就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

動く!使える!java言語をプログラミング初心者に勧める理由!
エンジニアになる!

動く!使える!java言語をプログラミング初心者に勧める理由!

LINE Facebook Twitter

今まで全くIT技術について学んだことのない学生も、身の回りのものがIT技術に置き換わる姿を見て、将来はITエンジニアになろうと考える人やプログラミングに触れてみたいと考える学生も多いのではないでしょうか。しかし、プログラミングという言葉は知っていても、数百に及ぶプログラミング言語が存在する中で、どの言語に手をつけたらいいのか悩む方も多いはず。

そんなプログラミング初心者にお勧めしたいのが「Java言語」です。今回は、Javaについて基本知識とプログラミング初心者にJavaをお勧めする理由をお伝えします。

Javaってどんな言語?

Javaとは、1995年にSun Microsystems(現在は、オラクル社が買収)よりリリースされたプログラミング言語です。オブジェクト指向性に加え、セキュリティ機構やネットワーク機能が標準で搭載され、ネットワーク環境で利用されることを意識した言語です。現在は、IoT(Internet of Things)のように様々なものがインターネットでつながる社会です。Java言語はそんな社会性にも適合した言語といえるでしょう。

Javaを勧める最大の理由「どこでも動く!」

Java言語にはコンセプトがあります。それは、「Write Once, Run Anywhere(一度書けば、どこでも動く)」です。このコンセプト通り、Java言語の最大の特徴は、プラットフォームを選ばないことにあります。実は、これがプログラミング初心者にJava言語を勧める最大の理由と背景です。

Javaの登場以前は、基本的には特定の言語は特定のOSやCPU上で稼働させることが当たり前でした。例えば、COBOL言語で開発されたシステムであれば、メインフレーム上でシステムを稼働させる必要があったのです。そこで登場したのが、Java言語です。Java言語は、WindowsやLinux、UNIXといった複数のOSで流用稼働が可能で、また、サーバやPC端末、携帯電話、組み込み系システム等のあらゆるプラットフォーム上で稼働させることができ、世界中のITエンジニアに衝撃を与えました。

インターネットの普及と共にプラットフォームの多様化が進み、現在でも、Java言語は、非常に汎用性の高い言語として多くのシステムとIT技術者に選択される言語となっています。

Java言語であらゆるものが開発可能

プログラミング初心者にJava言語を勧める理由の一つとして、Java言語であらゆるものが開発可能であることが挙げられます。

Javaで作られているシステムはたくさんあります。 例えば、SNSの「Twitter」やノートアプリケーションの「Evernote」、Webサイトの「楽天」はJavaで作られています。また、ブルーレイプレイヤーにもJavaが100%付属しています。AndroidアプリもほとんどがJava言語で製作されているのです。

企業システムとしても、Java言語は多くの業務システムで利用されており、2016年4月には損害保険会社である損保ジャパン日本興亜がJavaで基幹システムを刷新すると発表しました。ITエンジニアを目指すのであれば、自身がどのようなものを開発したいかということは就職先やキャリアを決定する上で、重要な要素となりますが、Java言語はあらゆる業界業種のITエンジニアが利用している言語でもあるのです。

新卒IT人材のプログラミング研修で選択されているのがJava言語

また、IT人材白書2016によると、IT企業の新卒人材に対して行うプログラミング言語の研修として、Java言語を含むオブジェクト指向言語が、全体の70.6%の企業で選択されています。加えて、IT企業の技術者が現在利用している、または、今後チャレンジしたい開発言語にもJava言語を1位に挙げており、多くのIT技術者が必要だと考える言語であることがわかります。

IT企業の新入社員研修として、Java言語の研修はありますが、全くプログラミングをしたことがなく不安だと考える人にはJava言語に触れておくことで、就職先の企業研修にも入りやすくなるでしょう。

世界でも大人気

毎月、GoogleやMSN、Yahoo!などの有名な検索機能からプログラミング言語を検索した調査結果を発表しているTIOBE Softwareでも、2016年8月時点でJava言語は他の言語を抑え、第1位に輝いています。また、2006年から1位を獲得し続けていることからも世界的にも人気の言語であることがわかるでしょう。

今回、プログラミング初心者にお勧めする言語としてJavaをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。今後、マイナンバー対応や日本興亜損保ジャパンのように特定OSや技術者によって稼働していた基幹システムを汎用性の高いJavaアプリケーションへ移行するプロジェクトも今後増えていくことが想定されます。また、スマートデバイスが当たり前となり、Androidアプリ開発や組み込みシステムでもJavaは使われるため、Javaの技術者需要は高まっていくのです。どのプログラミング言語を習得するかに悩んだ際には、ぜひJava言語を習得することをお勧めいたします。

LINE Facebook Twitter

TOPICS