就活パレット 就活パレット

就活の悩み

就活で英語が有利に働く場面  
就活の悩み

就活で英語が有利に働く場面  

LINE Facebook Twitter

英語力は就活において非常に役に立つスキルのひとつです。海外資本の会社や、海外と取り引きの多い仕事に関わらず、今やどんな仕事であろうと求められることが多くなっています。理系学生のみなさんは、文系に比べ英語力に自信のない方も多いかもしれません。また、「理系の場合、そこまで英語力は必要とされないのでは」と高をくくっている場合もあるかもしれません。しかし、英語が重要なのは理系も同じです。エンジニアなど理系就職で、英語が活きてくるシチュエーションについてみてみましょう。

 

TOEICのスコアが求められる場合

近年、TOEICのスコアを就職試験の際の基準のひとつにする企業も少なくありません。英語力を特に重視する企業の場合、TOEICスコアで足切りされてしまうこともあるようです。せっかく理系の専門知識や、エンジニアとしてのスキルを磨いていたとしても、英語力で落とされてしまっては非常にもったいないですよね。こうした事態にならないためにも、志望企業がTOEICスコアを重視しているか、また何点くらいのスコアが求められるかを調べ、はやめに勉強しておくことが大切です。

また、企業側はTOEICスコアに対して「英語力」以外の部分も見ることがあるようです。TOEICは、適切な勉強法を行えば、それに応じたスコアが取れる試験だとも言われています。そのため、TOEICスコアが高いと、英語力はもちろん、「しっかりと勉強や準備をしてきている」といった面の評価にもつながります。こうしたメリットもあるため、TOEICについては早めに勉強をはじめて、しっかりスコアをとっておくことをおすすめします。

 

英語力と理系知識を組み合わせて面接でアピール!

理系の専門知識や、エンジニアとして現場で活躍できる技術面などを就活でアピールしたいと考えている就活生の方も多いと思います。もちろん、そうした武器は重要ですが、そこに英語力が加われば、知識や技術などをより強くアピールすることができます。

例えば、英語のリーディング能力やヒアリング能力に優れていれば、最新技術に関する英語の論文や、研究に関する動画なども理解することができます。そこで得た知識を就活でアピールすれば、同じように知識や技術をアピールしようとしているライバルたちを一歩リードできます。

また、英語力というのはコミュニケーション能力でもあります。「日常会話程度はできます」というアピールでも、企業に入ってから外国人の同僚や取り引き先とコミュニケーションがとれる、海外に赴任してもやっていける、といったアピールになります。

「英語力」、「理系の専門知識や技術」、「コミュニケーション能力」という3つは、それぞれが単体でも就活時に強いアピール材料となります。さらに、これらを掛け合わせてアピールしていくことを心がけましょう。

 

入社後にも英語力は必要になる

就活時だけでなく、入社後も英語力は重要です。さきほど就職試験にTOEICスコアを重視する企業が増えているとお伝えしましたが、入社後の昇進試験なども同様です。また、後々ステップアップを目指して転職を考える場合などでも、英語力があると非常に強い武器になります。

実際の現場で言えば、文系・理系問わず、海外に拠点を置く企業も増えています。エンジニアの場合、海外の研究所などに赴任する可能性も大いにあるでしょう。また、研究をともにするスタッフが多国籍ということもあり得ます。何より、最新の研究などについて、まだ英語でしか資料がないといったケースも少なくありません。そんな時に「英語できないから分かりません」では、仕事になりません。入社後まで見据えて、英語力を身に付けておきましょう。

 

しかし、理系学生の方の中には「英語の勉強法が分からない」という方もいらっしゃると思います。初めは、リーディング、ヒアリング、スピーキング、ライティングに分けて基礎を勉強しましょう。自分が挑戦できるレベルのTOIECスコアから目指して始めてみるのがおすすめです。

そして同時に、自分の就きたい仕事の分野のビジネス洋書や専門書、論文などを英語で読んでみましょう。エンジニアや理系であれば、最新技術の研究などが挙げられます。最初は分からないことが多いと思いますが、基礎的な勉強と並行して続けていれば、だんだんと理解できる範囲が広がっていきます。最近は動画サイトなどに、海外の研究発表がアップされていることもあるため、専門知識の吸収とヒアリングの勉強を兼ねて、そうした動画を繰り返しみることもおすすめです。

ただ英語ができればよい、TOIECスコアが上がればよい、というのではなく、いかに自分の就きたい仕事の分野と紐付けて勉強するかが大切です。そうすれば、モチベーションアップにもつながりますし、実際に面接などの場面でもさらにアピールしやすくなるでしょう。

英語に対しては勉強を始めるまでは苦手意識が強い方も多いと思いますが、逆に言えば、周りにもそうした学生は一定数いるということです。つまり、今すぐ腰を上げて始めれば、それだけライバルをリードできるのです。英語は就活においてメリットにはなっても、デメリットになることはまずありません。早速、勉強を始めましょう!

LINE Facebook Twitter

TOPICS