就活パレット 就活パレット

選考対策

就活の面接時にネクタイで差をつけよう!
選考対策

就活の面接時にネクタイで差をつけよう!

LINE Facebook Twitter

就職活動の定番であるリクルートスーツにネクタイというスタイルは、ちょっと窮屈に感じる人もいるかもしれません。一度、面接の会場を思い浮かべてください。面接会場には自分と同じリクルートスーツに身を包んだ就活生がたくさんいます。

その中で、限られた短い時間で質疑応答が行われ、あなたはその中でしっかりと自分のことを伝えなければいけません。必要だからという義務感で身に着けているネクタイですが、色や柄の特徴を把握して選べば面接官に好印象を与えるための味方となってくれます。

身に着けるものの自由度が少ない面接ですが、ネクタイは自由に選ぶことができます。しっかりと自分をアピールするためにも、適切なネクタイ選びで他の就活生に差をつけましょう。

ネクタイって就職活動で必須なの?

就職活動といえば、リクルートスーツにネクタイの姿が思い浮かびますよね。手早くキレイに締められるようになるまで難しいと思いますが、基本的には礼儀として必要となっています。これが社会人への第一歩だと思って、ネクタイに慣れる修行に励みましょう。

面倒なイメージのネクタイですが、差別のつきにくいリクルートスーツを着ていてもネクタイをうまく使えば個性をアピールできます。自分をアピールするための武器として、うまくネクタイを使えば有利に面接を進められるかもしれません。では、逆にネクタイが必要ではない場合とはどんな時なのでしょうか。それは、面接の指定で「ノーネクタイ」となっている時、もしくは「クールビズ」が指定されている時となります。

ただ、通常のリクルートスーツとシャツにノーネクタイとなる場合は注意が必要です。スーツ用のシャツはネクタイがあることを前提に作られていることが多いので、ネクタイがないことで締まりのない印象となってしまうことがあります。もしネクタイ無しという指定があった場合は、一度鏡の前で印象をチェックしましょう。

賢い色選びで与えたい印象を

まず、大前提として、黒及び白のネクタイは面接時に使用してはいけません。これらは冠婚葬祭に使用する色なので、面接官に不審に思われ、常識がない人物として悪い印象を与えてしまいます。

では、それぞれの色が面接官に与える印象をご紹介します。まず臙脂(えんじ)や赤色などの暖色系の場合、エネルギッシュな印象を与えることができます。活発な印象を与える色なので、体育会系出身で活発さをアピールしたい時には非常に有効ですし、新卒としてのフレッシュなイメージを強調したい時にも有効です。

それに対し、紺色や青色などの寒色系の場合、知的な印象を与えることができます。真面目なイメージも与えることができるため、堅実さを求めている企業の場合に使いたい色です。そして、緑やピンクなどの他の色については、選ぶ学生が少ないため自分の個性をよりアピールしたい時に使うことができます。ただ、印象に残りやすいため、自分に自信を持っている場合に使ったほうが良いかもしれません。

ネクタイの柄は何を選ぶ?それぞれの柄の特徴とは

ネクタイの柄で一番スタンダードな柄はストライプです。ストライプの幅や色の数などで印象は変わりますが、基本的にアクティブな印象を与えてくれます。

またシャープな印象も与えてくれるので、迷ったらストライプを選んでみてください。無地のネクタイはフォーマルな印象が強く、大抵のスーツに合います。取り合わせで失敗したくない人は無地が無難です。それに対しドット柄は、無地よりも若干柔らかいイメージになります。

もちろん、大きすぎる柄は派手になってしまうため避けるべきですが、スーツとのコーディネートが容易な柄といえます。逆に、避けたほうがいい柄としては、軽すぎる印象になってしまうチェックやキャラクターの柄、派手になりがちなペイズリーや紋章柄が挙げられます。個性を出そうとして、面接官の印象を悪くする柄を選んでしまうのは避けましょう。

ブランド物は就活で使って大丈夫?何本持っていたら安心?

就職活動でブランド物のネクタイを使うことは、特に問題ありません。ブランド物と一目でわかるネクタイは多くありませんが、ブランド物と面接官が認識する可能性が少しでもあるネクタイは避けたほうが無難です。万が一誇示していると思われてしまったら、あなたの印象が悪くなってしまいます。

就職活動のために持っておくべきネクタイの本数ですが、基本的に1本あれば事足ります。ただ、不意に汚してしまった時のために、1本予備を持っておくと安心です。また、企業によって印象を変えて臨みたい場合は、色や柄が違うものを持っておくと便利です。

ネクタイは礼儀として身につけなければいけないものですが、少し見方を変えれば自分の印象を切り替えてくれる道具となります。また、自分の気持ちを切り替えるツールとして使うこともできるので、就職活動をうまく切り抜けていくツールの一つとして活用していきましょう。

就職活動ではリクルートスーツにネクタイというスタイルが定番化していますが、ネクタイの柄や色次第で面接官の印象も大きく変わります。好印象を与えるポイントをしっかり抑えておきましょう。
また今回は柄や色、ブランドなど選び方について中心にポイントをお伝えしましたが結び方も重要ですので抑えておきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS