就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活準備】ここで差がつく「プレエントリー」と「本エントリー」の違い
就活の悩み

【就活準備】ここで差がつく「プレエントリー」と「本エントリー」の違い

LINE Facebook Twitter

就活生であれば「プレエントリー」という言葉を耳にしたことがあると思います。
選考への応募と同義というイメージを抱いている就活生がほとんどでしょうが、同時に耳にする「本エントリー」との違いはなんなのでしょうか。
実際に就活をはじめてからこうした知識をつけているようでは、他の就活生に大きな差を付けられてしまうかもしれません。
今回は「プレエントリー」と「本エントリー」の違い、そして就活生に知っておいてほしいプレエントリーに関する知識についてご紹介します。

 

「プレエントリー」と「本エントリー」

まずは就活生でも意外と知らない「プレエントリー」と「本エントリー」の違いについてはっきりさせておきましょう。
「プレエントリー」とは企業に興味があることをアピールするようなイメージです。募集要項といった資料はプレエントリーすると届いてきます。
一方、「本エントリー」はプレエントリーして得た情報をもとにした正式な応募ということになります。

プレエントリーは単なる資料請求的な意味合いが強いので、少しでも興味があればいくらでもプレエントリーしていったほうが吉と言えます。
一般的にはプレエントリーした企業の中から本エントリーをする企業を選ぶことになりますので、プレエントリー数>本エントリー数になります。
本エントリーの選択肢を増やしていくためにも、遠慮することなくどんどんプレエントリーしていきましょう。

 

プレエントリーするメリット

プレエントリー数を増やせば、本エントリーにおける選択肢が広がるのは上述したとおりですが、プレエントリーのメリットはそれだけではありません。
就活生にとって、プレエントリーを行わない選択肢はない、と言っても過言ではないほど有益なものなのです。
具体的なプレエントリーのメリットについて触れてみましょう。

プレエントリーのメリットとしてまず挙げられるのは「ノーリスク」という点でしょう。
ご存知の通り本エントリーは「正式に選考に進みたい」という意思表示ですから、その後の辞退はNGとなります。
しかし、プレエントリーは基本的に興味があることのアピールでしかないので、後から辞退しても問題ありません。
企業の情報が得られる会社説明会への案内や、採用にそのまま繋がりうるリクルーター面接への招待が届いたりもしますが、それらを終えたところで本エントリーへの義務が発生するわけではないのです。
プレエントリーがリスクなく企業情報を得られる方法だということがお分かりいただけたかと思います。

プレエントリーの際はアンケートの記入を求められることがほとんどです。このアンケートは就活を行う上で必要になるエントリーシートのようなものです。
プレエントリーのアンケート結果が選考結果に影響を与えることはありませんが、真剣に取り組んでおけば後々のエントリーシートに役立ってくるはずです。
こうした就活に必要な心構えをノーリスクで育むことができるのもプレエントリーすることのメリットと言えるでしょう。

 

プレエントリーも本エントリーも早めが肝心

就活解禁と同時に、就活課は積極的なプレエントリーを奨励してきます。
しかし、先に述べたようなメリットがあるのにも関わらず、アンケートの手間を嫌い、なかなかプレエントリーに踏み切らない就活生も多いのです。
しかしプレエントリーは早めが肝心。プレエントリー遅れれば、本エントリーも同様に遅れることになってしまいます。

大手企業はエントリーシートの締め切りを1次、2次、3次と複数回設けています。多くの就活生は1次の締め切りには狙いを定めていません。
初めて取り組んだエントリーシートの作成に時間がかかる、もしくは時間をかけてエントリーシートをよりよいものにしたいといったことが理由です。
応募してくる就活生の母数が多いほど競争が激しくなってしまうのも事実。本来であれば早い段階でエントリーしてしまったほうが有利なのです。

そのため、就活が解禁されてからプレエントリーする企業を考えているようでは少し遅いかもしれません。就活解禁の段階では、ある程度志望企業が絞れているのが理想です。
もしまだ検討したい場合でも、辞退しても問題ないというプレエントリーの気軽さを考えれば、プレエントリーしながら業界や企業を知っていくという方法もアリです。
いずれにせよ、プレエントリーを先延ばしにするのは百害あって一利なしなのです。

 

まとめ

おぼろげだった「プレエントリー」という言葉の意味がお分かりいただけたかと思います。就活生にとっては早めにプレエントリーしていくことが重要になります。
少しでも興味がある企業はどんどんプレエントリーして、就活をスピーディーに進めていきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS