就活パレット 就活パレット

就活の悩み

就活生が簿記を勉強したほうがいい理由 
就活の悩み

就活生が簿記を勉強したほうがいい理由 

LINE Facebook Twitter

就活の際に取っておきたい資格の話になると決まって話題になるのが簿記ですが、「簿記は取っておくべきだ」という人もいれば、「簿記を取っても就活に有利にはならない」という人もいます。

何かと忙しい就活の時期、いち早く内定をもらうためにも無駄なことはしたくない、というのが就活生の本音ではないでしょうか?そこで今回は、「就活生に簿記は必要なのか?」という問いに、分かりやすく答えていきます。

 

簿記はどの職種でも勉強しておいて損はない

簿記とは、企業活動を財務諸表というかたちで記録し、お金の流れを把握する学問です。そのため簿記と言うと、経理や会計に携わる専門職の人たちが知っていればいい知識だと思われがちです。しかし、実際には、ビジネスパーソンとして活躍するためにはどのような職種にも必要な基礎知識であり、社会人になってからその重要性を認識して、学習をはじめるケースも多くあります。

ではなぜ、「簿記の資格を取っても就活に有利とは言えない」という意見があるのでしょうか?それは、簿記が社会人にとって必須の知識であるがゆえに、多くの大学が授業の中に取り入れているためです。特に経済系の学部では必須科目となっている場合も多く、大学の学問の延長で、すでに資格を取得している人も少なくありません。そのため、日商簿記2級以上を取得すれば履歴書に書くことができますが、その資格を持っていることが、他の就活生との差別化を図るポイントにはなり難いと言えます。

つまり、志望企業に入社することを就活のゴールとするならば、簿記の知識を持っていることが必ずしも有利な条件とは言い切れません。しかし、就活を経て志望企業に入社することを社会人としてのスタート地点と認識し、入社後ビジネスパーソンとしてどのように活躍していくかというビジョンをしっかりと持っている就活生にとっては、簿記は必ず持っておいたほうがいい知識だと言えます。具体的にどのようなメリットがあるのか、以下で詳しく見ていきましょう。

 

簿記を学ぶ2つのメリット

簿記が社会人に必須の知識であると言える理由として、2つの能力を身につけることができる、というメリットが挙げられます。

1つ目は、経済の仕組みを把握する能力です。簿記では、ある時点での財政状態を表す貸借対照表(BS)や、ある一定期間にどれだけの利益があったかを示す損益計算書(PL)などの財務諸表の見方・作成方法を学びます。財務諸表には、資金調達、商品の売買、給与や広告宣伝費の支払いなど、収支に関わるすべての企業活動が記録されています。そのため、これらを読み取る能力を身につけることにより、どのような活動によってどれだけの利益が生まれるのか、というビジネスの全体像が見えてきます。

2つ目は、経営戦略を組み立てる能力です。財務諸表を作成し、詳細に分析することで、自分の会社がどのようなプロセスを経て利益を生み出しているのか、競合他社と比較した場合の自社の強みや弱みは何なのか、といったことが分かります。現在の経営状況を、感覚ではなく、数値に裏付けられた的確な情報で把握できれば、より利益を上げるにはどのような活動を行っていくべきかという今後の課題が自ずと見えてくるようになるでしょう。

 

効果的な学習の進め方

簿記の中で最もメジャーな日商簿記検定は、1級~4級までの4段階に分かれています。1級は平均合格率が10.3%(第101回試験~第141回試験の平均)と非常に難易度が高く、専門のスクールなどに通ってもなお、合格が難しいレベルです。それゆえに1級を持っていれば就活では有利だと言えますが、上記に挙げた2つのスキルを身につけるためには2級を持っていれば十分なので、まずは2級の合格を目指しましょう。

日商簿記2級に合格するためには、一般的に200時間程度の学習時間が必要だと言われています。これは、就活の合間にコツコツと学習時間を積み重ねていけば、独学でも十分に合格可能な範囲です。2級試験は、2月、6月、11月の年3回行われていますので、チャレンジする機会も多くあります。

ちなみに、3級は個人経営の会計知識が主になるため、一般企業への就活では直接関係しませんが、3級の知識があればよりスムーズに2級の学習を進められます。2級・3級を同時受験することも可能なので、独学で2級の取得を目指す場合も、まずは基礎となる3級の勉強からはじめましょう。

 

いかがでしたでしょうか?社会人になってから後、どのような職種においても、簿記の知識が無駄になることはありません。また、就活中も、就職先の企業研究の一環として、簿記で学んだ貸借対照表(BS)や損益計算書(PL)の知識を生かすことができます。ぜひ就活中のスキマ時間を有効に活用して、簿記の学習を進めていってください。

LINE Facebook Twitter

TOPICS