就活パレット 就活パレット

選考対策

webテストの特徴を知っておこう!
選考対策

webテストの特徴を知っておこう!

LINE Facebook Twitter

webテストとは、就活で行われる適性検査の形式の1つです。紙媒体での筆記試験とは異なり、自宅や大学のパソコン、または、「テストセンター」と呼ばれる会場のパソコンを利用して行われます。

近年、筆記試験に代わって多くの企業で取り入れられており、ほとんどの就活生が一度は経験することになるでしょう。そこで今回は、就活で行われるwebテストとはどのようなものなのか、受験のタイミングや対策のポイントなどをご紹介していきます。

 

webテストが実施されるタイミング

webテストが選考のどのタイミングで実施されるかは企業によってさまざまですが、エントリーシートの提出後、企業側から受験を求められるケースが一般的です。そのため、エントリーする企業の数が多ければ多いほど、受験の機会も増えると考えられます。

また、企業によっては、選考の中にwebテストを複数回取り入れている場合もあります。webテストには、SPIや玉手箱、Web-CAB、TG-WEBといったさまざまな種類があります。

これらを例えば、エントリー時の1回目のwebテストに玉手箱を実施し、選考が進んで1次面接を終えたあたりに2回目のwebテストでSPIを実施する、といったように、選考の段階によってwebテストを使い分けるのです。2回目のwebテストには、学力や能力をより正確に測るなどの目的があります。

 

いずれの場合も、選考の初期段階で実施されるwebテストは、応募があったたくさんの就活生の中から、「自社に適した能力や性格を有する人材」を選別するためのツールとして使われます。

つまり、ここを通過しなければ面接やグループディスカッションなど、選考の次の段階に進むことができないため、就活生にとってwebテストは、内定までの最初の難関と言えるかもしれません。

 

webテストの特徴

「筆記試験対策でSPIは万全だから、webテストも大丈夫!」と考えている就活生も多いでしょうが、SPIのほか、先にご紹介した「玉手箱」「Web-CAB」「TG-WEB」なども、実施企業が多い種類です。

そして、webテストはその種類によって、問題の内容や形式がまったく違ったものになります。そのため、応募企業が実施するwebテストに合った対策を行っていく必要があります。

 

また、意外と盲点なのは、パソコン画面を通して問題を解く方法は、筆記具を使う方法とは感覚が異なるため、日頃からパソコン操作に慣れている人でも戸惑うことがあるという点です。

例えば、長文読解問題などでは、webテストの場合、文章に直接アンダーラインやしるしなどを書き込むことができません。文章に書き込みを入れて読み下すことに慣れている人にとっては思わぬタイムロスとなり得ますが、制限時間がタイトに設定されているwebテストにおいて、このような些細なことに自分のペースが乱されるのは命取りです。

普段からパソコン操作に慣れておくことはもちろんですが、問題の表示のされ方や回答方法なども、事前に調べておく必要があります。

 

webテスト対策のポイント

webテストの対策で最も重要なことは、応募企業がどの種類で実施するかを把握し、その種類の問題内容や出題形式に慣れておくことです。書籍や、応募企業のwebテストを受験したことがある先輩などから情報収集し、自分の応募企業がどの種類のwebテストを実施しているのか、事前にリサーチしておきましょう。

webテストの種類が分かれば、試験内容に合った対策本を購入し、苦手部分を重点的に、何度も繰り返し問題を解くことが基本になります。また、web上での出題形式や問題の解き方に慣れておくことも必要です。無料のパソコンツールなどを活用して、より実際に近いかたちの模擬受験をやってみましょう。

 

実際に試験に臨むときは、「落ち着いて、自分のペースで」が基本です。自宅で受験する場合は、筆記具、メモ帳、時計、電卓など必要なものをあらかじめそろえておき、データを送信するときにあわてなくてもいいように、ネット回線が安定しているか、などを確認しておきましょう。

テストセンターなどの外部会場で受験する際は、他の受験生と自分が同じ内容の問題を解いているとは限らないことを知っていてください。他の受験生が早く終わっているようでも焦らず、時計を確認しながら、自分で設定した時間配分に沿って確実に問題を解いていってください。

 

いかがでしたでしょうか?テストセンターで受けるwebテストの場合、一度テストを受けておけば、別の企業からwebテストの受験を求められた場合に点数を使いまわすことができます。

そのため、本命の企業と同じ種類のwebテストを行っている企業にエントリーし、早めに高い得点を出しておくという方法も、対策としては有効です。webテストという1つの難関をクリアしておけば、その後の就活にも余裕を持って臨めるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS