就活パレット 就活パレット

業界研究

大手自動車業界 内定をもらえる志望動機の共通点とは 
業界研究

大手自動車業界 内定をもらえる志望動機の共通点とは 

LINE Facebook Twitter

就職活動をしていくなかで、業界の大手企業を目指す就活生はとても多いと思います。知名度やブランド力の強さに憧れを抱いている人は少なくないでしょう。しかし、大手企業は就活生の大多数が目指しているところですから、入社するには厳しい競争を勝ち抜かなくてはいけません。志望動機に関しても、平凡でありきたりな内容では書類選考通過は難しく、何かで他の就活生と差をつける必要があります。今回は、大手自動車業界に入社した先輩達の志望理由を参考に、志望動機の内容をより濃くするために何が必要かを考えていきましょう。

 

先輩たちの志望理由を見てみよう

大手自動車業界に入社した先輩が、実際にどのような志望理由をエントリーシートに書いたのか、2つの例をみていきましょう。

・トヨタ自動車

“私は大きなモノを創りたいとずっと希望してきました。車は大きなモノでありながら自由に操ることができ、そこに楽しさ・魅力を感じます。この感覚を世界中の人々に届けたいと考えて自動車業界を志望します。その中で徹底してムダをなくすという御社の考え方は、私の夢・目標に通じるところがあり非常に共感いたしました。私は生産技術の基礎を研究しており、その知識をトヨタ生産方式の中で活かしたいと考え、御社を志望します。”

・日産自動車

“「見る人、乗る人の心を刺激する自動車」を作る仕事に携わりたいです。その中でも私は生産技術の分野で活躍したいと考えています。私は御社の自動車のボディーの絶妙な曲線美が魅力的で、実際に生産の現場で魅力的な曲線美を持つ車体を実現することにやりがいと魅力を感じます。また、自動車生産の現場で様々な経験を積むことで成長し、「高品質」、「低コスト」、「省エネルギー」を追求した世界一の生産設備を実現したいです。そして、誰もが憧れるような自動車をより多くの人々に乗ってもらえる環境を作り、自動車を通して人の心を満たし、世界中の充実した生活に貢献する仕事がしたいと考えています。”

出典:内定者の志望動機 2011卒(みんなの就職活動日記)

http://www.nikki.ne.jp

 

自身が今考えている志望動機と比べて、内容の具体性や説得力はどうでしょうか。こちらの2つの志望動機は、ただ単に「車が好き」「ものづくりがしたい」にとどまっていないことが、よくわかると思います。

 

内定をもらえる志望動機の共通点とは

さて、例にあげた2つの志望動機の共通点とは何でしょうか。共通点をみつけることで、内定に必要となる志望動機の要素を考えていきましょう。

・企業方針や理念に共感している

「トヨタ生産方式」や「見る人、乗る人の心を刺激する自動車(2011年時点)」といった、その企業における独自の考えを理解していることがわかる内容がしっかりと書かれており、企業の考えに共感し実現を目指したいというような、自分自身の考えを企業方針にすり合わせた内容も書かれています。企業の人事担当者は、自社の方針や特徴を理解しているか、きちんと下調べをしているかをこの部分でみています。

・業界と企業、それぞれの志望動機がある

どちらの志望動機も、まずは自動車業界を志望する理由を述べ、次に、自動車業界の中でもこの企業を志望するという流れで構成されています。自身がどうして自動車業界を志望しているのか、大きな枠組みの中で理由を伝え、そのあとにさらに詳細としてその企業を志望した理由を述べることで、より具体的に、その企業のどの部分に共感し、どういったことをやりたいのかが明確になってきます。

・企業で何がしたいのか具体的に書かれている

ものづくりがしたい、生産技術の分野で活躍したいといった、「~がしたい」という主張でも、「トヨタ生産方式の中で生かしたい」「生産の現場で魅力的な曲線美を持つ車体を実現すること」というような、企業がもつ技術や製品の特徴にそった希望が書かれています。企業は、“自社で何がしたいのか”という具体的な動機を求めていますから、その企業の特徴に合わせた、その企業でしか成しえないような「したいこと」をアピールすることが大切です。

 

先輩たちの志望動機からみえてくること

大手自動車業界に入社した先輩達の志望動機をみて、ひとつ気づいたことはありませんか?例にあげた志望動機は、どちらも大手自動車メーカーの志望動機ですが、「大手だから」という理由はひとつもありませんでした。「大手だから○○ができると思った」「大手だから安心して○○できる」というような、「その企業が大手だから自分も○○ができると思っている」という内容は書かれていないのです。極端なところ、大手でなくても、どんな企業でも通用する志望動機だと言えます。

ここからみえてくることは、“自分がこの企業で何がしたいか”を強くアピールしているということです。大手だからではなく、この企業だから自分はこうしたい、この企業でこれを実現したいといった、企業の中にあるものを生かしていこうという意志がみてとれます。大手自動車業界を目指すにあたり大切なことは、その企業が大手であるという事実ではなく、自分がそこで何をしたいか、何ができるかという主体性の部分なのです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS