就活パレット 就活パレット

選考対策

やめろ、不正行為だ!必ずばれる!webテストの替え玉受験で就活生が負うリスク
選考対策

やめろ、不正行為だ!必ずばれる!webテストの替え玉受験で就活生が負うリスク

LINE Facebook Twitter

webテストは、ネットを通して受験する適性検査の方式の1つで、応募者の学力や能力を簡単にチェックすることができるため、近年選考に取り入れる企業が増えています。外部会場に出向いて受験する場合を除き、企業が指定する期限内であれば、好きな時間に自宅や学校で受験できることから、忙しい就活生にとってもありがたいシステムだと言えます。

しかし、そういったwebテストの特性を利用して、不正を行おうとする人も少なくありません。今回はwebテストの替え玉受験について、一緒に考えていきましょう。

webテストの替え玉受験は可能なのか

替え玉受験とは、本人以外の人が受験者に成り代わって試験を受けることです。テスト会場で受ける試験とは違い、自宅や大学で受験するwebテストでは、試験官の監視の目などはありません。

本人確認のための身分証チェックなどもないため、主催者側には、不正の事実を知る術はありません。結果として、webテストの替え玉受験は可能だと言えます。

 

しかし当然ながら、替え玉受験は倫理に反する行為ですから、可能だとしても絶対にやってはいけません。最近では替え玉受験をサービスとして行っている代行業者まで現れていますが、このようなサービスも決して利用しないようにしましょう。

サービスであるからには料金も発生しますが、安い金額ではありません。また、同じ業者を利用して替え玉受験をした人が1人でも発覚してしまえば、そこから芋づる式に自分の不正が明るみに出ることも容易に想像がつくはずです。

替え玉受験は必ずばれる!訴訟に発展するケースも

残念なことにこうした不正は日常的に行われており、企業側もその事実は把握しています。多くの企業も代行業者の存在ももちろん知っていますが、不正を未然に防ぐ方法がない以上、リスクは承知でwebテストを採用しているのです。

ではなぜ、それでもwebテストを採用する企業が多いのかと言えば、大量の応募者を選別するためには有効な方法であること、webテストの結果はあくまで指標の1つに過ぎないと考えていることが理由として挙げられます。たとえ替え玉がばれずにwebテストを通過できたとしても、次の面接の段階で、その人の人となりは判断できてしまうのです。

また、意外に思われるかもしれませんが、替え玉が発覚するのは、本人の申告による場合がほとんどです。替え玉をやるのは簡単ですが、不正の事実をずっと隠し通すことは、想像以上に難しく、辛いものです。

プレッシャーに耐えかねて友人などにポロリと漏らしてしまった事実が、巡り巡って採用担当者の耳にも届くこともあるようです。内定後に不正の事実が発覚すれば、採用が取り消しとなるのはもちろんのこと、代行業者を利用しての替え玉受験であれば、訴訟に発展するケースも考えられます。

実力で正々堂々と受験しよう!業界別webテストの種類と出題内容

替え玉受験は、リスクの方が圧倒的に高い手段です。たとえ内定後も不正の事実が発覚しなかったとしても、いつばれてしまうかという不安を抱えたままその後を過ごさなければならないことに変わりはありません。合格の自信がないからといって他人の力に頼るのではなく、どうすれば自分の力で合格できるかを考え、努力を積み重ねて不安を自信へと変えていきましょう。

以下にどのwebテストがどの業界で採用されているのか、いくつかご紹介します。対策を考える際の参考にしてみてください。

【1】SPI

国語的な能力を問う言語と、数学的な能力を問う非言語、性格テストの3つに分かれます。全体の制限時間に加えて1問ごとに解答時間が決まっており、解答時間を超えると、自動的に次の問題へと進むのが特徴です。大手企業のほか、メーカー系や銀行系の企業でも多く採用されています。

【2】 玉手箱

言語、非言語、英語、性格テストで構成されています。1問にかけられる時間が極端に短いことが特徴で、非言語の図表読み取りでは1問30秒程度のスピードを求められます。仕事の正確性とスピードが同時に求められる商社や総研、証券会社、投資銀行などで多く採用されています。

また、それらの金融・コンサル系では、GABという総合能力を測るテストが実施される場合もあります。GAB自体は会場での筆記テストですが、GAB形式として玉手箱で部分的に出題されることがあります。

 

【3】CAB

出題は、計算、法則性、命令表、暗号の4つから成り、加えて性格テストが実施される場合もあります。コンピューター的思考を測るのに適したテストとされており、SEやプログラマーを採用したいIT関連の企業などが採用しています。基本は筆記テストですが、Web-CABと呼ばれるweb用のテストもあります。

いかがでしたでしょうか?軽い気持ちで替え玉受験を行うと、たとえ無事に通過できたとしても、結局は後悔することになります。就活の最初の関門となる場合が多いためwebテストに不安を抱えている就活生は多いでしょうが、それは、どの就活生も同じことです。

自分の応募企業がどのような内容・形式でwebテストを行うかを知り、きちんと対策を行って自分で受験をする方がはるかに合格率は高くなりますから、ぜひこちらの記事を参考に、今から対策をはじめていってください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS