就活パレット 就活パレット

就活の悩み

就活中の恋愛を上手く進める4つのポイント 
就活の悩み

就活中の恋愛を上手く進める4つのポイント 

LINE Facebook Twitter

「就活中に恋愛にうつつを抜かすなんてご法度だ!」志望企業への入社を目指して日々努力している就活生の中には、このように考えてしっかりと就活に専念している人も少なくないでしょう。もちろん、間違った考えではありません。しかし本当に、恋愛は就活の邪魔にしかならないものなのでしょうか?

社会に出てバリバリ仕事をこなしている人は、いくつものことを同時にこなします。また、違った価値観の人と一緒に過ごす時間があるからこそ、自分の視野が広がるという見方もできます。今回は、就活と恋愛を上手く両立させる方法を、一緒に探っていきましょう。

 

就活中の恋愛事情

社会人300名を対象にしたフレッシャーズのアンケートによると、就活中に恋人がいた人は87名で、全体の3割程度でした。内定をもらうまでは、恋愛は後回しにして、就活に専念したいと考える人も少なくないのかもしれません。

また、就活中に恋人がいた人の中で、就活と恋愛の両立で苦労したと回答した人は26.4%であるというアンケート結果もあります。就活中は、選考で思うように自分の力が発揮できなかったり、内定がなかなか決まらなかったりなどで、精神的に不安定な状態が続きます。そのようなときに、自分が相手にイライラやストレスをぶつけてしまったり、反対に、相手から無神経な言葉を言われてしまったりといったことで、関係が悪くなってしまうパターンが多くあります。また、自分も相手も就職活動をしている場合は、就活に対する価値観の違いから、恋人に対して疑問を持つケースもあるようです。

しかし一方で、就活中に恋人がいた人の7割以上の人が、就活中も苦労なく、恋人との良好な関係を築いています。両者の違いはどこにあるのでしょうか?

 

出典:就職活動と恋愛の両立は、ココが大変!

https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/10705

 

就活中に破局するカップルの2つの共通点

就活中に恋人と良好な関係を築けず、別れてしまったというカップルには、2つの共通点があります。

1つ目は、お互いに思いやりの気持ちが欠けていることです。良好な関係を保つためには、就活中はストレスが溜まる時期であることを考慮し、気遣いの心を持ってお互いに接する必要があります。

自分が先に内定が決まっている場合や、相手だけが就活している状況のときは特に、2人で会っている時間は相手から話さない限り就活の話を振らない、忙しそうなときはしつこくしない、相手の話をじっくり聞く、といった気遣いが重要です。

また、自分が就活中だからといって、相手に甘えすぎるのも良くありません。ストレスやイライラを相手にぶつけたところで、相手を傷つけるだけで、根本的な解決にはなりません。

相手の無神経な言葉が気に障ることもあるかもしれませんが、普段であればそれほど気にならないような何気ない一言ではないでしょうか?一度冷静になって、自分の愚痴や不満に付き合ってくれる相手の心を思いやる気持ちが大切です。

2つ目は、コミュニケーションが不足していることです。会える時間が限られてくるうえに、お互いに気を遣いすぎて我慢が増え、コミュニケーションをとる機会が減っていくことが、すれ違いを生む原因になっています。

相手を気遣う気持ちは大切ですが、だからといって言いたいことを我慢するような関係が、お互いにとって良いとは言えません。また、少し距離を置いたほうが上手く行くのか、2人でいる時間がストレス発散になり相乗効果を生むのか、といった関係のあり方も、カップルによってさまざまです。会えない時間が長いからこそ、「今は忙しいから少し距離を置こう」「就活の悩みを聞いてほしい」など、思っていることきちんと言葉にして伝えることが大切です。

 

就活脳と恋愛脳を切り替えよう!両立する4つのポイント

1番大切なことは、今後の2人の関係のあり方や将来について、しっかりと話し合う時間を持つことです。どうしても避けてしまいがちな話題ではありますが、この部分をうやむやにしてしまうと、就活が進んで価値観や意識の違いがはっきりしてきたときに、すれ違いを生む原因になります。

「私は就職や仕事に対してこういう考えを持っているから、今は距離を置きたい」あるいは、「一緒に頑張っていきたいから、就活が第一優先だけれどもできるだけ予定を合わせて会う時間を作ろう」というように、自分の思いを真摯に相手に伝え、相手の話にもきちんと耳を傾け、そのうえで、就活を2人でどう乗り切っていくか考えてみてください。

 

2つめに、「内定が決まったら2人で旅行に行こう」というように、就活後の楽しみを決めておくのも良い方法です。具体的な約束があればそのために頑張ろうという気持ちが湧いて、就活のモチベーションも上がります。

 

3つめに、2人でいる時間を大切にしましょう。就活の悩みは尽きないかもしれませんが、2人でいるときはひとまず就活のことは置いておいて、就活脳から恋愛脳に切り替え、その時間を思い切り楽しんでください。頑張るときは頑張る、楽しむときは楽しむ、としっかりメリハリをつけることで、就活に対する集中力も高まります。

 

4つめに、常にポジティブでいることを心がけましょう。就活中のナーバスな時期にはとても難しいことに思えるかもしれませんが、考え方1つで物事の見え方は変わってくるものです。どうしてもネガティブな思考になってしまうときは、それと反対の捉え方をすればいい、と気負わず考えてみてください。

余裕ができれば、自分自身の気持ちが楽になるだけでなく、相手に対しても思いやりを持って接することができるようになります。

 

いかがでしたでしょうか?就活中であっても、相手を思いやるという基本的なことを忘れなければ、恋愛を続けていくことは難しくありません。また、お互いを励まし合う良い関係でいられれば、就活の辛さが和らいだり、もっと頑張ろうという意欲につながったりと、メリットにもなります。お互いの関係を見つめ直す良いきっかけだと思って、じっくり話し合ってみてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS