就活パレット 就活パレット

就活の悩み

油断大敵!会社説明会から、あなたはもうふるいにかけられている!好印象を持たれるマナーと嫌われる態度
就活の悩み

油断大敵!会社説明会から、あなたはもうふるいにかけられている!好印象を持たれるマナーと嫌われる態度

LINE Facebook Twitter

就活生であれば企業の会社説明会に参加することが多いはずです。この会社説明会、単に企業に関する説明を受ける場として認識していませんか?確かに会社説明会は企業に関する知識を深め、疑問点をあらかじめ解消しておくための大変貴重な場です。
しかし、企業側はなにも就活生のためだけに会社説明会を開催しているわけではないのです。就活生は会社説明会でも人知れず評価されており、ふるいにかけられています。
今回は就活生に知っておいて欲しい会社説明会でのマナーや、会社説明会での質問タイムでの注意事項についてご紹介します。

会社説明会は選考の第一ステップ

就活において、就活生は頻繁に企業側と対面することになります。面接がその最たる例ですが、氏名や大学名を伝えて参加する会社説明会においても、就活生は面接と同様に評価されているのです。
就活生は企業側に注目されているということを忘れてはなりません。

そのため、会社説明会でも面接と同様の心構えをしておいて損はありません。
服装や振る舞いも就活生として恥ずかしくないようにしましょう。企業は就活生の情報をしっかり管理しています。
マナーがなっていない就活生はエントリーしても問答無用で不採用となるでしょう。

大げさな話ではなく、会社説明会は選考の第一ステップと言えます。そのことをしっかりと自覚して会社説明会に臨んでください。
気軽な気持ちで参加すると、後で泣きをみることになってしまいます。

具体的な会社説明会時のマナー

会社説明会の心構えがわかったところで、具体的な会社説明会時のマナーについて触れていきましょう。

まずは服装。
原則的に面接時のようなリクルートスタイルが望ましいです。ビジネススーツにリクルートバッグ、男性はネクタイも忘れずに着用しましょう。
最近は会社説明会時の服装を自由とする企業もありますが、企業側に与える印象を考えるとやはりスーツを着ていったほうが無難です。

筆記用具やメモ帳、企業の資料といったものもカバンには忘れずに入れておきましょう。
こうしたものは就活における必須アイテムと言っても過言ではありません。リクルートバッグには常に忍ばせておきたいものです。

会場への到着は案内状に記載されている受付のスタート時間を目指しましょう。
早すぎる到着は逆に受付を困らせてしまいます。特に時間の記載がない場合は説明会開始の5〜10分前を目安です。

受付では、最初のお辞儀を忘れずに。
大学名と氏名をはっきりと述べましょう。書類を受け取った場合は必ずお礼を言いましょう。

また、建物に入る前には上着は脱いでおきましょう。
コートを着ていた場合はしっかりとたたみ片手で抱えます。乱雑なたたみ方はNGです。

着席したら姿勢よく待機です。
足を組んだり、肘を立てたりしないように。スマートフォンを過度に触りすぎるのも、印象がよくありません。

他にも細かなマナーはありますが、特に重要なものを列挙しました。
こうしたマナーは面接でも同様に求められます。まだ身についていない就活生は会社説明会の段階で身につけておきましょう。

質問の例

会社説明会では通常、企業に関する質疑応答の時間が設けられています。
この時間に積極的に質問すると、企業からは「熱意あり」とみなされて企業からの好印象が得られますが、気になるからといって何でも質問してはいけません。
純粋な好奇心からくる質問でも、失礼にあたることがあります。具体的なNG例をご紹介しましょう。

まずは「調べればわかること」。
事前に資料は渡されていますし、インターネットで企業のホームページを見ることもできます。
製品情報や会社の規模、代表の名前といったものは調べればわかりますので、あえて会社説明会で聞く必要はありません。
基本的な企業研究を行っていれば、こうした情報はすでに頭に入っているはずです。会社説明会では、自分で調べてもわからなかったことを質問しましょう。

休日や待遇、福利厚生に関して質問するのも控えましょう。
こうした内容は部署や人によって異なるため、企業側も簡単に答えることができません。自分の保身ばかりを気にしている印象を与えてしまう可能性もあります。

逆に「働く意欲を見せる質問」が出来れば好印象となります。
調べてもわからなかった業務内容や、会社の展望についてはこうした意欲を見せるためにも聞いておきたいところです。
質問の内容とは関係ありませんが、企業から答えをいただいたあとは「ありがとうございました」とお礼の一言を必ず添えましょう。うっかりお礼を忘れてしまうとマナー違反に映りかねません。

まとめ

就活で成功を勝ち取るためには会社説明会といえども「企業の方の目に触れる」という意識を持って臨みましょう。
後の面接で必要になる身だしなみ、入退場といったマナーは会社説明会の内から身に付けておいて損はありません。
質疑応答タイムは企業側に熱意を見せる絶好の機会ですが、気になるからといってNGな質問をしないようにしましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS