就活パレット 就活パレット

就活の悩み

就活において PCの恩恵は絶大! 
就活の悩み

就活において PCの恩恵は絶大! 

LINE Facebook Twitter

みなさんは就活においてパソコンを活用していますか?今やパソコンの普及率はかなり高くなりましたが、就活生の中にはスマホで満足しており、パソコンには必要性を感じていない人もいるかもしれません。
そんな就活生にこそ、あえて言わせていただきます。
個人のパソコンを今すぐ用意しましょう。就活において、パソコンを持っていることから得られる恩恵は絶大です。今回は就活においてパソコンが役立ってくる具体的な場面をご紹介します。

 

メールはやっぱりパソコンでしょ!

面接のアポ取りをはじめとして就活生は頻繁にメールでのやり取りをしなければなりません。
学内のパソコンやインターネットカフェなどでこうしたメール作成、送信を行っている就活生も多いでしょう。
自分のパソコンを持っていなくても十分対応できていると感じているかもしれませんが、このメールの作成、送受信こそパソコンの有無が就活に大きく影響してくる場面なのです。

企業とのメールのやり取りに求められるのはスピード感です。届いたメールにいかに迅速に対応できるかで、企業側に与える印象は大きく変わってきます。
連絡が来たらすぐに返信を行いたいところですが、個人のパソコンを持っていないとそうはいきません。
パソコンを持っている就活生とは、面接前の時点で差をつけられてしまうことになります。

タブレットを使うという手もありますが、やはり文書作成においてはパソコンに軍配があがります。キーボードによる文字入力のしやすさは何にも代えがたいものなのです。
タッチタイピングが出来ればさらに快適になりますので、身に着けていない人は就活を機に出来るようにしておくといいでしょう。
署名欄をテンプレートとして登録しメールに張り付けるといったとこもパソコンなら楽々です。
セルラーのタブレットとパソコンを場面に応じてシームレスに使い分けるという方法なら、タブレットの持ち運びやすさも活かすことができますね。

 

ファイル添付のしやすさ

企業に送るメールには、なんらかの必要書類を添付することがあります。インターネットカフェのパソコンを利用してこうしたファイルを用意している就活生も多いかもしれません。
個人所有のパソコンがあれば、こうした対応はさらに楽になります。

必要書類のファイル形式は企業側からあらかじめ指定されていることが多いものです。
作成した書類は添付前に指定形式へと変換することになりますが、インターネットカフェや学内のパソコンが変換に必要なソフトをインストールしているとは限りません。
また、こうしたソフトは何回も使うことになるので、違うパソコンを使ったときに再度インストールするのは大変な手間になります。
やはり、使い勝手のいい自分のパソコンで作業をしたいところです。

また、書類作成からファイル送信までを一つのパソコンで行うことができるのも、自前パソコンの利点でしょう。
完成まで時間がかかる書類を自分以外のパソコンで作成するときは、USBメモリなどに保存して持ち運ぶことになりますが、いちいちこうした外部ストレージを持ち歩くのも面倒ですよね。
自前のパソコンであれば、任意のディレクトリにファイルを保存しておき、編集、添付送信を行えばいいだけです。

 

WEBテストも快適に

企業側からSPI、CABといったWEBテストの受験を求められる時があります。受験会場を指定される場合もありますが、好きな場所での受験が許されている場合もあります。
集中力の求められる試験であれば、リラックスできる場所で受験したほうが結果はよくなるでしょう。

個人のパソコンを持っていれば規定が許す限り好きな場所で試験を受けることが出来ます。人間は多少の雑音があったほうが集中力を上げられることもあるので、カフェなので受験してみるのも手ですね。
もちろん、自宅でくつろぎながら試験を受けてもいいでしょう。いずれにせよ、試験会場で受験するより本来の力が出せるはずです。

大手であれば相当数の就活生から応募が殺到します。就活生への第一関門としてWEBテストを行う企業はかなり増えているのです。試験会場を自分で選べるアドバンテージを利用するためにも、自分で自由に使えるパソコンを用意しておいたほうがいいでしょう。

 

まとめ

パソコンが就活にもたらすメリットがいかに大きいかが分かっていただけたかと思います。パソコンを持っていると企業への対応力が格段に上がるのです。
パソコンを持っていない就活生に対して憂慮してくれる企業もありますが、昨今の就活生はパソコンを持っていることを前提としている企業がほとんどであるはずです。
また、就職してからほとんどの業種である程度のPCリテラシーは必要になりますので、そのためにも自前のパソコンを用意して慣れ親しんでおきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS