就活パレット 就活パレット

自己分析

自分の就活を甘く見ていたと落ち込んだ人のために
自己分析

自分の就活を甘く見ていたと落ち込んだ人のために

LINE Facebook Twitter

就職活動が本格的にスタートすると、自分が就職活動を甘く見ていたと痛感することがあります。それは一緒に説明会に参加した学生との温度差を実感させられたときや、内定がなかなかもらえず就職活動が長引いてしまったときなどに感じることが多いようです。

そういった場合に「自分は就活をなめてた……」と落ち込むこともあるでしょう。しかし、同時にそうした甘さに気付くことはチャンスでもあります。

自分を見つめ直し、自分の働きたい企業の求める人材と自分の現状を照らし合わせ、少しずつ、すり合わせていきましょう。あるいは、自分の現状に合わせた企業を探していくという方法もあります。

甘さに気付いたときの再スタートについて、ご紹介いたします。

 

まずは自己分析からやり直そう!

ほとんどの就活生が行っているのが、自己分析です。しかし、同時におろそかにしてしまう人の多い部分でもあります。就職活動を「なめてた」と痛感している人には、自己分析の甘さを思い知った人もいることでしょう。

今からでも再び自己分析を行い、これからの就職活動に結び付けましょう。

 

自己分析においての注意点

自己分析をうまく行うために、いくつか注意事項があります。

1つ目は、短所ばかり探してしまわないことです。思考がネガティブに働いてしまうからです。たとえ短所を見つけたとしても、発想を逆転させ長所として考えるようにすると良いでしょう。

2つ目は、先入観を持ちすぎないことです。周囲の意見も参考にして、客観的な自己分析を心がけましょう。

そして最後に、自己分析を1回きりで終わらせないことです。就職活動につまずいたときなどは、そのつど自分を見つめ直しましょう。

 

再びの自己分析

自己分析でのタブーを理解した上で、しっかりと自分を見つめ直すことが重要です。まずは、自分の経験を洗い直してみましょう。

過去に自分が頑張ったことや、熱中したことをまとめていると、気付かなかった自分の長所やモチベーションが見つかってくるはずです。それらが見つかったら、志望動機や自己PRに組み込んでみてください。今までとは一味違うものに仕上がっているはずです。

 

企業の求める人材に自分を近づける努力をしよう!

どうしても行きたい企業がある場合は、その企業の求める人材に近づく努力が必要になります。具体的な努力の方法を以下にご紹介いたします。

 

企業の情報を知る

行きたい企業についての情報には、アンテナを張っておきましょう。公式ホームページは当然として、新聞や口コミなどからも幅広く、情報を集めます。その上で、企業が参画する業界の専門誌などにも目を通し、業界の流れやその中での企業の状況なども知っておくべきです。

さらに、競合企業との違いについても答えられるようにしておくと、なお良いでしょう。

 

自己分析から、企業にどのような貢献ができるか考える

公式ホームページなどには、企業の求める人材が記載されていることも少なくありません。しかし現実問題、企業の求める人材に100パーセント近づけるのは不可能です。むしろ必要以上に合わせようとすると、どこかでぼろが出て、査定にマイナスの影響が出てしまう可能性もあります。

冷静な自己分析をもとに、自分の能力がどのように企業に貢献できるかという視点から逆算して、自分を企業の求める人材に近づけていきましょう。

 

自分に合った企業を探そう!

内定が出れば、ともすれば数十年働くことになる企業です。だからこそ、自分の能力や性格に合った企業を見つけることが重要です。ここでは、自分に合った企業を探す方法をいくつかご紹介いたします。

 

自己分析から、自分が真にやりたいことを見つける

自己分析を丁寧に繰り返すことで、自分が過去に熱中したことが分かります。それをさらに分析していくと、自分のやりたいことも見えてくるはずです。やりたいことが見つかったら、それと関係のありそうな業界や企業をピックアップしましょう。

 

積極的に意見を取り入れる

友人や先輩、先生の言うことにも耳をかたむけ、客観的な意見を取り入れましょう。また、説明会や選考会などで知り合った学生とも情報交換をすると良いでしょう。思いがけず、知らなかった企業の情報を知ることができるかもしれません。

 

機会があればさまざまな説明会に参加する

今まで興味の無かった業界や、知らなかった企業でも、話を聞くと以外に興味をそそられることもあります。そういった業界や企業を見逃さないためにも、時間や機会があれば必ず行動するようにしましょう。

 

自分が働きたいと思う企業を探すには、まず自分を知る必要があります。同時に、働きたいと思った企業に自分を伝えるためにも自分を知る必要があります。

就職活動を甘く見ている人ほど自己分析を軽視しがちだと言われていますが、その後の人生を左右しかねない就職活動だからこそ自己分析から真剣に取り組みましょう。

一度「甘く見ていた、なめてた」と落ち込んでも、そこから挽回するチャンスはあります。もう一度一歩ずつ確実に対策を練っていきましょう!

LINE Facebook Twitter

TOPICS