就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

自動車部品業界のエンジニアになりたいなら次世代部品を生み出す気持ちをもって行け!
エンジニアになる!

自動車部品業界のエンジニアになりたいなら次世代部品を生み出す気持ちをもって行け!

LINE Facebook Twitter

自動車部品業界のエンジニアを目指しているのに、どうしても自動車メーカーのような志望動機になってしまうと悩む就活生は少なくありません。「車が好き」「車をつくりたい」という理由だけだと、自動車メーカーでも自動車部品業界でも、あまり変わらない内容になってしまいます。大切なのは、自動車部品業界だからこそ、という内容です。ここでは、自動車部品業界でアピールできる志望動機について考えます。

自動車メーカーと自動車部品業界の違い

自動車に関わるエンジニア職の中でも、特に自動車部品業界を志望していることをアピールするには、自動車メーカーと自動車部品業界の違いをしっかりと理解し、自動車部品業界のエンジニアだからこそできること、やりたいことを明確にすることが大切です。

自動車メーカーと自動車部品業界の最も大きな違いは、発注する側と受注する側という点でしょう。簡単に説明すると、自動車メーカーは自動車部品メーカーへ、完成車を作るための部品を発注します。一方、自動車部品メーカーは、自動車メーカーから受注した部品を要望通りに作り、納品します。自動車メーカーは、完成させたい車にどのような部品が必要かを考え、納期やコストを調整していくのに対し、自動車部品メーカーは受注先の自動車メーカーが求める機能や性能を実現させるために、自社の製品や技術を磨いていくことになります。

ものづくりという点で考えると、自動車メーカーは各自動車部品メーカーから集まった部品を仕様書通りに組み立てていくことに加え、自動車部品メーカーが開発した新しい製品や技術を組み合わせてどのように新製品を量産していくかを考えていますし、自動車部品メーカーについては、自動車メーカーが完成車を完成させるための部品を一からつくっていくことと、新しい技術開発を進めていくことで自動車性能の向上を促していく役目も担っています。

DM用画像_(1).jpg

自動車部品業界だからこそ、を考える

自動車部品業界のエンジニアだからこそ、もっと言えば、自動車部品業界のエンジニアにしかできないことをやりたいんだ、という強い思いを、具体的にかつ説得力をもって伝えることができれば、人事担当者の印象も良いものになるはずです。エンジニアという職種ですから、やはりものづくりという点はおさえるべきですね。

自動車部品業界のエンジニアだからこそできるものづくりは、前章で説明したように、完成車をつくり上げるための部品開発・製造です。すでにあるものを組み合わせるのではなく、一から技術を生み出し、刷新して一つのものを作っていきます。開発というとわかりやすいかもしれません。今ある製品を作り続けるのではなく、次の世代にふさわしい製品やシステムを生み出し、車業界に新しい風を吹き込むことができるとも言えるでしょう。自動車部品業界のエンジニアだからこそできる仕事や役目というのは、常に新しい技術や製品、システムを生み出し続けることであり、またそれが次世代の車の製造・完成につながり、世の中にでていくまでの根管を担うことができるということなのです。ゼロに近い状態から何かを生み出し、作るということを希望している人には、とてもやりがいのある仕事と言えます。

 

自動車部品業界のエンジニアで書くべき志望動機

自動車部品業界のエンジニアを目指すにあたり書くべき志望動機は、ただ単に車好き、ものづくり好きをアピールしたものではなく、

・一から生み出したい、作りたい

・自動車の技術を支えたい

・次世代の自動車市場を作り、動かしたい

といった、自動車メーカーとの違いを理解していること、自動車部品業界だからこそ実現できることに取り組みたいこと、自動車が好きがゆえに自動車部品業界で一からものづくりをしたいなどの、自身の興味と知識、目指したいことのバランスがとれた内容です。車が好きだから、車を作りたいからという理由だけでは、自身の興味ばかりでアンバランスになってしまいます。

やはり大切なのは、自動車部品業界のエンジニアとして働くことの具体性と、志望している理由の説得性です。自動車部品業界のエンジニアとして働くことで具体的に何ができるのか、志望するのはどうしてなのか、何をしようとしているのか、どういったところに希望を見出しているのかという自分の中の詳しい動機をきちんと伝えることが望まれます。「自動車部品業界のエンジニアは、新技術を開発していくことで次世代の自動車をうみだす重要な役割を担うことができる。車が好きで、一からものを生み出したいと考えている自身にとって、自動車部品業界のエンジニアは最適の職種であると考えるし、好きな車の新たな可能性を探し続けたい。」というような、自身の興味や希望と職種の特徴、内容を結び付けた志望動機を考えましょう。

メーカーへ就職したい方必見!

大手メーカー20社面接対策資料をプレゼント!

⇒ダウンロードはこちら

LINE Facebook Twitter

TOPICS