就活パレット 就活パレット

就活の悩み

就活中こそ、規則正しい生活を。就活生にとっての眠りのメリット!
就活の悩み

就活中こそ、規則正しい生活を。就活生にとっての眠りのメリット!

LINE Facebook Twitter

企業という存在にふるいにかけられる立場である就活生は、自分が選ばれないのではないかという不安から極度の重圧を感じてしまいがちです。
やりたい仕事や目標の企業がある就活生であれば、なおさらその重圧は大きなものになるでしょう。
最悪の場合、体を壊したり、精神がつぶれてしまったりする就活生もいるほどです。

企業説明会、面接、OB訪問と忙しく飛び回る就活生は体が資本。健康に気を使わなければ就活を続けることができなくなってしまいます。
そんな結末を回避するために、今回は体調不良の原因となる就活の不安を、どのようにマネジメントしていくかについて検証してみましょう。 

わざわざ自分を不安にしない

不安で落ち着かないという就活生にはある特徴があります。それは「自分で自分を不安に陥れている」という点です。
具体的なタイプを挙げていきましょう。

まず、失敗にいつまでもとらわれるタイプ。
彼らは不採用通知をいくつかもらったことで、「自分はダメだ」と結論づけてしまい、その後の就活でも常に不安を感じてしまい上手くいきません。

次に周りと比べるタイプです。
就活を成功させた仲間たちと自分の状況を比べてしまい、テンションを下げてしまうのがこのタイプです。

最後に就活しかやらないタイプ。
このタイプの就活生は生活の100%を就活に費やしてしまうがため、就活の結果が精神状態にダイレクトに反映されてしまいます。
合否に関して、常に不安を抱えてしまうことになるのです。

このように、多くの就活生は就活について考えすぎてしまい、わざわざ自分から不安になっています。
結局は気の持ちようです。自分を必要以上に過小評価する必要もなければ、縁や運も絡んでくる就活で周りと比べることなど無意味です。
ましてや、いくら就活生とはいえ就活だけやっていては精神がつぶれてしまうのは当然でしょう。
こうした無意識にやってしまう癖のような行動や考え方を意識して回避するだけで、就活における不安はかなり軽減されるはずです。

睡眠は健全な精神を生む

常に不安を感じている就活生は生活面においてもある特徴を持っています。
それは「睡眠不足」。夜に考え事をしていまい眠れなくなる。睡眠不足から精神のバランスが乱れさらに不安を抱えるという負のループにはまってしまうのです。

ですから、不安を常に感じている就活生はまず「眠ること」を軽んじてはいけません。
考えなくてはいけないことがあったとしても、ひとまずすべてを頭から切り離し眠りについてみましょう。
スッキリした頭で考えれば、新しい答えが見つかるかもしれません。そもそも考えても仕方がない問題だったと気づかされることもあるでしょう。
夜眠り、朝起きる。このサイクルを崩してしまうと人間の中にあるあらゆるバランス感覚は崩壊してしまいます。
このバランス感覚を取り戻すために、休むことは決して甘えではないのです。

 いかにして眠るかを考える

眠りによる恩恵を知ったところで、不安で眠れない就活生がいきなり眠れるようになるのは難しいかもしれません。しかし、意外なことから規則正しい生活が取り戻せたりするものなのです。簡単に実践できる心がけの例をご紹介しましょう。

夜しっかり眠るためには、早起きをしなければいけません。起きる時間が遅い人は起床時間から見直してみましょう。
そもそも昼夜が逆転しているような人は再度逆転させるために、24時間起きてみるのも手です。
無理やりにでも一度夜寝て朝起きてしまえば、次の夜には眠くなるはず。最初は辛くてもしばらくそのサイクルを続ければ、体が慣れていきます。

スマホを夜遅くまでいじって夜更かしをしているのも、最近の就活生にありがちなタイプです。これでは夜眠れないのも無理はありません。
時間を決めてベッドに入り、それ以降はスマホを手にしないといった決まり事を作るといいでしょう。

体をしっかりと疲れさせるのも快眠を得る手段の一つです。ヘトヘト状態の体は自然と眠りを求めるものです。
運動不足を実感している就活生は、就活の合間にジムで汗を流してみるといいかもしれません。

努力をしているのにどうしても眠れないという場合は、睡眠障害の可能性があります。体や精神に深刻な異常をきたす前に、専門家によるアドバイスを求めましょう。
メンタルクリニックや心療内科であれば、必要に応じて睡眠導入剤などを処方してくれるはずです。

 まとめ

眠りが人の精神に与える影響は絶大です。精神を健全に保つことは体の健康にもつながります。
健全な精神と体で就活に臨めば、ボロボロの状態で就活を続けるよりずっといい結果が待っているはずです。
就活の不安感に常に苛まれている就活生に必要なのは、眠る努力なのです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS