就活パレット 就活パレット

就活の悩み

学歴フィルター、そこに隠されている企業の求める人物像を見抜け!
就活の悩み

学歴フィルター、そこに隠されている企業の求める人物像を見抜け!

LINE Facebook Twitter

就職活動中、「学歴フィルター」という言葉をよく耳にするかもしれません。学歴フィルターとは、企業が採用活動に際して、就活生を出身大学によってランク分けしたり、合否の判断材料として使ったりすることです。

就職希望者の多い人気企業では、膨大な量のエントリーシートのすべてに目を通すことは不可能です。そこで、書類選考の時点で、大学のランクによって足切りラインを設定しているという話は良く耳にします。また、面接の冒頭で、「大学名と学部、簡単な自己アピールを」と求められ、一般私立大学の名前を告げただけで、面接官が手に持っていたペンを置いてしまったなんてことも、よくある話です。

しかし、これは文系大学に限った話ではありません。就職に比較的有利とされている理系の大学でも、学歴フィルターは例外ではないのです。

 

理系の学歴フィルターは大学名だけではない!

一般的に東京大学や、京都大学などのトップランク校を頂点に、地方の国公立大、早慶ランク(早稲田大学、慶応大学)、関関同立ランク(関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学)、MARCHランク(明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)辺りまでが有力とされています。

しかし実は、学歴フィルターの“厚み”や“目の細かさ”は企業によってさまざまです。「院卒か、学部卒か」「その分野で強い学部・学科かどうか」「評価の高い・実績のある研究室の有無」などのフィルターを通して見られている場合もあるのです。

さらに、近年では高校名も対象としている企業があります。これは、有名私立大学の場合、付属高校から内部進学した学生と、一般入試で入学した学生では学力が違うからです。また、大学受験というハードルを越えるために、計画的に継続して努力したことを評価していることもあります。

研究系の職種を希望している場合には、研究内容や研究設備といった観点から、特にこうした学歴フィルターがあることを意識しておきましょう。一方で、実績のある学部、特殊な分野の研究をしている学部などの場合は、トップランクの大学でなくても評価が高いケースがあるのは理系学部の強みでもあります。

 

なぜ学歴フィルターがなくならないのか

学歴フィルターを設定した採用活動は、かなり古くから行われており、今に始まったことではありません。

企業は経済活動により、利益を出していかなければなりません。人事課や採用担当者は、新卒採用だけが仕事ではなく、人数や時間にも限りがあります。人気業種や大手企業の場合、多くの学生が就職を希望し応募が殺到します。企業は、その中から効率良く有能な人材を確保するために、ある程度の学力と大学の実績、卒業生などからの情報をもとに判断基準を設定し、採用活動を進めていくことになります。これが学歴フィルターとなるのです。

これは大手に限ったことではありません。中小企業の場合には、より即戦力を求めているうえ、各分野で活躍する同窓生が多い大学の卒業生であれば、その人的パイプラインを期待しているケースもあるのです。

近年、人材不足が問題化しつつあり、就活は学生有利の売り手市場と言われています。しかし、企業としてはただ単に、頭数がそろっていれば良いわけではありません。適材適所に人を配置し、効率良く成果を上げるのが理想です。そこで、実績のある大学に入るために努力をした点、その大学を卒業できるという点をまず評価しているのです。

 

学歴フィルターから「企業が欲しい人物像」を読み解くには

職種によって採用されやすい性別がありますよね。例えば、土木工事の現場では男性の方が採用されやすく、一般事務職や保育士などは女性の方が採用されやすいといった傾向です。

こうした職種の場合、当然、応募する方もそうしたことを踏まえて履歴書を工夫したり、面接での内容を考えたりと準備して臨みます。

就活でも同じです。希望する企業が毎年どんな学歴の人を採用しているのか、今力を入れている分野はどこなのか。こうした点に注目してOB・OG訪問をしたり、企業研究、業界研究をしたりすることで、ある程度企業の求めている人物像が見えてくることがあります。

また、企業が強化したい職種によって学歴フィルターの基準が変わることもあります。研究職ではなく、開発職にフレッシュな人材が欲しい場合、基礎研究が得意な院卒よりも、研究しつつもサークル活動やアルバイトなどを経験している学部卒生方が、有利な場合もあるのです。

つまり、必ずしもみんな同じ評価基準ではないのです。基礎研究力なのか、地道な継続力なのか、またはコミュニケーション能力なのか、企業によってそれぞれ違います。そうした学歴フィルターの裏設定を見つけることができれば、エントリーシートの書き方や面接での受け答えの準備もできますし、自信を持って就活に取り組めるのです。

学歴フィルターは公表されているものではありませんので、本当にあるのかどうか判明しないケースがほとんどです。しかし、希望する企業が学歴フィルターを設定していたら、それを変えることも自分の大学を変えることもできません。だからこそ、事前の企業研究、OB・OG訪問、インターネットでの情報収集などがポイントになってくるのです。

同時に、自己分析をしておくことも重要です。企業の求める人物像と自分のどんな点が合うのかを、事前に把握しておくことができれば、より的確にアピールすることができるからです。

学歴フィルターがあるからと言ってあきらめる必要はありません。むしろ、その企業がどんな考えを持った企業体なのかを知ることのできる判断材料になるのです。

LINE Facebook Twitter

TOPICS