就活パレット 就活パレット

自己分析

エンジニアで「人柄」をアピールするメリット 
自己分析

エンジニアで「人柄」をアピールするメリット 

LINE Facebook Twitter

意味はアリ?ナシ?エンジニア志望就活生の人柄アピール

就活生の中には、システム系の会社を志望している方も多いでしょう。その中には、プログラミングの勉強が必要になるのはわかっているけど、エンジニアとして必要となる「人柄」っていったい何なのだろう?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

確かにエンジニアのような技術職の場合、就活で人柄をアピールする意味はわかりづらいですよね。しかし、たとえエンジニアであっても強みとなる人柄はあるのです。今回はエンジニア志望の学生が就活で人柄をアピールする意味について検証してみたいと思います。

 

エンジニアに求められるのはスキルだけじゃない?

エンジニアというとどんな人物像を思い浮かべるでしょうか。与えられた仕事を黙々とこなすようなイメージを持っている方が多いかもしれません。エンジニア志望の理系就活生の多くがプログラミングの勉強に時間を費やしているのもうなずける話です。もちろんエンジニアという仕事を志望する以上これは間違ったことではありません。

しかし、たとえプログラミング未経験でも採用されるという現実を考えると、採用において重視されるのはプログラミングのスキルだけではないことがわかります。エンジニアであっても他の職種と同様にチームで業務にあたることになります。上司から好かれる新人もいれば、嫌われる新人もいるのです。

採用は最終的には「その人と働きたいかどうか」で決まります。企業が求める人物像にピッタリと合致するなら、エンジニア志望でも就活において人柄をアピールするメリットはあるのです。

 

上司から嫌われる「受身系エンジニア」

エンジニアであっても人柄をアピールする意味があるということは上述したとおりです。しかし、これはあくまで企業側のニーズと応募者のパーソナリティーが合致している前提での話であり、当然マイナスアピールとなってしまう人柄もあります。

上司から煙たがられてしまう新人エンジニアとはどんな人物像なのでしょうか?
現場のマネジャーエンジニアの間では言われるまで何もしないような「受身系エンジニア」が問題視されています。こうした受身系のエンジニアは任務を与えてもそれをこなすだけで張り合いがなく、チーム全体のモチベーションを下げてしまう原因になっているようです。

日進月歩で発展する技術開発においても、受け身にならず自分から進んで学んでいく姿勢がなくては他社との競争に立ち向かっていくことは不可能です。こうした受身系のエンジニアがことあるごとに口にするのが「できません」というワードです。実はこの「できません」、エンジニアにとってのNGワードのひとつとして数えられています。

向上心がなく、スキルアップが追いつかないからこそ出てきてしまうこの「できません」は、上司はおろかクライアントからも嫌われ、企業の信頼を失墜させてしまいかねません。ひとつのタスクに対して「できない」という結果を出してしまう前に、「できる条件」を見つけることがエンジニアにとっての使命となります。

時に意見の衝突があっても業務遂行のためにぶつかってくれる人材のほうが受身系よりはずっとマシ、これがマネジャークラスのエンジニアたちが持つ本音です。職種によっては企業に従順になることが求められますが、エンジニア業界では主体性が必要になるということですね。とにかく求められる人物像が見えづらいエンジニアという職種ですが、意外と熱い人物像が求められていることがわかります。

自己分析をして主体性をしっかりとアピール

エンジニアを志望するならば、業務への適正だけではなく人柄もアピールポイントになることがわかりました。自分の人柄がどんなものなのかを検証するためには、徹底した自己分析を行いましょう。自己分析は就活に一本筋を通すための「就活の軸」づくりの第一歩です。

自身が持つパーソナリティーを見つめなおすことも、重要な自己分析となります。自己分析を行ったうえで自分の主体性に自信を持てるのならば、それはエンジニアになるための求人でも立派なアピールポイントとなります。自ら率先して行動して問題を解決したような経験があれば、ぜひアピールしましょう。アルバイトなどでそういった経験があれば、アピールしない手はありません。

 

まとめ

たとえエンジニアであっても人柄をアピールするメリットがあることがおわかりいただけたかと思います。エンジニアにとっては主体性が求められ、逆に受け身のパーソナリティーはマイナスアピールになってしまいます。こうしたこと踏まえ、自己分析で自分の人柄がエンジニア向きだと感じるなら、具体的なエピソードを交えて遠慮なくアピールしましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS