就活パレット 就活パレット

業界研究

信頼は、あなたのチェックによって守られる!メーカー監査役!
業界研究

信頼は、あなたのチェックによって守られる!メーカー監査役!

LINE Facebook Twitter

企業の監査役と言われる「品質保証」は、理系の特性を活かせる仕事です。仕事に求められる能力、知識は多く、奥深い世界です。
「品質管理」とも混同されやすい「品質保証」について、仕事内容、必要な能力、知識などから、紐解いていきましょう。

品質保証の仕事とは

品質保証の仕事は、企業が社会に提供する製品・サービスの品質を保証する事です。品質を保証する上で、根拠となる検査を行い、結果を書面で示すなど、様々な業務に携わっています。

製品・サービスの企画から生産、出荷後までのすべての工程に及びます。企画段階では、顧客の要求品質に合った製品を企画します。設計段階では、不良を出さない仕組みを構築します。デザインレビューも行います。資材の購買段階では、原材料や部品の品質管理を行います。対外的には、購入業者、外注業者への品質管理及び工程監査を行います。
製造段階では、より様々な品質管理を行います。QC工程表(製品の原材料購入から完成品として出荷するまでの各工程で、管理特性・方法を工程の流れに沿って記載した表)の管理、仕様書・規格書の作成、検査機器の調整、検査業務(原材料、製品)、工程トラブルの原因追及と対策、製造部への品質教育の実施、工程・内部監査などです。

また、社外窓口となって、顧客へ取扱い方法を説明、クレーム処理もします。クレーム処理は、お客様からの指摘を報告書にまとめ、設計部にフィードバック。さらに品質を向上させていきます。

品質管理との違いは?

品質保証と品質管理の仕事は、似て非なるものです。品質管理は、一言で言うと品質保証の仕事の一部です。品質保証が、企画から生産、出荷まですべての工程で品質の保証するのに対し、品質管理は製品やサービスの品質を保証します。品質管理は、品質保証の一部分であり、同一部署で両方の役割を担う企業もあります。

品質保証に求められる能力

品質保証では製品・サービスの品質を保証するため、製造工程や製造ラインでどう改善すべきか的確な判断を下す必要があります。そのため、製造検査に関わる幅広い知識をベースとして、論理的に問題を発見、改善していく力が必要です。

また、製造部や技術開発と協力して、クレーム処理や品質改善を行うため、様々な人との関わり合いの中で、コミュニケーション能力や交渉力が求められる。同時並行で複数の業務を遂行するため、実行力の伴う人が適切でしょう。

品質保証で活躍するために必要な知識

品質保証を目指す上で、特別な資格等は必要ありません。ただ、業務を行っていく上で、品質保証業務に関わる知識を深めていく必要があります。具体的には、QC7つ道具、ISO、JIS、TQC、QC工程表などです。一つずつ簡単に紹介しましょう。

・QC7つ道具

「QC7つ道具」とは、一言で言って「品質を改善する」手法です。企業で品質改善を行う際の最も基本的な分析ツールです。7つ道具には、パレード図、特性要因図、管理図、チェックシート、ヒストグラム、散布図、層別があります。それぞれの用途をまとめると、

問題発見ツール・・・グラフ、管理図
問題原因把握ツール・・・パレード図、ヒストグラム、特性要因図
問題解消確認ツール・・・グラフ、散布図、管理図

になります。QC7つ道具が、日本の製造業を世界一に導いたと言っても過言ではありません。多くの企業が、入社後最初に教える手法です。

・ISOとJIS

「ISO」と「JIS」は、商品・サービスを標準化するための規格です。ISOが国際規格、JISが(日本の)国家規格です。ISOに関わる加盟国は、ISO規格に適合した状態の国内規格を制定すること、規格適合性の評価方法も同一であること、加盟国同士での相互認証、以上3点に合意しています。企業の商品・サービスをISOやJISに適合するために、規格を理解しておく必要があります。

・TQCとTQM

TQC(Total Quality Control)とは、日本語で「全社的品質管理」と呼ばれる問題解決、品質管理のための手法です。TQCは、経営者から人事、製造に関わるすべての社員が全員で品質管理を行う必要があると、定義しています。

1996年頃には、TQM(Total Quality Management:総合的品質管理)になり、トップダウンを意識した手法へと変革していきました。具体的な構成は、基本的な考え方、工程の改善手法、組織改善の手法に分かれます。PDCAサイクル、データの重視、5S、標準化、QC7つ道具、統計的方法、QCサークル活動、機能別管理など、幅広い項目に分かれます。

ちなみに、品質保証に直結する資格は特にありません。ただ、品質管理には、「品質管理検定(QC検定)」があります。「品質管理検定」は、1級から4級まであり、品質管理に関連する知識を筆記試験で行います。

品質管理に必要な、品質管理能力、品質改善能力のベースとなる知識が、問われます。品質保証は、品質管理の仕事内容を含む場合があるため、取得しておくのもお勧めです。

品質保証の世界は、奥深く、幅広い知識と、社内外の人とのコミュニケーション能力、交渉能力を求められます。裁量の大きい分、やりがいを感じられ、自己成長に直結するのが品質保証です。興味のある方は、品質保証の仕事を目指してみてください。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS