就活パレット 就活パレット

選考対策

就活女子に贈る!パンプス選びのポイント
選考対策

就活女子に贈る!パンプス選びのポイント

LINE Facebook Twitter

“オシャレは足元から”と言いますが、女性の就活でも足元はかなり重要なポイントです。
特に、パンツスーツよりも足元が華やかになるスカートスーツでは、面接の時にもかなりパンプスが目につきやすくなると言えるでしょう。
せっかく自分に似合うスーツを仕立てたのに、就活に相応しくないパンプスを身につけてしまったら、トータルでは残念な見た目になってしまいます。
志望する企業の面接へ行く前に、身だしなみは細部まで抜かりなく仕上げておきたいですね。
今回は、就活中の女性が選びたいパンプスについてお伝えします。

就活中のパンプスの基本は「清潔感」

就活中にリクルートスーツと合わせるパンプスは、「清潔感」を感じられる清楚な黒のものを選びましょう。
スーツや鞄が黒の場合、靴もそれと同じ色にそろえるのが基本ですから、覚えておいてください。

また、就活中のパンプスの素材にもっとも適しているのは、「本革」か「合皮」です。本革の靴を用意しにくい場合は、合皮でも差し支えありません。

逆に、就活中にNGなパンプスの素材は、「エナメル」です。
テカテカと光沢があるエナメルの靴は、私服のファッションで活躍してくれますが、就活中は控えておきましょう。色が黒だとしても、見た目が派手すぎる印象になります。

ヒールの高さは、3~5cmの範囲で選んでください。このとき、ピンヒールを選んではいけません。太めで安定感のあるヒールなら、歩きやすい上に真面目に見えます。

大きくて目立つような飾りがついたパンプスは、当然NGです。さり気ないリボン程度の飾りならば問題ありませんが、あまりにも目立ちすぎるものは選ばない方がベターです。

これらのポイントを押さえて、「清潔感」のある身だしなみを心がけたパンプス選びをしましょう。

「動きやすさ」も重要なポイント

就活中のパンプスの基本の形を押さえたら、次はそれを踏まえた上で「動きやすさ」を意識して靴を選んでみましょう。
就職活動中は、複数の会社の面接に足を運んだり、合同説明会でたくさんのブースを回ったりと、意外とアクティブに動き回るものです。
ここで、パンプスが小さすぎて窮屈だったり、逆に大きすぎてぶかぶかだったりすると、体も心も一気に疲れてしまう原因になります。また、サイズの合わないパンプスは、カツカツと不快な音を立てて、身の回りの人にも迷惑になります。

見た目が気に入っても、履いてみたら意外と歩きにくいことがあるかもしれません。
パンプスを購入する前には、必ず試着をして、少し歩き回ったりしゃがんだりして「動きやすさ」を確かめてください。
さらに動きやすさを求めるなら、ストラップつきのパンプスを選んでもいいかもしれません。
ストラップつきなら、細い紐で足を固定して動きやすさがアップする上に、繊細な女性らしさも演出できますよ。
2足用意しておいて、「面接の時はストラップなし、合同説明会などの運動量が多い時はストラップあり」のように使い分けても便利です。

あなたのスタイルに合ったパンプスを選ぼう

就活中のパンプスは、清潔感のある見た目のものを選ぶのが基本です。それを踏まえた上で、機動性を意識した動きやすいデザインを選びましょう。
スカートスーツとパンツスーツそれぞれで、似合うパンプスは異なってきます。
スカートスーツに合わせるなら、爪先の丸い女性らしいデザインを選ぶと柔らかい雰囲気になります。
逆に、爪先の尖った靴をパンツスーツに合わせると、クールなキャリアウーマンといった印象になります。
小さなリボンがさりげなくついたパンプスを選べば、ほどよく華やかで可愛らしい印象にもなります。

最終的には、あなたが醸し出すイメージや、志望する企業の求める人物像に合わせて、上手にパンプスを選んでみてください。
足元から演出できるイメージを最大限に利用して、就職活動を成功へ導きましょう。

まとめ

就活中のパンプスは、清潔感のある黒のものを選びましょう。素材は本革か合皮で、目立った飾りがなく、ヒールが3~5cmのデザインが基本です。
これにプラスして、試着したときの歩きやすさも判断材料にしましょう。色んな企業の面接に行ったり、合同説明会に行ったりしたときでも、痛みやストレスなく動けるといいですね。

さらに歩きやすさを求めるなら、ストラップつきのパンプスを選んでもいいでしょう。
就活中のパンプスは、基本的なルールを押さえつつ、あなたにもっとも似合うものを選んでください。
身だしなみには細部まで気を遣って、志望企業からの内定をゲットできるといいですね。

LINE Facebook Twitter

TOPICS