就活パレット 就活パレット

自己分析

就活で好かれるパーマって? 自分の身だしなみを整える
自己分析

就活で好かれるパーマって? 自分の身だしなみを整える

LINE Facebook Twitter

自由に髪形を楽しんできた学生生活も残すところわずかとなり、就職活動が始まりました。
社会人から見た印象で面接の合否が決まる就活では、学生の価値観のまま参加しても、内定が遠のくばかりです……。
就職活動を始めたら、これまでの自分の身だしなみを一度見直して、社会人から見ても恥ずかしくないように整えておきましょう。

就活中の髪形に“パーマ”はアリなのでしょうか? 学生時代にずっとパーマをかけて過ごしてきた方は、「これがないと自分らしさが出せない!」と感じるかもしれませんね。
そんな迷える学生さんのために、今回は就活中のパーマの是非についてお伝えします。

 

パーマの是非は、清潔感を軸に決めよう!

就職活動中の髪形は、清潔感のある見た目が第一です。髪色が黒っぽく、派手にならないようにするのは基本ですが、それ以外の要素は“清潔感”を軸に決めるのがいいでしょう。
したがって、「就活中にパーマをかけていいのかどうか」の答えは、その人の見た目の印象によって変わる、と考えます。

たとえば、学生時代からずっとパーマをかけていて、その方が見た目の印象が良くなるといった場合であれば、就活中でもパーマをかけて差し支えないでしょう。
それと同様に、髪の毛がぺたっとしてしまうような髪質の方は、自然なパーマをかけるといった工夫をした方が、顔が明るくなりイメージアップできるかもしれません。
もしも自分で考えても分からないのであれば、髪形を変える前に周囲の人やキャリアセンターの職員さん(の方)などに、相談してみてもいいかもしれませんね。

 

パーマをかけるメリット・デメリット

一般的に言って、就活中にパーマをかけるメリットをもっとも感じられるのは、アパレルなどのファッションセンスをアピールできる業界でしょう。
また、自由な社風の企業においても、プラスの評価をもらえる可能性があります。自分に似合っている髪形で個性を表現すれば、高い評価がもらえるかもしれません。

アパレル業界以外においても、パーマをかけるメリットはあります。まず、パーマをかけていると、髪の毛をセットする手間が省けます。
着慣れないリクルートスーツに合わせて身だしなみを整えるのには、いつもよりも時間がかかってしまいますよね。そんな時も、寝起きの髪の毛をすぐにセットできたら便利です。

逆に、パーマをかけるデメリットとしては、面接官からだらしなく見られる可能性があることでしょう。
清潔感のないパーマは、人にだらしない印象を与えます。パーマをかけて以前よりも印象が悪くなるようなら、髪形は変えずにおくのが無難ですね。
また、パーマで髪の毛にダメージが蓄積されるのも、デメリットのひとつです。傷んだ髪は広がりやすく、明るくパサついた見た目になります。
このように傷んだ髪は、きちんと自己管理ができていないような印象になってしまいます。パーマは不用意にかけずに、かけた時はきちんと髪の毛のお手入れをしておきましょう。

 

就活中にNGなパーマは?

一口にパーマといっても、かっちりとしたものから“ゆるふわ”なもの、あるいはストレートパーマまで、様々なレパートリーがあります。
こういったパーマの中でも、特に就活中にNGなものは、「だらしなく見えるゆるふわパーマ」や「べたっとして清潔感のないストレートパーマ」でしょう。

最近は、無造作に見えるゆるいパーマが流行っています。しかし、就活中のゆるふわはあまり好まれません。
せっかくリクルートスーツでピシッと決めていても、まとまりのない髪形で台無しになってしまうかもしれませんね。
よっぽどの理由でもない限りは、長い髪にゆるふわパーマという組み合わせは控えた方がいいでしょう。
また、髪の毛の収まりを良くしようとして、キツ目にストレートパーマをかけるのも注意が必要です。
ストレートパーマのかかり方や髪の傷み具合によっては、見た目が不潔な印象になる可能性があります。

 

まとめ

就活中のパーマは、面接官に良い印象を与えられる自信がないなら、控えておきましょう。
志望する企業によっては、パーマによって個性的な雰囲気を作ることで、好印象となるケースもあります。
このとき、“見た目に清潔感があるかどうか”を軸にしてください。自分に似合っていて、かつ目指す会社で良い印象を得られる場合に限っては、就活中でもパーマはアリだと言えます。
自分がどう見えるのか分からなかったら周りの人に相談するのもひとつの手段です。印象を上手に作って、志望する企業から内定をゲットしてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS