就活パレット 就活パレット

就活の悩み

2018卒の就職活動、解禁前にすべきことは? 
就活の悩み

2018卒の就職活動、解禁前にすべきことは? 

LINE Facebook Twitter

その後の人生を左右すると言っても過言ではない就職活動。だからこそ、失敗や出遅れは極力避けたいですね。しかし、「就職活動をはじめるタイミングはいつから?」意外とわからないもの。そこで、就職活動を開始するタイミングについてまとめました。

 

就活スケジュールを知ろう!

一般的な就職活動は、大学3年の3月からはじまります。それは、3月から企業の採用情報が一斉に公開されるからです。同時に合同企業説明会や個社説明会、エントリーシート及び履歴書の提出が頻繁に行われるようになります。後から興味を持ってもエントリーを締め切っていた、と言うケースも十分に考えられるので、少しでも興味のある業界の企業にはエントリーを行っておくのがおすすめです。

大学4年の6月になると、経団連加盟企業を中心に選考が開始されます。従来は8月開始でしたが、2017年度から前倒しされます。就職活動に割ける時間が単純に減るだけではなく、公務員試験とも日程が被るようになるので、より計画的な活動が要求されます。

 

就職活動を行う前にやっておきたいこと

大学3年の3月に企業の採用情報が公開されてから、就職活動が本格的にはじまるとされています。しかし、何の準備もなしに就職活動をスタートするのは不安が残ります。そこで、大学3年の3月までに最低限終えておきたい事前準備をご紹介いたします。

 

【自己分析をしよう!】

就職活動においては、入社を希望する企業に対し自分を伝えなければなりません。その肝心の自分について、自分自身が知らないようでは論外です。それにも関わらず、自己分析をきちんとやっていない学生は意外と多いものです。

自己分析によって自分を正確に知ることは、魅力的な自己PRを作るうえで役に立つのは当然として、自分に合う企業を見つける指標にもなります。自己分析はしっかりとやっておきましょう。

 

【エントリーシートや履歴書の準備をしよう!】

エントリーシートや履歴書、さらには面接でも必須になる自己PRや学生時代に取り組んだことなどについてあらかじめ考えをまとめておきましょう。

友人やゼミの教授、両親などから意見を集えば、客観的な視点からも考えることができます。就職活動がはじまってしまうと、意見を聞く時間が取れない可能性もあるので早めに準備するに越したことはありません。

 

【企業を分析しよう!】

自分がどのような仕事をしたいのか、どのような仕事が向いているかを分析し、企業選びの軸を明確にしましょう。まだ準備段階なので、特定の企業に絞ることはせず、できるだけ多くの企業に目を向けると良いです。

 

【筆記試験の練習をしておこう!】

ほぼ全ての企業において採用されている筆記試験。試験では一般常識を問う問題がほとんどですが、その後の選考を有利にするためにも、できるだけ高得点を取りたいものです。問題集を解くなどして練習をしておきましょう。付け加えて、できれば新聞を読む習慣をつけ、時事問題に対してもアンテナを張っておくとさらに良いです。

 

インターンに参加してスタートダッシュを決めよう!

就職情報の解禁は大学3年の3月からですが、インターンと言う形でそれ以前に企業と関わりを持つことができます。インターンとは「インターンシップ」の略語で、就職前の一定期間、実際の企業で働くことを指します。特定の分野に対する関心を深めたり、興味の無かった分野に興味を抱くきっかけとなったりと、本格的な就活を始める準備として非常に有用です。インターンは夏と秋冬の合計2回行われます。

 

【サマーインターン】

サマーインターンは、5月から説明会がはじまり、6月から7月の間に選考が行われます。選考を通過すると、夏休み期間にインターンに参加できます。期間は1週間ほどで、良い成績を残すとそのまま内定をもらえる企業もあります。

 

【秋・冬インターン】

秋・冬インターンの選考は、9月から年が明けた1月までの間に行われます。夏のインターンに比べると参加企業も多く、就活生に人気の企業も見受けられます。インターンの期間は1週間が一般的ですが、中には1日の企業もあります。冬季に限らず、インターンには、参加した人のための説明会が行われるなど、3月以降の就職活動で有利に働くことがあります。

人生を左右しかねない就職活動だからこそ、早い人は大学3年生の夏には活動を開始しているようです。しかし、就職活動を開始するタイミングは「自分で作るもの」なので、明確な正解はありません。

それでも、ただひとつ確実に言えるのは、就職活動の開始が早ければ早いほど情報収集や準備に割ける時間が長くなるので、後悔する可能性は減るということです。早めに動きだして、周りを一歩、二歩とリードしていきましょう!

LINE Facebook Twitter

TOPICS