就活パレット 就活パレット

就活の悩み

【就活準備】就職活動の対策本!カテゴリー別まとめ6選 
就活の悩み

【就活準備】就職活動の対策本!カテゴリー別まとめ6選 

LINE Facebook Twitter

書店に行けば、就職活動に関連する本が溢れています。特に就職活動が盛んな時期には、何十種類もの就活本が並べられている書店もありますよね。「何か読もうかと思うけれど、ありすぎてどれがいいのかわからない……」、「手当たり次第読もうと思っている!」、「そもそも本を読むことで就活がうまくいくの?」と、就活本に対する意見はさまざまでしょう。

そこで今回は、「就活本は有効なのか?」という疑問を徹底解剖していきましょう。

 

就活の準備本、読んでおくべき?

情報が鍵を握る就職活動ですので、情報収集や準備のために本を読むのは良い方法です。

就活の常識を知ることができますし、過去に成功した先輩たちの行動をパターン化して効率よくインプットすることができるという意味では、もちろん有用だと言えます。多くの企業が採用しているSPIも、対策を講じておけば確実に結果につながるため、参考書を買って勉強することは有効でしょう。

しかしながら、本にばかり依存するのは危険です。本は、表層的なノウハウを教えてくれるひとつのツールです。覚えるほど読み込んだり、大量の本を手当たり次第読んだりすることが、イコール就活の努力ではないと心得ましょう。

 

どの就活本を読もう?種類別にご紹介!

数多ある本の中から選ぶのは大変な作業ですよね。どのような種類があるのか、大まかにご紹介します。選ぶ際の参考にしてください。

 

1.就活の全体の流れをつかむための本

就職活動の全体像を網羅したい人へ。いつから動けばいい?情報の集め方は?など、就活のいろはが書かれていますが、ネットでも手に入る広く浅い情報もあるので見極めて選びましょう。

 

2.自己分析のための本

将来の働き方を想像するには、自分の過去や現在の行動を掘り下げる自己分析が欠かせません。やり方がわからなくて困っている時や、行き詰まってしまいヒントを得たい時、本を参考にするのも一つの方法です。

 

3.SPI対策のための本(参考書、問題集)

どのような問題がでるのか問題集や模擬試験などで経験しておくことで、確実に結果につながるでしょう。また、ある程度内容を把握していれば本番の緊張が少しやわらぎます。

 

4.エントリーシートの書き方のための本

過去の内定者のエントリーシートの実例が載っているものもあり、文章構成や表現を参考にすることができます。

 

5.面接対策のための本

実際の体験談や、巧妙な切り口からヒントを得られます。面接に自信がない方、苦手な方は参考にするのも良いかもしれません。

 

6.業界研究・企業研究のための本

応募企業・業界と自分の間に接点を見つけるためには、業界や企業の研究は欠かせません。特に四季報は、就活生が知りたい応募倍率や選考ポイントなどから、3年後離職率など企業にとって都合の悪い情報まで、約5,000社分も載っているので、客観的に応募企業を決定するのに非常に役立つ一冊です。

 

目の前の攻略本だけじゃなく、教養を高める本、論理的思考力を鍛える本、働き方に関する本や、これからの日本・世界を考えるような本を読むことも、きっとあなたの役に立つでしょう。

実際に書店に足を運び、文字の大きさ、カラー、分量などを確認した上で自分に合った本を選びましょう。また、種類にもよりますが、新年度の本を買おうと発行まで待っていると、対策が追いつかなくなることもあるので注意が必要です。

 

採用担当はこう見ている!?

前述しましたが、本にばかり依存するのは危険です。マニュアル通りの答えでは、あなた本人について採用担当者は何もわからないままだからです。採用担当者は何百人、何千人という学生に会っているもの。面接での対応がマニュアル通りのものかどうかはすぐわかってしまいます。

聞きかじりの知識を披露している、ウソをついているなどは、もちろんお見通しですし、本の内容に縛られてしまい、一字一句暗記してきた志望動機を機械的に話す学生、聞かれてもいない自己アピールを必死に折り込む学生には、「まず会話をしましょう」と言いたくなるものです。

面接担当者が知りたいのは、「あなたはどんな思考を持っていて、どんなことを考え、行動する人なのか?」ということです。

内定に近づくにはテクニックばかりを使うのではなく、自分自身の地の力や努力、成長や才能を正しく評価されることが大切なのです。そしてそのための一番の近道は、応募企業と自分との間に接点を見つけ、自分らしくアプローチすることです。その点を踏まえ、本も上手に活用して準備していきましょう。

LINE Facebook Twitter

TOPICS