

中には「服装自由」という企業側からの好意を踏みにじりたくないと考える就活生もいるかも知れませんが、それは考えすぎです。
基本的に就活では、スーツを着て行っていい印象を与えこそすれど、悪い印象を与えることはありません。
就活におけるいかなる場面でもスーツを着ていて悪いということはないのです。

服装自由の面接にスーツを着ていった場合、何故私服を着てこなかったのかを質問されるかもしれません。
そんな時は率直な理由を述べましょう。
私服では失礼にあたると思った、就活の場に適した私服を持っていない、といった素直な理由は、就活生の印象を悪くすることはないはずです。
逆に、しっかりとした理由をハキハキと述べられないとマイナスイメージに繋がってしまいます。

そもそも、服装自由という時点でスーツを着て行っても問題ないはずです。
「何を着て行ったらいいのかわからない…」という不安は就活でのテンションを著しく下げてしまいます。
何より迷っている時間がもったいないです。
私服が社風に適しているという確信があったり、自分の個性を私服でアピールできると思っていたりしない限り、スーツを着ていくのがわかりやすく、手っ取り早いのです。

まとめ

就活時の服装選びは、いささか面倒なのは否めません。いっそスーツに指定してもらった方が楽だという意見ももっともです。
しかし、ビジネスにおける常識を身につけ、社風をしっかりと調べれば、服装自由の面接もそれほど疑心暗鬼になる必要はありません。
迷ってしまうようなら万能のスーツに頼ればいいのです。大事なのは自信を持って就活に臨める服装を身につけること。
「服装自由」で逆に就活を不自由にすることがないように気をつけましょう。

面接や会社説明会での服装を自由とする企業が増えてきています。
気楽に就活に臨めるかと思われるこの「服装自由」、真に受けて友達と遊ぶときのようなカジュアルな服装を着ていると恥をかいてしまいかねません。
服装自由を謳う企業も、その裏には、ある思惑を持っているのです。就活生は服装の自由が許されているときこそ慎重に服装を選ぶ必要があります。
今回は「服装自由」の裏に隠された企業側の真意と、就活生が服装自由の面接や会社説明会に参加するときの服装の選び方について検証してみましょう。

 

「服装自由」に裏に潜む企業側の真意

「服装自由」の面接や会社説明会には本当に何を着て行ってもいいのでしょうか?答えはノーです。
企業が謳う「服装自由」には(常識の範囲で)という前置きが隠されていると認識しましょう。
企業は「服装自由」とすることで就活生の常識をテストしているのです。

例えば服装自由だからといってハーフパンツにTシャツで面接に行ってしまうと明らかに場違いです。
企業側からは「常識なし」のレッテルを貼られてしまうでしょう。
これはあまりに極端な例ですが、いずれにしても就活生がどの程度の常識を持っているかは、服装から判断することができます。

また、企業によっては「服装自由でも社会人としてスーツを着てくるのが常識」と考えているところもあります。
そのため就活生の中には「服装自由」というワードを見た時点で罠だと認識し、面接にはスーツを着て参加している人も多いようです。
もちろん本当に服装にこだわっていない企業もありますが、多くの企業はそれぞれの思惑を持ち、就活生の服装を自由としている点を忘れないようにしましょう。

 

社風から服装を選ぶ

上述したように企業は「服装自由」とすることで、服装から就活生の常識を推し量ります。
就活生によっては「何を信じていいのかわからない!いっそスーツを指定してくれ!」と考えるかもしれませんね。
そんな風に困ったときは「会社の社風」を調べてみましょう。
どんな服装を着て行けばいいのか、そもそもスーツを着るべきなのか否かのヒントは社風に隠されています。

面接や会社説明会に参加したいと思う企業ならば、当然その企業に関して企業研究を行っているはずです。
「お堅い会社」という印象があればスーツで面接に臨んだほうがいいですし、ベンチャー系などでフレッシュな雰囲気を感じたら私服でも問題ないでしょう。
社内の様子をホームページにてオープンにしている会社もありますが、もし業務中の写真があれば社員の方の服装にも注目してみましょう。
企業によっては個性的な社員を積極的に集めているところもあります。
社風にもマッチしていて個性を嫌味なく出せている服装なら、印象のアップにも繋がるかもしれません。

 

スーツは万能

すべての会社が社内の様子を写真で公開しているわけではありません。
社風を調べてもどうしても服装の判断がつかない場合もあるでしょう。
そんな時は通常通りスーツを着て行きましょう。

中には「服装自由」という企業側からの好意を踏みにじりたくないと考える就活生もいるかも知れませんが、それは考えすぎです。
基本的に就活では、スーツを着て行っていい印象を与えこそすれど、悪い印象を与えることはありません。
就活におけるいかなる場面でもスーツを着ていて悪いということはないのです。

服装自由の面接にスーツを着ていった場合、何故私服を着てこなかったのかを質問されるかもしれません。
そんな時は率直な理由を述べましょう。
私服では失礼にあたると思った、就活の場に適した私服を持っていない、といった素直な理由は、就活生の印象を悪くすることはないはずです。
逆に、しっかりとした理由をハキハキと述べられないとマイナスイメージに繋がってしまいます。

そもそも、服装自由という時点でスーツを着て行っても問題ないはずです。
「何を着て行ったらいいのかわからない…」という不安は就活でのテンションを著しく下げてしまいます。
何より迷っている時間がもったいないです。
私服が社風に適しているという確信があったり、自分の個性を私服でアピールできると思っていたりしない限り、スーツを着ていくのがわかりやすく、手っ取り早いのです。

 

まとめ

就活時の服装選びは、いささか面倒なのは否めません。いっそスーツに指定してもらった方が楽だという意見ももっともです。
しかし、ビジネスにおける常識を身につけ、社風をしっかりと調べれば、服装自由の面接もそれほど疑心暗鬼になる必要はありません。
迷ってしまうようなら万能のスーツに頼ればいいのです。大事なのは自信を持って就活に臨める服装を身につけること。
「服装自由」で逆に就活を不自由にすることがないように気をつけましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS