就活パレット 就活パレット

就活の悩み

就活の締めくくり!内定辞退の誠実さが未来にも影響を与える!  
就活の悩み

就活の締めくくり!内定辞退の誠実さが未来にも影響を与える!  

LINE Facebook Twitter

就活生は複数他社に対して同時にアプローチしていかなければなりませんが、いくらいい会社に沢山出会い内定をいただいたとしても、最終的に入社できるのは1社だけです。
働きたい会社から内定をもらって入社を決めたのであれば、他の会社へは内定辞退の旨を伝える必要があります。
内定という就活のゴールを達成した後ではあるものの、この「内定辞退」は就活生にとって大きなプレッシャーとなるものです。
気持ちよく就活を終えるためにも、最後の一仕事である「内定辞退」のポイントをしっかりとおさえておきましょう。

 

内定辞退は仕方ない!

 

就活生が内定辞退する理由はさまざまです。その最もたるものが「他社への入社」でしょう。
面接などで時間を割いていただいた上に他社への就職を理由に内定辞退をするとあれば、就活生が後ろめたさを感じてしまうのも無理からぬ話です。

しかし、就活においても出会いと別れがあるもの。企業側としても自らが選ばれる立場であることは認識しています。
内定辞退の連絡が来る可能性は企業側も覚悟しているのです。
就活生が未来のために内定を辞退する決断をしたとして、それは責められることではありません。
企業によって選ばれるのではなく、企業を選ばなくては就活生にとって最終的にいい就職活動とは言えないのです。

したがって、内定辞退という決断は就職活動にとって避けられない、仕方のないことです。そう割り切ることで、過度にストレスをため込まないようにしましょう。
問題は内定辞退の伝え方です。誠実に伝えさえすれば、何も恥ずかしいことではありません。

 

内定辞退のカギは「誠実さ」

 

上述した通り内定辞退そのものはよくあることであり、いけないことではありません。
内定辞退において重要となるのはなにより「誠実さ」です。決して難しいことではありませんので、誠実な内定辞退の方法についておさらいしておきましょう。

まずは連絡方法です。
社会人のマナーとして、一般的にはメールよりも電話で物事を伝えるのが誠実とされています。内定辞退を連絡する際もこのビジネスマナーにならいましょう。

また、無用なトラブルを避けるためにも迅速に連絡するよう注意しなければなりません。
一旦内定を出せば、企業は就活生の採用後の研修に向けた準備を進めます。内定辞退は仕方のないこととはいえ、早めに連絡すれば、企業側はこうした不要な準備をしなくてすむわけです。
承諾書を出す前、内定式前、入社の2週間前が期限の目安と考えましょう。入社してからの内定辞退などもってのほかです。
企業にとっては大迷惑となるだけではなく、「退社」の扱いになってしまいます。

電話口で内定辞退の理由を話すときは、伝えづらくても正直な理由を述べましょう。はっきりと理由を言わないのは逆に不誠実ととらえられてしまいます。
「他社から内定をいただき、よく検討しましたが内定辞退という結論にいたりました」と率直な理由を述べれば、企業から責められることはないはずです。
まれに、突っ込んだ理由を聞いてくる企業もありますが、そんなときもオドオドせず毅然として受け答えしましょう。

 

不誠実な連絡が招く結果とは…?

 

いずれ社会人に立場の人間としてやってはいけないことですが、まれに不誠実な対応で内定を辞退してしまう就活生もいます。
こうした対応は企業側へ最悪の印象を与えてしまうだけではなく、入社してからの未来にまで悪影響を及ぼしかねません。
内定辞退の対応として悪い例をご紹介しましょう。

内定辞退の方法として最悪なのが、「連絡なし」です。
もはや内定辞退とさえ言えないこの行動は企業にとって大迷惑となるだけでなく、何かトラブルに巻き込まれたのかなど余計な心配を会社の方にさせてしまいます。
連絡が取れない以上、企業側としては内定取り消しにするしかないのは事実ですが、最低限内定辞退する意思は伝えるようにしましょう。

連絡の際、嘘をつくのもよくありません。企業と就活生とはいえ、一度は信頼関係を築いた仲です。
いったん嘘を付いてしまえば、その信頼関係を反故にすることになります。
いかなる理由であれ、正直に、誠実に伝えましょう。

内定辞退した企業であっても、将来は顧客やビジネスパートナーとなる可能性があります。
誠実な対応で内定を辞退し、お互いにスッキリしていれば、問題なく共に仕事を出来るはずです。
逆に不誠実な対応で最悪な印象を残してしまえば、仕事において良好な関係を築いていくのは難しいでしょう。

 まとめ

 

内定辞退は確かに骨が折れます。しかし、就職活動を気持ちよく締めくくりたければ、企業には誠実に内定辞退する意思を伝えましょう。
それはビジネスパーソンとなってからも必要となる最低限の礼儀です。
あなたが内定を辞退したその企業は、将来のクライアントやビジネスパートナーとなり得ます。
内定辞退の誠実さが未来にも影響を与えることを忘れないようにしましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS