就活パレット 就活パレット

選考対策

企業が一般常識を選考に取り入れる理由 
選考対策

企業が一般常識を選考に取り入れる理由 

LINE Facebook Twitter

適性診断やwebテストなどに比べると導入企業は少ないですが、マスコミ関連の企業などでは選考に多く採用されているのが、一般常識です。

なぜ、社会人として当然持っておくべき一般常識をいまさら問われるのか?と疑問に思っている人もいるかもしれませんが、一般常識のテスト結果からは、あなたの人となりを含むさまざまなことが判断されています。今回は、一般常識がなぜ選考として採用されているのか、その理由を一緒に考えていきましょう。

 

一般常識の特徴

一般常識とは、筆記試験の種類の1つで、読んで字のごとく、社会人として持っておくべき常識を問うものです。企業や職種によって多少の差はありますが、一般的には、国語・数学・理科・社会・英語の主要5科目から出題されます。また、これに加えて時事や文化に関する問題の出題があることは、他のテストにはない特徴だと言えます。

 

広範ですが高校レベルの問題なので、それほど難易度が高いというわけではありません。しかし、実社会に即した内容の問題として出題されるため、高校での授業とは異なる側面もあります。

問題に慣れておかなければ知識だけでは解けないという難しさがあり、普段から広い視野でさまざまなことに興味・関心を持つとともに、参考書を使った対策も必要です。

 

企業が一般常識を選考に取り入れる理由

企業は一般常識のテストを、企業が求める最低限の学力や能力を有しているかを判断する材料として用いています。平均的に高い学力を持っていれば当然高評価に値しますが、外資系の企業なら英語、IT関連の企業なら数学、理系企業なら理科といった科目では特に、一定の学力を求められていると考えていいでしょう。

 

また、能力では特に対人能力、コミュニケーション能力を測られていると言えます。正式に内定が決まり、その企業で働くことになれば、あなたは会社の一員です。

どのような業界・職種であっても、会社に勤めるからには、会社内での業務を円滑に進めていくため、また、取引先などその会社に関わる企業と良好な関係を築くために、一定基準を満たすコミュニケーション能力は欠かせません。一般常識を選考に取り入れることで、コミュニケーション能力の基礎となる「社会常識」を持っているか、を判断していると言えます。

さらに言えば、企業は一般常識テストから、現在のその人の学力・能力だけでなく、将来的な“のびしろ”があるかも見ています。一般常識とは、言い換えれば、その人がこれまでの社会生活の中で培ってきた知識や価値観です。それが、企業が求める一定基準に達していないということは、これまで自分の知識や価値観を深める努力をしてこなかった、と判断されます。

成長しようという意欲や向上心がある人か、ということまで一般常識テストで分かってしまうのです。

 

一般常識対策のポイントを押さえ、6割は目指そう

主要5科目に関しては、参考書を最低でも1冊は解き、高校で習った内容を総復習しましょう。企業によって一般常識テストの位置づけが異なるため、合格ラインがはっきりとあるわけではありません。

しかし、最低限の学力・能力を持っていることを示すためにも、6~7割の点数は必要です。試験までに時間がない場合は、暗記科目よりも伸び率がある数学を重点的にやってみてください。また、参考書と合わせてスマホアプリなどを上手く活用し、スキマ時間に知識を頭の中に入れていくようにしましょう。

 

一般常識で特に問題となるのは、時事問題です。こちらは、日頃から政治、経済、社会問題などに関心を持っていなければ対応が難しいと言えます。効率よく広い範囲の知識を得るためにも、新聞を読む習慣をつけましょう。内容の偏りが生じないように、経済紙か全国紙を選ぶことをおすすめします。

すべてのページに目を通すことが一番ですが、どうしても時間がない場合は、第一面と大見出しだけは必ず見るようにしてください。最も重要度が高いニュースが第一面に取り上げられるのが一般的ですし、大見出しだけでも見ておけば、今問題になっている事柄に関しておおよそ知ることが可能です。

また、出題の可能性が高いため、応募企業の業界のニュースに関しては、特に敏感になっておく必要があるでしょう。事実として知るだけでなく、自分なりに考察して主張できるようにしておくと、後で面接などにも役立ちます。

 

いかがでしたでしょうか?応募企業が一般常識を選考に取り入れていない場合でも、面接や小論文、グループディスカッションなど、就活で一般常識の有無を問われる機会は多くあります。

日頃から社会のできごとに関してアンテナを張り、自分の知識として吸収していくこと、また、政治・社会・環境などの問題に対して自分なりの意見を持つことを心がけましょう。そのためには「就活のため」という意識だけでなく、自分から積極的にニュースや世界情勢などに興味を持つことが大切です。

単なる試験対策だけではなく、自分の知識をより深めるためにも取り組んでみてください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS