就活パレット 就活パレット

エンジニアになる!

就職前に知っておきたい!エンジニア仕事の光と闇  
エンジニアになる!

就職前に知っておきたい!エンジニア仕事の光と闇  

LINE Facebook Twitter

「こんなはずじゃなかった…」を回避しよう!エンジニア仕事の光と闇

セキュリティエンジニア、システムエンジニア、Webエンジニアといった職種を目指している就活生も多いと思います。昨今では、どの企業にもエンジニアと呼ばれる役割の人間を抱えており、エンジニアは会社が業務を行っていくうえで欠かすことのできない存在になっています。

理系の就活生にとっては憧れの的となっているこのエンジニアですが、挫折が多い職種としても有名です。具体的にどういった挫折を感じやすいのかは気になるところですね。今回は理系就活生が事前に知りたいエンジニアが挫折しやすいタイミングとエンジニアのやりがいを、いくつかのポイントに分けてご紹介します。

エンジニアってどんな仕事?

エンジニアとして働くことに強い憧れを持つ就活生が多い一方、エンジニアって一体なんなんだろうと?と思っている人もいるかもしれません。一口にエンジニアと言っても、役割は企業、分野によってさまざまです。知っている人も知らない人も、まずはエンジニアという仕事についておさらいしてみましょう。エンジニアとは「技術者」のことです。

具体的には工学系、理学系における深い知識を持ち、ビジネスを行っていくうえで必要となるシステムの開発、設計、運用を行っていくのがエンジニアの役割となります。IT業界でのエンジニアが有名ですが、実際には生産を行うすべての分野にエンジニアは存在します。エンジニアの代表例である「システムエンジニア」は、コンピュータのプログラムを作成するエンジニアです。パソコンのソフトウェアなどの作成を担っています。スマホにインストールするアプリやゲームもシステムエンジニアの仕事の一例です。実現したいシステムがあるのにも関わらず方法がわからないクライアントに代わって、その要件からシステムをくみ上げるのがシステムエンジニアの仕事になります。

「○○エンジニア」は無数に存在しており、そのすべてをここで紹介することはできません。共通しているのはコンピュータリテラシーが求められることです。昨今の就活生は生まれたときからパソコンがある世代ですから、コンピュータに親しみがあります。したがってエンジニアを希望する就活生も多くなっているのです。

 エンジニアが挫折してしまう理由とは

先述したとおり希望する就活生が多いエンジニアですが、念願叶ってエンジニアになってから現実を思い知らされる方も多いようです。最近では学生時代からプログラミングの勉強をしている就活生も多いはず。人によっては即戦力に近いスキルを持ち合わせているはずです。そんな彼らでもぶつかってしまう壁とは一体なんなのでしょうか?

エンジニアとしての挫折の原因となるのは「発注ごとに求められる新しい知識」です。クライアントからの要件はさまざまで、全く同じ発注などありえません。学生時代の知識でこなしていけるものばかりとは限らないのです。充実した研修を行う企業もありますが、それでも実務に入れば新しい課題の連続でしょう。

エンジニアにとって「仕事に慣れる」ということは無いと言っても過言ではありません。自習してスキルを培うことができるからこそ、エンジニア志望の就活生はある種のプライドのようなものがあるのかもしれません。そして、そんなプライドは、入社後に見事に打ち砕かれてしまいます。テキストやインターネットで学べるようなプログラミングはあくまで基礎的なものであり、エンジニア業界に求められるスキルレベルは常に変わり続けているのです。

エンジニアのやりがいとは?

多くのエンジニアが挫折してしまう原因については、上記で述べました。しかし、すべてのエンジニアが挫折を繰り返しているだけかと言うと、当然そんなことはありません。今度は現役のエンジニアにとってのやりがいについて考えてみましょう。エンジニアにとってのやりがい、それは「新しい知識を獲得していくこと」そのものです。

常に新しい知識が必要になるということは、逆に考えれば常にスキルアップをするチャンスがあるということです。要件に答え続けることは熟練のエンジニアでも楽ではありません。しかし、彼らは不安におびえているわけではなく、そこにやりがいを感じているのです。この成長意欲こそがエンジニアに一番求められるものと言っていいでしょう。現に、全くの未経験者を採用している企業もたくさんあります。

逆に、知識を獲得していくことに楽しさを見出せなければ、いくらプログラミング経験があったところでエンジニアとしての限界は遅かれ早かれ訪れます。また、1年や2年程度では成長が感じ取れないのがエンジニアという仕事です。愚直に自身の研鑽を怠らなかった人間が、長くエンジニアを続けていくことができるのです。

 

まとめ

いかがでしたか?エンジニアという仕事が持つ光と闇がおわかりいただけたかと思います。仕事のやりがいや陥りやすい落とし穴について調べることも、広義の中での就職活動と言えます。なんとなくエンジニアを志望している就活生も、今一度自分にエンジニアの適正があるのかどうか考え直してみるといいかもしれません。

LINE Facebook Twitter

TOPICS