就活パレット 就活パレット

自己分析

自己分析に行き詰まった時は  面接で効果を発揮する自己分析の質問!
自己分析

自己分析に行き詰まった時は  面接で効果を発揮する自己分析の質問!

LINE Facebook Twitter

自己分析では、自分にまつわる情報を整理する「自己分析の質問」というコーナーがあります。今の自分を形作っているのは、生まれついての属性情報やこれまでの経験値などさまざま。

質問に答えて自己分析を進めるうちに、「この質問に答えることって、どんな意味があるのだろう?」と首をかしげる方もいるかもしれません。では、自己分析の質問は就活にどう役に立つのか?「自己分析の質問」について、深く掘り下げてみましょう。

 

自己分析の質問とは?

自己分析をするうえで、大切なのは自分に関するあらゆる情報を整理することです。自分とはどんな人間で、どんな資質を持ち、何を基準に考えて行動しているのかなど、どの情報を取り出すかでいろいろな「自分」が見えてきます。自己分析の質問では、出身地や在籍する大学の学部、今の大学に入った動機、アルバイトの職歴など、さまざまな属性情報も回答します。

また、学生生活やアルバイト、文化活動などで学んだことや身に付けたスキルなど、面接の時の自己アピールとなるポイントも書き込みます。一つ一つの項目を埋めていくことで、自分という人間がどんな存在なのかの再確認につながります。「そんなこと今さら確かめなくても分かっている」という方もいるかもしれませんが、案外自分の情報に関して分かっていても無頓着になっていたり、そのことがどんな意義を持つのか理解がなかったりするものです。
自己分析の質問に答えることで、自分がどんな人間であるのか振り返ることの意味は、決して小さくないといえます。

 

面接で効果を発揮する自己分析の質問

自己分析の質問は、自分という人間の確認作業という意味ばかりでなく、細かい問題に答えることで、面接の予行練習になるというメリットもあります。誰もが緊張しがちな企業面接では、担当者からいくつもの質問を浴びせられます。その時、的確な言葉でシンプルに伝えるスキルが求められます。

自分で自分のことはよく分かっていても、面接で初めて会う担当者はあなたのことをよく知りません。そのため、詳細に説明しようとするあまり、つい冗長な説明になりがちです。限られた時間の中でたくさんの質問に対し受け答えするには、手短に、かつ分かりやすいのがベストなのは言うまでもありません。

自己分析で質問に答える際も、自分に答えるというより、面接会場で正面に座っている企業の担当者に向かって答えることを心がけると、面接の実践的な訓練にもなります。その他、履歴書やエントリーシートの効果的な作成においても、自己分析の質問は役に立つでしょう。上手な伝え方を意識した回答法を磨くことで、履歴書の改善点も見つかり、ブラッシュアップにも効果的です。

 

自分を表現するツールとしての質問

これまでの説明で分かったことは、自己分析の質問とは、「自分を分かりやすく表現し、相手に伝えるためのツール」ということでしょう。自分自身を表現し、それを再確認する作業であると同時に、面接官に自分という人間を分かりやすく伝えるための予行練習としての意味合いも持ちます。

また、強調したいスキルや特徴を自分の中でまとめる作業にも便利です。例えば、「数学が得意で将来はシステム系の会社で働きたいと思っている」という属性を持った就活生がいるとしましょう。自己分析では、「志望動機は何ですか」「エンジニアで求められるスキルは何だと思いますか」「この仕事で何をなし得たいと思っていますか」「システム開発で一番大切なことは何ですか」といった質問が重要になってくるでしょう。

それに対して、スキルや自分のやりたいことが明確に伝わるような回答が望まれます。また、アルバイト経験やサークル活動などの体験を通して学んだことや発見したことでもいいでしょう。技術職でも、協調性やコミュニケーション能力、チームワークを尊重する精神なども必要なケースがあります。それらの要素が自分にもあることが分かれば、新たな強みの発見にもなり、自信にもつながるでしょう。

 

まとめ

「己を知れば百戦危うからず」ということわざがあります。自分についての情報をまとめ上げるだけで、自己を深く掘り下げ、追求することにつながります。自己分析の質問の意味に悩んだら、「自分という人間を再確認する」作業と理解しましょう。

また、「面接で担当者に分かりやすく自分のことを伝える」練習という要素も見逃せません。つまり、自己分析の質問に一つ一つ答えることはそれなりに大切な意味があり、決して無駄なことではないのです。この作業が明日の力となり、面接の場においても十分役に立つことを踏まえ、自己分析に取り組むようにしてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS