就活パレット 就活パレット

業界研究

人手不足に悩む「食品業界」と重宝される「食品機械業界」 2016-09-13 22:00  
業界研究

人手不足に悩む「食品業界」と重宝される「食品機械業界」 2016-09-13 22:00  

LINE Facebook Twitter

食品機械エンジニアが人手不足の食品業界を救う救世主に!

労働条件が問題視される食品業界。深刻な人手不足や労働環境の悪化などが取りざたされる一方、注目を集めるのが食品機械業界といわれています。そのわけは、食品工場や外食店などで使われている食品機械の進歩にあります。熟練の料理人も驚くほどの技術を持った機械や作業効率を格段にあげる機械など、今では食品機械がなくてはならない存在であることはもちろんのこと、人手不足の食品業界の救世主といえる存在になっています。

 

国内における食品業界の現状とは?

少子高齢化の進行により、働き手世代が少ないといわれている日本経済。その中でも特に人手不足が深刻といわれる食品製造や飲食業界。全国展開するチェーン店が人手不足などを理由に、一時休業や時間帯休業に追い込まれるということが昨年ニュースになりましたが、ワンオペなどによるスタッフ一人にかけるオペレーションの増加や労働時間の長期化などがいまや深刻な社会問題となっているのが現状です。

こうした問題に立ち向かうべく、各企業においては、従業員の人材確保を目的とした労働時間の短縮などによる労働条件の緩和や、65歳以上のシニア層の採用、従業員一人ひとりの作業時間の短縮、サービス力の強化などを検討し導入している企業なども出てきました。一方で、人手不足の解消が見込みにくい企業においては、もう一度、業務内容を抜本的に見直し、店舗や工場における運営の効率化や合理化を図る企業も増えてきました。食品機械を導入することにより、作業効率を高められることはもちろん、それによる人材の穴埋めも可能になり、従業員一人ひとりのオペレーションの簡素化につながることで、労働環境の改善やサービス力の強化などにつなげることが狙いです。

 

料理人顔負け!食品機械による驚きの技術が登場!

2014年に開催されたアジア最大級の食品機械展示会「FOOMA JAPAN 2014 国際食品工業展」には、約700社以上の企業が出展し、さまざまな食品機械が紹介されました。潰れやすい完熟トマトを一度にキレイに輪切りにできる手動スライサー「トマトいっぱつ」は、株式会社ドリマックス(埼玉県川口市)が開発した野菜のスライスを行う食品機械で、人がスライサーを使ってトマトをスライスするよりもキレイに輪切りができるということが話題を呼びました。大手ハンバーガーチェーンによる依頼により開発され、完熟トマトがあっという間に10個ほどのきれいな輪切りにスライスされる。これにより、飲食チェーン店で働く経験の浅いパートやアルバイトの従業員でも安全に効率よく調理ができることが可能になります。

また、長野県塩尻市に本社を置く株式会社マスターマインドからは、クッキーやビスケット、どら焼きなどの絵や写真などを製菓に印刷する機械が紹介されました。1時間におよそ5000枚のクッキーに、食紅をインクジェット方式で噴射し、キャラクターや文字などを印刷できる仕組みになっています。お菓子製造現場などで、大量の菓子製造を行う企業などで役立つ機械といえます。

 

食品機械の可能性はグローバル化。世界規模の成長産業へ!

一般社団法人 日本食品機械工業会の2015年の発表によると、食品機械の販売額は5,175.4億円と前年から15.5%の伸びを記録し、日本国内の食品業界において設備投資の増加を記録しました。また、国内だけに限らず、人件費が高い先進国や、経済成長の著しい途上国、人件費が上昇傾向にある新興国などにおいても、食品機械への注目度が飛躍的に高まってきています。その中でも注目度が高まっているのが、日本の技術力です。単純に作業の効率を上げるだけではなく、見た目も美味しく、調理することに対する日本人エンジニアならではのこだわりや技術が、世界でも評価されているからです。これは輸出額から見ても顕著な数字に表れており、2000年から2010年までの10年間に、食品機械の輸出額は年間およそ150億円から280億円超へと2倍近くにも増加。円高や不景気などの逆風にもかかわらず成長を続けている食品機械は、今後も上昇が続くと予想されています。

このように、食品機械と言っても、その中身は様々で、エンジニアによって活躍の機会も多種多様といえます。食品や飲食といった、私たち人間には欠かせない産業において、技術革新への期待が高まり、エンジニアの活躍の場も国内にとどまらず、海外にも広がっているのが食品機械業界の現状といえるでしょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS