就活パレット 就活パレット

就活の悩み

「就活つらい…。」そんなときに必ず必要になるストレス処理能力を養おう。
就活の悩み

「就活つらい…。」そんなときに必ず必要になるストレス処理能力を養おう。

LINE Facebook Twitter

いくら自分にとっての夢である仕事に向かって頑張っているといっても、就活にストレスを感じない人はいないはずです。
やりたいことが特に見つからないうちに時期が来て、やむにやまれず就活をはじめた就活生なら尚更就活がつらいと感じているでしょう。
就活によるストレスで、仕事を始める前に精神がつぶれてしまっては本末転倒です。今回は就活でストレスになりやすいポイントをおさえ、つぶれることなく就活を乗り切ることが出来るマインドをご紹介します。

どんなときに「就活がつらい」と感じるのか

まずは就活においてどんなときにストレスを感じやすいのかを考えてみましょう。言うまでもないことですが、何の障害もなくあっさりと志望企業から内定をもらえれば誰もストレスを感じないはずです。
就活生がストレスを感じるのは、就活がうまくいっていない時です。

例えば、長い間就活を続けているのに全く内定をもらえなければ、そのときのストレスは相当なものでしょう。
周りの就活生がもう内定を獲得しているなら尚更です。
応募する企業ごとに企業研究や書類作成をしなければいけないのもかなりの労力となります。面接で採用担当と会話するのも、回数を重ねれば重ねるほどストレスに感じるはずです。

肩の力を抜いた世間話が出来るならいいですが、面接はある程度の緊張感を持って臨まなければならない場です。

時には圧迫面接で就活生を試すような企業に出くわすこともあるでしょう。
一度や二度であればこうした圧迫面接も耐えられるかもしれませんが、何度も遭遇すると面接そのものが怖くなってしまうかもしれません。

このように就活が長引けば長引くほど、それだけでストレスとなってくるのです。ため込んだストレスはどんどん就活へのモチベーションを奪っていきます。

ストレスを溜めないマインド

就活生は主に上述したようなポイントでストレスを感じています。ストレスを溜めすぎた就活生は最悪の場合、就活自体にくじけ精神的に再起不能となってしまうこともあるのです。
そうならないためには、ストレスを溜めすぎないマインドを作る必要があります。

まず、就活において周りと比べるのはNGです。内定を獲得するには運やタイミングも不可欠。
もちろん、実力で内定を早期に獲得する就活生もいますが、そんな就活生と自分を比べてテンションを落としていてはそれこそ無意味です。
「絶対に見返してやる!」と闘志を燃えたぎらせることができるならいいかもしれませんが、そうでもない限り人と自分の状況を比べるのはやめましょう。
また、「就活なんかで人生は決まらない」と気を楽にする考え方もあります。
就活は人生において非常に大事なタイミングではありますが、就活の結果によって人生が決まってしまうかというとそんなことはありません。
大手に就職してもくじけてしまう人もいますし、逆に中小企業からキャリアアップしていく人もいるでしょう。
就活生はとかく就活を重く考えてしまいがちですが、それによって気持ちがつぶれてしまっては元も子もありません。

ストレスを処理する能力は就職してからも求められる

みなさん就活生にとって、サラリーマンは大変そうに見えますか?それとも自分たち就活生のほうがよっぽど大変だと考えるでしょうか。
本当に就活がつらいと感じている就活生なら、サラリーマンが気楽そうに見えているかもしれませんね。

実際には、就職してからのほうが何倍もつらいと言われています。業務内容や増えていく責任から、ストレスは絶え間なく押し寄せてきます。
気楽そうに見えているサラリーマンも、実はさまざまな重圧に耐えているのです。
彼らはストレスから逃げているわけではなく、ストレスをしっかりとマネジメントする方法を知っているのです。
彼らは趣味やストレスをため込まない考え方を持つことで、ストレスに対処しています。

「ストレスに対処するために何かをする」、これは一見生産的なことではありません。
ストイックな就活生なら、ストレスを感じること自体が甘えと感じる人もいるかもしれません。
しかし、それは間違いです。一番避けなくてはいけない結果は、目標へ向けた行動の頓挫です。
就活生ではあれば、就職活動そのものをやめてしまったり、体を壊したりしてはいけないということです。そして、その目標のためには、時には生産的ではないこともやらなければならないのです。

こうしたストレス解消能力は仕事を始めた後にこそ求められます。自分にとってストレス解消になるのはどういうことなのか見つけておくことは、極めて重要なのです。

まとめ

「就職がつらい…」。

そんな状態ではいい内定がもらえるとは考えづらいものです。最悪の場合就活自体をギブアップしてしまいかねません。
社会人になってからも必要となるストレス処理能力を身に着けるいい機会ですから、一旦就職のことは忘れて、今一度自分にとって何がストレス解消になるのかを考えてみましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS