就活パレット 就活パレット

選考対策

【就活生の面接対策】明日は初めての面接!前日の準備 心がけるべきこと3選 
選考対策

【就活生の面接対策】明日は初めての面接!前日の準備 心がけるべきこと3選 

LINE Facebook Twitter

初めての就活面接を目前に控え、どのような気持ちでしょうか?

面接は、あなたという商品を売り込むプレゼンテーションのようなもの。緊張してしまうのも無理はありません。特に、一回目の面接はひときわ緊張してしまい、自分の持っている魅力が全然伝わらなかったという結果に終わってしまう人も少なくありません。

緊張を少しでも取り除くには、入念な準備が欠かせません。そこで今回は、面接の準備についてご紹介します。

 

【準備その1】身だしなみを整える

人は、第一印象や直感を大切にします。採用現場でも同様で、面接室に入った瞬間、面接官は言葉にできない「印象」や「雰囲気」であなたを判断しています。

前日までに以下のことをしっかりと確認しておきましょう。

 

・スーツをクローゼットから出しましたか?シワはありませんか?

・ポケットやベント(ジャケット裾の切れ込み)の仕付け糸は取れていますか?

・値札やシール、クリーニングのタグは付いていませんか?

・ほつれはありませんか?(特に女性のスカートのスリット部分)

・パンツのセンタープレス(折り目)は取れていませんか?(取れていればアイロンをかけましょう)

・シャツに汚れはありませんか?ボタンは取れていませんか?

・ハンカチにアイロンをかけましたか?

・爪を切って清潔にしていますか?

・靴は磨きましたか?かかとはすり減っていませんか?

・臭いのきつい食べ物、アルコールは控えましたか?

 

<男性のみ>

・ダーク系の色の靴下(黒・ネイビーなど)を用意していますか?

 

<女性のみ>

・派手なネイルはしていませんか?(落とすかクリアネイルに塗りなおしましょう)

・伝染していないストッキングを用意していますか?予備も用意していますか?

 

身だしなみで印象が決まってしまうのはもちろんですが、悪目立ちすれば面接での発言に集中できなくなってしまうことも考えられます。目には見えないですが、口臭対策も身だしなみのひとつです。しっかりと準備して臨みましょう。

あくまで、自分の目から見てではなく、相手の目に映るあなたに清潔感があるかを考えながら身だしなみを整えることが大切です。

 

【準備その2】当日の荷物を準備し、面接会場までのアクセスを調べておく

忘れ物や遅刻など、トラブルが起こってしまうと、冷静さを失ってしまうこともあります。慌ただしいあなたの姿は、「落ち着きのない人」と面接官の目に映ってしまうかもしれません。

当日慌てることのないよう、前日までに必ず準備をしておきましょう。

 

【持ち物】

以下のものがバッグに入っているか、必ず確認しておきましょう。

 

・提出したエントリーシートのコピー

・企業のウェブページのプリント(その他企業や業界の必要情報)

・メモ帳

・筆記用具

・地図

・ハンカチ・ティッシュ

・時計

・携帯電話

・学生証・印鑑

・折りたたみ傘

・ストッキングの予備(女性の場合)

・その他企業から指定されたもの

 

【アクセス】

面接会場までのアクセスも、迂回路も含めて前日までに入念に調べておくのがよいでしょう。

当日は早すぎるかなと思うくらい早めに行動していれば、電車の遅延等があっても大きく慌てることはありません。会場の近くで落ち着いてコーヒーを飲み、ゆっくりお手洗いに行くくらいの時間の余裕を持って行動できるのがベストです。

 

【準備その3】なぜその会社を受けるのかを改めて考え、よく眠る

一回目の面接は練習として受けるという方も多いかもしれません。しかし、面接官はあなたのそんな気持ちを見透かし、「本気度」を確認する質問をします。

まずは受ける会社、業界のことを徹底的に調べましょう。「この会社に強い興味がある」ことを体現するのです。そうして自分とその会社の接点を見つけることができたら、面接官の心を揺さぶる「今日はこのことだけは必ず伝えたい!」という一言を用意するのです。

一字一句覚えて何度も練習をする方がいますが、これはあまり良い方法とは言えません。間違えた時に頭が真っ白になってしまうことがあるからです。面接は面接官との対話です。聞かれてもいない自己アピールを折り込む必要はありません。相手の反応や時間の制限に、臨機応変に対応することが大切です。

 

そして、何よりも大切なのがたっぷり睡眠をとることです。緊張すると目が冴えてしまうかもしれませんが、寝不足では頭がぼーっとし、思考が鈍ってしまいます。

 

【寝つきをよくする方法】

・寝る1時間前からはスマホ、パソコンを見ない

・温かい飲み物を飲む

・毎日定時に布団に入る習慣をつける

・ゆったりとした音楽を聴く

・手足を中心に、身体全体を暖める

 

面接の前日、眠れなくてこの記事を読んでいる方がもしもいれば、まずはスマホ・パソコンを閉じ、上記の方法を試してみてくださいね。

さまざまな準備についてご紹介しましたが、初めての面接はたいてい緊張してうまく喋れないことが多いものです。気負わずに、「精一杯終わらせること」と「上手に説明をすること」を意識にして挑んでみてください。

面接も回数を重ねるごとに経験値が増え、少しずつ対応できるようになりますよ。

LINE Facebook Twitter

TOPICS